「幽霊女子」

 彼女は幽霊(ゆうれい)。なぜ幽霊になっちゃったのか、彼女にもよく分からない。でも…、何か未練(みれん)でもあったのだろう。――そんな彼女が恋(こい)をした。まさに、初恋(はつこい)である。彼との出会いに、彼女は運命(うんめい)を感じてしまった。幽霊が運命を感じるなんて、変かも知れないけど…。
 ――彼女が、しょんぼりと公園(こうえん)のベンチに座(すわ)っていると、彼の方から声をかけて来た。幽霊になって初めてだ、こんなこと…。彼女は思わず訊(き)いてしまった。
「あたしが、見えるんですか?」
 彼は、ごく普通(ふつう)に、まるで友だちにでも話すように、「ごめんね、何か大丈夫(だいじょうぶ)かなって…。ほら、同じ学校みたいだからさ。迷惑(めいわく)だったかな?」
 彼女は、なぜかセーラー服を着ていた。若(わか)くして、高校生のときに亡(な)くなったのかもしれない。同じ高校の生徒(せいと)だったのだろう。
 そこへ、同じ制服(せいふく)を着た女子がやって来て、彼に声をかけた。どうやら、友だちなのか、それとも、もっと親(した)しい――。彼女に、嫉妬(しっと)という気持ちが生まれた。彼女は、その女の子を睨(にら)みつけた。すると、突然(とつぜん)突風(とっぷう)が吹(ふ)き荒(あ)れて、女の子のスカートをめくりあげた。
 それからというもの、彼女は彼に取り憑(つ)くことにした。取り憑くといっても、悪(わる)さをするとか、不幸(ふこう)にさせるとか、そういうことじゃないからね。彼女は、彼が一人になるのを見計(みはか)らって、彼の前に現れた。もちろん、ごくさり気なく、偶然(ぐうぜん)を装(よそお)って…。
 彼は、彼女を見つけると嬉(うれ)しそうに微笑(ほほえ)んだ。――何度か会って話をしてみて、彼女はますます彼のことを好きになってしまった。どうやら、付き合っている彼女はいないようだ。ここは、ちゃんと告白(こくはく)して…。でも、彼女はふと考えた。
「幽霊のあたしが、人間に告白するのって、いいのかな? あたしなんかが――」
 彼女は、告白をためらってしまった。そんな、うじうじとしているとき、最強(さいきょう)のライバルが転校(てんこう)してきた。その、人間の女子は、彼に猛(もう)アタックをかけてきた。彼に一人になる隙(すき)をあたえないのだ。まるで、幽霊の彼女のことを気づいているみたいに。
 彼女はあせった。このままだと、彼に会うことができなくなってしまう。彼女は、何度も、何度も、その機会(きかい)をうかがったが、いつも邪魔(じゃま)されて――。とうとう、最悪(さいあく)の事態(じたい)を迎(むか)えることになった。それは、あの人間の女子が告白すると公言(こうげん)したのだ。
 もう、うじうじしている場合ではなくなった。あんな女子に彼を取られるなんて…。こうなったら、取り殺すしか――。いや、彼女はそんな野蛮(やばん)な幽霊ではなかった。
 ――人間女子が彼を呼び出した。彼女は二人の様子(ようす)を物陰(ものかげ)からうかがった。まさに、女子が彼を見つめて告白しようとした瞬間(しゅんかん)――。彼女は飛び出した。女子を押(お)しのけると、
「あなたのことが好きです。あたしと、付き合って下さい」
 まさに、どんでん返(がえ)し! 驚(おどろ)いたのはその人間女子で、見たことのない女子が現れて横取(よこど)りされてしまったのだ。まあ、幽霊なんで見えるわけもないのだが…。
 さらに、彼の返事(へんじ)は衝撃的(しょうげきてき)だった。「やっと現(あらわ)れてくれたね。ずっと待(ま)ってたんだよ。でも、ずるいなぁ。僕の方から告白するつもりだったのに」
 彼女は、彼のこの言葉(ことば)で天(てん)にも昇(のぼ)る心地(ここち)になってしまって、あやうく成仏(じょうぶつ)しそうになってしまった。この後、二人は…。いや、人間女子の反撃が始まるかも――。
<つぶやき>恋のバトルの始まりですね。さて、どっちが彼を射止(いと)めることになるのか…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年07月04日