超短編戯曲

サイト管理人のブログです。

超短編戯曲

「歯が痛い」

(再公開 2017/07/10)
とある町の歯科医院。男が妻に付き添(そ)われてやって来る。男は頬(ほお)を押さえて、痛そうにしている。妻は不安げな男とは裏腹(うらはら)に楽しげである。
「あの、予約した神崎(かんざき)ですが、よろしくお願いします」
受付の助手「はい、お待ちしてました。どうぞ、お入りください」
妻は男に視線を向ける。男は首を振り待合室のソファから立とうとしない。
「あなた、何してるの? 行くわよ」
「いや、俺は…。もう少しここで…」
「もう。痛いんでしょ。治(なお)してもらえば、痛みなんか――」
「分かってるよ、そんなこと。だから、もう少し…。こういうのは、心の準備が…」
「(呆(あき)れて)何言ってるの。心の準備は、さんざん家でやったじゃない」
「家は家だよ。こことは違うんだ。俺は…。(突然立ち上がり)やっぱり帰る」
「(男の腕をつかみ)ちょっと、待ちなさいよ。なにびびってるの。あなた男でしょ」
「(妻の手を振りほどこうとしながら)こういうのは、男とか女とか、関係ないんだ」
受付の助手「あの、どうされました?」
「(にこやかに)いえ、すいません。すぐ、行きますので。(男に厳(きび)しく、声を落として)いい加減(かげん)にして! これ以上ぐだぐだ言ったら、どうなるか分かってるわよね」
男は、なぜかおとなしくなる。妻に引っ張られるように診察室へ入って行く。
歯科医師「(別の患者を診(み)ながら)どうぞ。そこに座ってください」
「はい。(男に)あなた、そこに座って。ほら、大丈夫だから」
男、言われるままに、恐る恐る座る。妻は、少し離れたところで夫に手を振る。医師が男の方へ来て、診察を始めようとするが、妻を見て、
歯科医師「あの、付き添いの方は、外でお待ちください」
「すいません。ちょっと心配なんで、ここにいていいですか?」
歯科医師「まあ、いいですけど…。(背もたれを倒しながら男に)じゃ、診ますね。口を大きく開けて下さい」
男、口を開けようとしない。妻はみかねて、
「あなた、口を開けるの。先生が診られないでしょ。(医師に)どうもすいません」
隣の席で、小学生くらいの女の子がくすくすと笑う。
歯科医師「大丈夫ですよ。見るだけですから」
「ほら、私の言った通りでしょ。ここの先生は美人なんだから。あなた言ったわよね。どうせ診てもらうなら、若くて美人の先生に診てもらいたいって」
歯科医師「あの、それは…」
「こんなチャンスはないわよ。ちょっと痛いぐらい我慢(がまん)しなさい」
男、先生の顔を見て口元がゆるみ、ゆっくりと口を開ける。
歯科医師「(口の中を診て)ああ、これですねぇ。これは、痛かったでしょ」
先生は準備を終えるとスイッチを入れる。キーンという高い音。男の顔が引きつる。
<つぶやき>歯痛は我慢できません。こんなことにならないように、歯磨きは忘れずに。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年03月20日

「社内恋愛の結末」

(再公開 2017/07/19)
とあるレストラン。男女が向かい合って食事の最中(さいちゆう)。
女は楽しそうにたわいもないおしゃべりをしている。男は肯(うなず)いて相(あい)づちを打っているが、心ここに在(あ)らずという感じ。
食後の飲み物が運ばれてくると、男は、女のおしゃべりを遮(さえぎ)るように、
「ちょっといいかな…。今日は、大事(だいじ)な話があるんだ」
女の顔から笑顔が消える。女は男をじっと見つめる。
「俺たち、もうやめよう。こんなこと…」
「こんなこと、って?」
「俺たちは、そういう関係じゃ…。だから、何か、二人で運命感じちゃって付き合い始めたけど、やっぱ、違うと思うんだよね。俺たちは――」
「何それ? 何が言いたいのか分かんない。あたしたち、これからも、ずっと――」
「無理だ。(女から視線をそらして)ごめん。君とはもう付き合えない」
「えっ、何で? あなた、あたしのこと好きだって言ったよね。俺たちはずっと変わらないでいようって…。あれは、嘘(うそ)だったの? あたしを引っかけるだけの口説(くど)き文句(もんく)?」
「(女の顔を見ないで)いや、それは…。あの時は、俺だって…」
「何で急にそんなこと言うのよ。あたしが結婚を匂(にお)わせたから? だから別れようって」
男は何も答えようとしない。女は大きなため息をつく。
「やっぱり、あの噂(うわさ)は本当だったんだ。何でそうなるのよ」
「なに言ってんだよ。俺は、そういうあれじゃ…」
「あたしが知らないとでも思ってるの? それぐらい、あたしの耳にも入ってくるわよ」
「そ、そうなんだ。…でもな、これは、会社のためっていうか――」
「取引先の、社長の娘なんだって。そんなにお金が欲しいの?」
「いや、そうじゃないよ。向こうから、付き合ってくれって…」
「へぇ、告白とかされちゃったわけ。見せて。写真とかあるんでしょ?」
「それは…、ちょっと…。い、今は……」
女、怖い顔で睨(にら)みつけている。男は、おずおずと携帯の画像を出して女に渡す。
画像の女は、可愛くてけっこう美人である。女は嫉妬(しつと)の炎が燃えあがる。
「おとなしそうな顔して…。こんな女、消去よ」
女は画像を消去してしまう。男は慌てて携帯を取り上げて、
「何すんだよ。やめろよ」
「その女に電話して。あたしが話をつけてあげる。人の男を盗(と)るなんて――」
「彼女は悪くない。……知らないんだよ。君がいるってこと」
「はぁ? あなたってそんな人だったの? 最低。あたしは、あなたの何なのよ!」
「(周りを気にしつつ、声を落として)大きな声を出すなよ。みんなが見るだろ」
「(落ち着き払って)分かったわ。別れてあげる。その代わり…」
女は立ち上がり、飲み物を男の顔にぶっかける。そして、何事もなかったように、真っすぐ前を向いて去って行く。男は呆然(ぼうぜん)としたまま、座り続けている。
<つぶやき>誠実が一番。嘘が嘘を呼び、取り返しのつかないことになるかも知れません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年04月09日

「聞き役」

(再公開 2017/07/28)
客もまばらになった居酒屋。幸菜(ゆきな)がジョッキのビールを飲み干して言った。
幸菜「何でよ。何でそうなるの? 何とか言いなさいよ」
隣で一緒に飲んでいた高太郎(こうたろう)の頭をひっぱたく。かなり酔っているようだ。
高太郎「ちょっと、痛いよ。もう、飲み過ぎだって」
幸菜「ふん。あなた、あたしのこと、バカにしてるでしょ」
高太郎「してないよ。僕がそんなことするわけないだろ」
幸菜「嘘よ。そうやって、あたしのこと陰(かげ)で笑ってるんだわ。あたし知ってんだから」
高太郎「何言ってんだよ。もう帰ろ、なっ。送って行くから」
幸菜、思わず涙があふれてくる。手で涙を拭(ぬぐ)いながら、
幸菜「あれは、あたしの企画よ。それなのに、何で他の人に…。そんなのおかしいでしょ」
高太郎「(ハンカチを渡して)もう泣くなよ。また、別の企画考えよう」
幸菜「簡単に言わないで。あそこまで準備して、これからだったのよ。なのに…」
高太郎「部長もあの企画ほめてたよ。さすがだって。だから――」
幸菜「(高太郎の顔を覗き込んで)あなた、何で黙ってたのよ。あたしのこと応援してるって言ったじゃない。もう、役立たずなんだから」
高太郎「だって…。そりゃ、無理だろ。部長が決めたことなんだから。それに、高木(たかぎ)に任せときゃ、絶対この企画成功するから。心配すんなって」
幸菜「そういうことじゃないでしょ。もう、全然わかってない」
高太郎「分かってるよ。幸(ゆき)ちゃんのくやしい気持ち。だけどな、僕たちは――」
幸菜「もういい。帰れっ。あんたの顔なんか見たくない」
高太郎「何言ってんだよ。さあ、一緒に帰ろ」
幸菜「イヤだ。あたし、帰らない。まだ、飲みたいの。もう、ほっといてよ」
幸菜、テーブルに突(つ)っ伏(ぷ)する。空のグラスが倒れる。高太郎、それを直しながら、
高太郎「だから言っただろ。飲めないくせに、無理するから」
幸菜「(寝言のように)もう…、あたしの…、△※○×~%……」
高太郎「まったく…。(寝顔を覗き込んで)こうしてると、可愛いんだけどなぁ」
しばらく幸菜を見つめる高太郎。幸菜が突然はね起きる。驚く高太郎。
幸菜「だめ。(頭をかきむしり)あーっ、帰る。あたし、帰る」
ふらふらしながら立ち上がる幸菜。倒れそうになるのを抱き止める高太郎。二人の顔と顔が急接近。しばし見つめ合う二人。
幸菜「なっ、なに? あの…、あ、あたし…」
離れようとする幸菜。高太郎はしっかりと抱きしめる。
高太郎「無理すんなよ。こんなの見たくないんだ。僕、部長に言うよ。ちゃんと言うから」
幸菜「ちょ、ちょっと、分かったから。離してよ。こんなとこで…」
高太郎「僕は、幸ちゃんのためだったら、クビになってもかまわない」
幸菜「そんなのダメよ。そんなことしたら、あたしの愚痴(ぐち)は誰が聞いてくれるの?」
<つぶやき>勘違いなの? 彼女はうっぷんを聞いてくれる相手が欲しかっただけかも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年05月20日

「父と娘」

(再公開 2017/08/06)
とある公園。見晴らしのいい場所にあるベンチに娘が座っている。その回りを落ち着かない様子でうろうろしている父親。
「ねえ、座ったら? 目ざわりなんですけど」
父親「ああ…。もう、来ると思うんだ。きっと、お前も好きになって――」
「ねえ、どうして公園なのよ。もっと他にあるでしょ? 雰囲気のいいお店とか」
父親「そ、そうだな。でも、ここがいちばん落ち着くというか…。よく二人でここに…」
「(父親を見つめて、嫌味(いやみ)を込めて)そうなんだ。あたし、全然知らなかった」
父親「ああ…、それはだな、いろいろ、あれだ。タイミングを、こう…」
父親、ハンカチを出して汗(あせ)をふく。娘は遠くを見ながら、
「で、あたしは何て呼べばいいの?」
父親「そ、それは…。まあ、お前の好きな呼び方でいいんじゃないか?」
「そう。じゃあ、ママ? でも、あたしより10コ上なんでしょ。ということは…」
父親「ママは、ちょっとあれかな? 彼女、まだ二十代だし…」
「ほんと、何でこんなオヤジを好きになったのか。あたし、信じられないんですけど。一体(いったい)どこで知り合ったのよ。そこんとこ、まだちゃんと聞いてないんですけど」
父親「それはだな、おいおいと…。彼女が来たら、順(じゅん)を追って…」
「まさか、お金目当てだったりして。――まあ、それはないか。ウチにそんなお金…」
父親「なに言ってる。彼女はそんな人じゃないぞ。とっても純粋(じゅんすい)な――」
「純粋? あたしに言わせれば、ただのバカよ。こんな、どっから見ても中年のオヤジで、しかも子供までいるんだよ。あたしだったら、絶対好きにならない」
父親「お前、父親に向かって…、それはないだろ」
「あっ、分かった。よっぽどのブスなんじゃない? だから、男なら誰でもって」
父親「いい加減にしなさい! 彼女はそんな…」
父親は財布から一枚の写真を取り出して娘に渡す。娘はそれを見て、
「ゲゲッ! 嘘でしょ。何で、こんな人が…。あり得ない。絶対あり得ないでしょ!」
父親「(自慢気に)けっこう、あれだろ。――これで、若いのに、しっかりしてるんだ」
「絶対、欺(だま)されてる。お金とか渡してるんじゃないの。それか、保険! まさか、生命保険入ったりしてないでしょうね。やめてよ、殺されちゃうよ」
父親「だから、パパの話を聞いてなかったのか? お金なんか渡してないし、保険にも入ってない。彼女は、本当にパパのことを好きになって…」
「違うよ。ねえ、しっかりして。こんな奇麗(きれい)な人が、パパのこと好きになるはずないでしょ。あれよ、他に付き合ってる男がいるはずだわ。いなきゃ変よ」
父親「お前は彼女のことを分かってない。彼女に会えばきっと――」
「もしかして、整形(せいけい)とか…。歳(とし)も誤魔化(ごまか)してるんじゃないの? もう、やだよ。再婚なんかやめようよ。あたし、ちゃんとパパのこと…」
父親「もう決めたんだ。お前に老後(ろうご)の心配なんかされたくない」
<つぶやき>どんな人を好きになるか。人それぞれです。でも、この場合はどうなんでしょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年06月09日

「恋愛マスター」

(再公開 2017/08/16)
野崎(のざき)は今話題の小説家。彼のもとへ編集者の立花葵(たちばなあおい)がやって来た。
野崎「恋の相談を僕に? でも、僕なんかが…」
「今、先生の書く恋愛小説は、若い女性の間ですごい人気になってるんです。ですから、今度、私どもで創刊(そうかん)する女性雑誌の目玉(めだま)として、恋愛相談を――」
野崎「無理だ。僕にはそんなことをしている時間はない。次の新作の準備もあるし」
「それは、分かってます。ですから、ほんのちょっとでいいんです。読者からのメールを読んでいただいて、簡単(かんたん)なコメントをいただければ、あとはこちらで…」
野崎「それじゃ、僕がやる必要は無(な)いだろ。君は、僕の名前を使いたいだけじゃないのか?」
「あっ、いや、けしてそういうわけじゃ…。大変、失礼しました」
葵、深々と頭を下げる。彼女はこの企画を通すのに必死なのだ。
「あの、勿論(もちろん)、内容については先生にチェックしていただいてからと言うことで…。ですから…、私も先生の恋愛小説のファンでして。すごく、共感(きょうかん)できるというか…。今、若い女性の間では、恋愛のバイブルみたいな――」
野崎「やめてくれ。僕が書いてるのはフィクションだ。ウソっぱちなんだよ」
「でも、先生は今まで沢山(たくさん)の恋愛小説を書かれていますよね。ですから、その…」
野崎「それが何だっていうんだ。僕が、恋愛のマスターとでも言いたいのか?」
「いえ、それは…。失礼しました。あの、私、どうしてもこの企画を…」
野崎「僕は、結末(けつまつ)がどうなるか分かってて書いてる。恋愛がどうのこうのなんて、僕には興味(きょうみ)ないんだ。だって、実際の恋愛の結末がどうなるかなんて、誰にも分かるわけないじゃないか。そんな…、もし恋愛の正攻法(せいこうほう)があるとしたら、僕の方が知りたいよ!」
野崎、次第(しだい)に興奮(こうふん)してくる。葵はどうしたらいいのか戸惑う。
「あの、先生? どうされたんですか?」
野崎「(我(われ)に返って)いや…、何でもない。そういうことだから、この話は…」
「そ、そんな。あの…。(何かを思いついて)今の感じでいいと思います。ビシビシと言ってもらったほうが、読者もきっと喜びますし。絶対、評判(ひょうばん)になるはずです」
野崎「君は、僕の話を聞いてなかったのか? 絶対無理だ! 僕にはできない」
「なぜですか? 理由を聞かせてください。そうじゃなきゃ、私…」
野崎「だから…。僕は…、一度も恋愛をしたことがない。そんなんで、アドバイスなんかできるわけないだろ。もう、帰ってくれ!」
葵、唖然(あぜん)として野崎の顔を見るが、言葉が出ない。
野崎「ふん…、笑いたけりゃ笑えばいいさ。そうだよ。僕は、恋愛小説を書いてるくせに、今まで一度だって女性と付き合ったことなんてないんだ。だから、女性の気持ちなんてまったく分からないし、どうすりゃ相思相愛(そうしそうあい)になるかなんて――」
野崎、頭を抱えてしまう。葵、なぜかホッとしたように、
「大丈夫ですよ。先生は、ちゃんと女性の気持ち分かってますから。それは、読者のみんなが知ってます。先生、もっと自信を持って下さい」
<つぶやき>先生は恋愛で何かトラウマがあるんだ。これがきっかけで恋が芽生えるかも?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年06月30日

「家事手伝い」

○とあるマンションの部屋
五郎(ごろう)が一人暮らしをしている家。彼は几帳面(きちょうめん)な性格(せいかく)でいつもならきれいに整頓(せいとん)されているはずなのだが、今は足の踏(ふ)み場もないほど散(ち)らかっている。その中で何かがうごめいているような、そんな気配(けはい)が感じられる。
○同マンションの玄関中
鍵(かぎ)を開ける音。五郎が仕事から帰って来る。ドアを開けて中に入ったとたん、あまりの変わりようにしばし唖然(あぜん)として立ちつくす。彼は慌(あわ)てて靴(くつ)を脱ぐと、置かれている段ボール箱などを押しやりながら部屋に入って行った。
○同マンションの部屋
部屋の入口で立ちつくす五郎。思わず叫(さけ)んだ。
五郎「何じゃ、こりゃ…! ど、どうなってるんだ!」
部屋に置かれたソファの陰(かげ)から、のっそりと顔を出した若い女。五郎に気づくと、すっとソファの陰へ隠(かく)れる。五郎は散乱(さんらん)している雑誌や服などに足を取られながらも何とかソファまでたどり着くと、女の首根(くびね)っこをつかんで引っ張り上げた。
五郎「何をしている。これはどういうことなんだ? ここは俺の…」
女は五郎の手から逃れると部屋の隅(すみ)へ行って、ぎこちなく愛嬌(あいきょう)を振(ふ)りまいて言った。
「ごめんなさい。どうしてもお引っ越し、しなくちゃいけなくなって…」
五郎「一晩(ひとばん)だけって約束(やくそく)だろ? だから、今朝だって出るとき合鍵(あいかぎ)渡してポストにって…。そうか、最初っからそのつもりで…。なに考えてんだ!」
五郎は女に迫(せま)って行く。女はちょこまかと逃げ回りながら、
「違(ちが)うの、そんなつもりじゃなかったの、信じて。ちゃんと話すから、聞いてよ」
五郎は立ち止まる。女は息を整(ととの)えると、
「朝、帰ったら大家(おおや)さんがいて…。わたし、家賃(やちん)を滞納(たいのう)してて…、それで出てけって。わたし、ためてた家賃払ったんだけど、許(ゆる)してくれなくて…」
五郎「だからって、俺のところへ来なくてもいいだろ。実家(じっか)とか、友だちの――」
「ごめんなさい。でも、そのお金、あなたに借(か)りちゃったから。そこの引出(ひきだし)にあった…」
五郎、慌てて引き出しを開けて確かめる。愕然(がくぜん)とする。
五郎「ああっ、忘れてた。(震える声で)この金は…、俺が…、俺が…」
「ごめんなさい。わたし、ちゃんと返すから。それまで、ここにおいてもらえないかな?」
五郎「はぁ? なに言ってるんだ。冗談(じょうだん)じゃないぞ。泊(と)まる所がないっていうから…。それを、こんなのってありかよ。俺、バカみたいじゃないか」
「わたし、ほんとに感謝してるのよ。見ず知らずのわたしを、下心(したごころ)なしに泊めてくれて…。ほんとに良い人だと思ってる。だから、ちゃんとしないといけないと思って」
五郎「お前、仕事は? ちゃんと仕事してれば、そんなことにはならないはずだ」
「あの、何ていうか、いろいろあって…、今は無職(むしょく)…? 仕事は探してたのよ、わたしなりにちゃんと…。でも、なかなか…、やっぱり不景気(ふけいき)なのかしらね…。あの、それでね…、今日からは家事手伝いってことで、よろしくお願いします」
<つぶやき>大丈夫なんでしょうか? 彼女に、家事が出来るとは思えないんですが…。
Copyright(C)2008-2016 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2016年07月30日
» 続きを読む