超短編戯曲

サイト管理人のブログです。

超短編戯曲

「浮気宣言」

(再公開 2017/06/10)
ある恋人同志の会話。いつまでも煮え切らない男に、女は結婚を匂(にお)わせたようだ。
「君は、本当に僕と結婚したいのか?」
「ええ。あなたは、あたしと結婚する気はあるわよね?」
男、しばらく女を見つめていたが、おもむろに口を開いた。
「まあ、なくはないな」
「何よ、それ。あなた、あたしのことどう思ってるの。はっきり聞かせて」
「どうって? それは、あれだ。まあ、嫌いではないと思うよ」
「えっ? だって、あたしのこと好きだって、愛してるって言ったじゃない」
「それは、君が聞くから。そう答えるしかないだろ」
「(呆れて)何なのよ。それじゃ、あたしのことだましたのね」
「そんなんじゃないよ。(面倒(めんどう)くさそうに)だから、君のこと好きに決まってるだろ。好きじゃなきゃ、付き合わないよ。そんなこと訊くなよ」
「じゃあ、証明して。あたしのこと、どれくらい愛してるか」
「分かったよ。じゃ、結婚すればいいんだろ。そんなの、いつだってしてやるよ」
「ほんと? 約束よ。じゃあ、あたしの両親と会って」
「えっ? そんなの後でいいよ。また今度な」
「ダメよ。今すぐ。明日はどう? 仕事休みなんだし」
「うるさいな。明日は、やることがあるんだよ」
「何よ。今、結婚するって言ったじゃない。あたしたち二人のことよ」
「結婚、結婚って。いっとくけど、僕は結婚しても浮気はするからな」
「はぁ? 何言ってるの。浮気って…」
「だから、浮気宣言だよ。当然じゃないか。君より好きになる女が現れるかもしれないだろ。君は、それでも僕と一緒になりたいのか?」
「そんな…。あなた、そんなこと考えてたの?」
「いけないか。どうせ君だって、何にも考えてないんだろ。ただお気楽(きらく)に結婚したいなんて言ってるだけじゃないか」
女は少しも驚かず、あっさりと言ってのける。
「そう。いいわよ、それで。あたしもそうするから」
「はぁ、何だよそれ」
「だから、あたしも好きな人ができたら、浮気するってことよ」
「何言ってんだ。君は、僕のことが好きなんだろ。僕の妻になりたいって…」
「あなただって、似たようなもんでしょ。そう思わない?」
「君は、いったい何を考えてるんだ?」
「結婚なんて形式的なものよ。結婚したら世間に認められるでしょ。お気楽な主婦の仲間入り。でも、あたしはそんなんじゃ満足できないの。あなた、知ってる? 愛がなくても、結婚はできるのよ。あたしたち、きっといい夫婦になれるわ」
<つぶやき>愛は、どこにいってしまったの? 真心の愛を見失わないようにしましょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年01月11日

「初めての挨拶」

(再公開 2017/06/19)
付き合っている真以子(まいこ)を両親に会わせるために実家に戻った一樹(かずき)。茶の間で対面した両親。両親としてみればいろいろと確かめなければいけないことが。
一樹「えっと、彼女が、今、付き合ってる…」
真以子「(元気よく笑顔で)里見(さとみ)真以子です。一樹と付き合って三カ月になります」
面食(めんく)らう両親。二人で顔を見合わせる。一樹、真以子を見詰(みつ)める。
父親「ああ…、なかなか元気そうで、いいんじゃないのかな。なあ、母さん?」
母親「(戸惑いながら)そうねぇ。それに、可愛(かわい)い子じゃない、一樹」
真以子「はい。よく言われます(満面(まんめん)の笑(え)み)」
一樹の声「(真以子を見て)ええ、そこはあれだろ。自分から言うか? それに、笑いすぎだって」
母親「それで、一樹。どこで知り合ったの?」
一樹「ああ、それは友達に…」
真以子「合コンです。彼ったら、すっごい積極的(せっきょくてき)で…」
一樹「(真以子の手を押さえて、小声で)ちょっと、それは――」
父親「合コン? 一樹、お前、合コンなんか…」
一樹「違うよ。合コンって言うのは、いろんな友達が集まって、ほら、何て言うかな…」
一樹、言葉に詰まり真以子を見る。真以子は無邪気(むじゃき)に微笑(ほほえ)んでいる。
一樹の声「何だよ。普通、ここは友達の紹介で、とか言うだろ。どうすんだよ」
真以子「あたしも、いろいろ合コンしてたんですけど、彼ほど気が合う人いなかったです。それで、もう盛り上がっちゃって――。やっちゃいました」
両親と一樹、驚いた顔で真以子を見る。
一樹の声「な、何で? そりゃ確かに、盛り上がってラブホに行っちゃったけど。でも、酔(よ)っぱらいすぎてて、そのまま寝ちゃっただけだろ」
父親「あの、やっちゃったってのは?」
一樹の声「親父! そこは、掘(ほ)り下げるとこじゃないだろ。そんなこと訊くなよ」
真以子「あっ、それは、二人で一緒に…」
母親「ところで、真以子さんは、一樹のどこかよかったのかな?」
一樹の声「お袋(ふくろ)、ナイス。やっぱ、機転(きてん)が利(き)くわ」
真以子「う~ん、そうですね~ぇ(しばらく考えている)」
一樹の声「(真以子を見詰めて)おいおい、そんなに考えることなのか?」
真以子「あたし、いろんな方とお付き合いしてきたんですが――」
父親「それは、合コンで?」
一樹の声「親父、合コンのことから離(はな)れろよ」
真以子「ええ。お医者さんとか、一流企業の人、それにお金持ちの社長さん」
父親「そりゃ、すごいな。一樹とは月とすっぽんだ」
一樹の声「ほっとけよ。どうせ俺は、親父の息子だよ」
真以子「やっぱ、一樹と一緒だとすっごく楽なんです。素(す)のままのあたしでいられるし」
<つぶやき>あけすけの彼女ですが、悪気なんて全くないんです。末長くお付き合いを…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年02月20日

「音の乱舞」

(再公開 2017/07/01)
舞台は無人のまま幕が開く。ところどころに演奏者たちの椅子などが置かれている。
舞台下手から小鳥の囀(さえず)りのような音が静かに響いてくる。しばらくすると、その音に答えるように上手の方から別の囀りが始まる。
下手から演奏者Aが出て来る。
木管楽器奏者A(小鳥の囀りのように演奏しながら、何かを探しているような仕草)
上手から演奏者Bが出て来る。
木管楽器奏者B(Aの演奏に答えるように。最初は素っ気なく、気のない素振り)
二人の演奏は、小鳥たちの求愛のように聞こえる。始めは静かに、そして徐々に距離を縮めて、愛を確かめ合う。二つの囀りは、最高のハーモニーを奏でる。
良い雰囲気のところへ金管楽器が大音響をあげる。小鳥たちは驚き、左右に分かれる。いつの間にか、舞台のあちこちに金管楽器奏者が登場していた。
金管楽器奏者たち(小鳥たちの邪魔をするように、大声でおしゃべりを始める)
小鳥たちの声はかき消され、相手に届かない。小鳥たちは怯(おび)えて、囀りを止めてしまう。金管楽器たち、面白おかしく演奏を盛り上げていく。
どこからともなく、犬の鳴き声が聞こえはじめる。最初はかすかに、徐々にその存在を際立(きわだ)たせていく。どんどん犬の数が増えていくように。犬たちは演奏に潜り込み、まるで音符を食べてしまうかのよう。金管楽器の音が消されていく。
最後に犬たちの遠吠えがあり、舞台は静まり返る。
小鳥たちの囀りが静かに始まる。二人は駆け寄り、また愛のささやきを始める。
しかし、それもつかの間、今度は打楽器たちが地鳴りを響かせて二人を引き離す。
打楽器奏者たち(あるものは舞台を縦横に動き回り、あるものは所定の場所で打ち鳴らす)
打楽器たち、最初はバラバラの音だったが、次第に一つのリズムを刻み始める。
小鳥たちの囀りが、そのすき間に入り込む。まるで飛び回っているように忙しく。
小鳥たちが疲れはてた頃、ハチの羽音のように弦楽器たちが加わってくる。ぶんぶんとうるさく飛び回る。左右からほかの弦楽器奏者たちも登場。
弦楽器奏者たち(あるものは舞台を華麗に舞い踊る)
いろんな音が混ざり合い、次第にメロディーが生まれ始める。だが、風船の破裂音のような金管楽器の音に邪魔されてしまう。音は不協和音になって飛び散っていく。金管楽器たちは、容赦なくめちゃくちゃにしていく。
不協和音のすき間に、また小鳥たちの囀りが聞こえはじめる。徐々にほかの木管楽器たちも加わっていく。始めは弱々しかったが、次第に力強くなっていく。そして、生まれかけていたメロディーがよみがえっていく。
ほかの楽器たちも、一つ、また一つと、そのメロディーに加わっていく。てんでばらばらだった楽器たちが、まとまり始める。それはまるで、新しい生き物の誕生の瞬間のように。全ての楽器が一つの音楽を奏で始める。
その中で、小鳥たちの甘いささやき。愛のメロディーが繰り返される。
<つぶやき>いろんな音が混ざり合うと、どんな音楽になるのか。想像してみて下さい。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年03月06日

「歯が痛い」

(再公開 2017/07/10)
とある町の歯科医院。男が妻に付き添(そ)われてやって来る。男は頬(ほお)を押さえて、痛そうにしている。妻は不安げな男とは裏腹(うらはら)に楽しげである。
「あの、予約した神崎(かんざき)ですが、よろしくお願いします」
受付の助手「はい、お待ちしてました。どうぞ、お入りください」
妻は男に視線を向ける。男は首を振り待合室のソファから立とうとしない。
「あなた、何してるの? 行くわよ」
「いや、俺は…。もう少しここで…」
「もう。痛いんでしょ。治(なお)してもらえば、痛みなんか――」
「分かってるよ、そんなこと。だから、もう少し…。こういうのは、心の準備が…」
「(呆(あき)れて)何言ってるの。心の準備は、さんざん家でやったじゃない」
「家は家だよ。こことは違うんだ。俺は…。(突然立ち上がり)やっぱり帰る」
「(男の腕をつかみ)ちょっと、待ちなさいよ。なにびびってるの。あなた男でしょ」
「(妻の手を振りほどこうとしながら)こういうのは、男とか女とか、関係ないんだ」
受付の助手「あの、どうされました?」
「(にこやかに)いえ、すいません。すぐ、行きますので。(男に厳(きび)しく、声を落として)いい加減(かげん)にして! これ以上ぐだぐだ言ったら、どうなるか分かってるわよね」
男は、なぜかおとなしくなる。妻に引っ張られるように診察室へ入って行く。
歯科医師「(別の患者を診(み)ながら)どうぞ。そこに座ってください」
「はい。(男に)あなた、そこに座って。ほら、大丈夫だから」
男、言われるままに、恐る恐る座る。妻は、少し離れたところで夫に手を振る。医師が男の方へ来て、診察を始めようとするが、妻を見て、
歯科医師「あの、付き添いの方は、外でお待ちください」
「すいません。ちょっと心配なんで、ここにいていいですか?」
歯科医師「まあ、いいですけど…。(背もたれを倒しながら男に)じゃ、診ますね。口を大きく開けて下さい」
男、口を開けようとしない。妻はみかねて、
「あなた、口を開けるの。先生が診られないでしょ。(医師に)どうもすいません」
隣の席で、小学生くらいの女の子がくすくすと笑う。
歯科医師「大丈夫ですよ。見るだけですから」
「ほら、私の言った通りでしょ。ここの先生は美人なんだから。あなた言ったわよね。どうせ診てもらうなら、若くて美人の先生に診てもらいたいって」
歯科医師「あの、それは…」
「こんなチャンスはないわよ。ちょっと痛いぐらい我慢(がまん)しなさい」
男、先生の顔を見て口元がゆるみ、ゆっくりと口を開ける。
歯科医師「(口の中を診て)ああ、これですねぇ。これは、痛かったでしょ」
先生は準備を終えるとスイッチを入れる。キーンという高い音。男の顔が引きつる。
<つぶやき>歯痛は我慢できません。こんなことにならないように、歯磨きは忘れずに。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年03月20日

「社内恋愛の結末」

(再公開 2017/07/19)
とあるレストラン。男女が向かい合って食事の最中(さいちゆう)。
女は楽しそうにたわいもないおしゃべりをしている。男は肯(うなず)いて相(あい)づちを打っているが、心ここに在(あ)らずという感じ。
食後の飲み物が運ばれてくると、男は、女のおしゃべりを遮(さえぎ)るように、
「ちょっといいかな…。今日は、大事(だいじ)な話があるんだ」
女の顔から笑顔が消える。女は男をじっと見つめる。
「俺たち、もうやめよう。こんなこと…」
「こんなこと、って?」
「俺たちは、そういう関係じゃ…。だから、何か、二人で運命感じちゃって付き合い始めたけど、やっぱ、違うと思うんだよね。俺たちは――」
「何それ? 何が言いたいのか分かんない。あたしたち、これからも、ずっと――」
「無理だ。(女から視線をそらして)ごめん。君とはもう付き合えない」
「えっ、何で? あなた、あたしのこと好きだって言ったよね。俺たちはずっと変わらないでいようって…。あれは、嘘(うそ)だったの? あたしを引っかけるだけの口説(くど)き文句(もんく)?」
「(女の顔を見ないで)いや、それは…。あの時は、俺だって…」
「何で急にそんなこと言うのよ。あたしが結婚を匂(にお)わせたから? だから別れようって」
男は何も答えようとしない。女は大きなため息をつく。
「やっぱり、あの噂(うわさ)は本当だったんだ。何でそうなるのよ」
「なに言ってんだよ。俺は、そういうあれじゃ…」
「あたしが知らないとでも思ってるの? それぐらい、あたしの耳にも入ってくるわよ」
「そ、そうなんだ。…でもな、これは、会社のためっていうか――」
「取引先の、社長の娘なんだって。そんなにお金が欲しいの?」
「いや、そうじゃないよ。向こうから、付き合ってくれって…」
「へぇ、告白とかされちゃったわけ。見せて。写真とかあるんでしょ?」
「それは…、ちょっと…。い、今は……」
女、怖い顔で睨(にら)みつけている。男は、おずおずと携帯の画像を出して女に渡す。
画像の女は、可愛くてけっこう美人である。女は嫉妬(しつと)の炎が燃えあがる。
「おとなしそうな顔して…。こんな女、消去よ」
女は画像を消去してしまう。男は慌てて携帯を取り上げて、
「何すんだよ。やめろよ」
「その女に電話して。あたしが話をつけてあげる。人の男を盗(と)るなんて――」
「彼女は悪くない。……知らないんだよ。君がいるってこと」
「はぁ? あなたってそんな人だったの? 最低。あたしは、あなたの何なのよ!」
「(周りを気にしつつ、声を落として)大きな声を出すなよ。みんなが見るだろ」
「(落ち着き払って)分かったわ。別れてあげる。その代わり…」
女は立ち上がり、飲み物を男の顔にぶっかける。そして、何事もなかったように、真っすぐ前を向いて去って行く。男は呆然(ぼうぜん)としたまま、座り続けている。
<つぶやき>誠実が一番。嘘が嘘を呼び、取り返しのつかないことになるかも知れません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年04月09日

「家事手伝い」

○とあるマンションの部屋
五郎(ごろう)が一人暮らしをしている家。彼は几帳面(きちょうめん)な性格(せいかく)でいつもならきれいに整頓(せいとん)されているはずなのだが、今は足の踏(ふ)み場もないほど散(ち)らかっている。その中で何かがうごめいているような、そんな気配(けはい)が感じられる。
○同マンションの玄関中
鍵(かぎ)を開ける音。五郎が仕事から帰って来る。ドアを開けて中に入ったとたん、あまりの変わりようにしばし唖然(あぜん)として立ちつくす。彼は慌(あわ)てて靴(くつ)を脱ぐと、置かれている段ボール箱などを押しやりながら部屋に入って行った。
○同マンションの部屋
部屋の入口で立ちつくす五郎。思わず叫(さけ)んだ。
五郎「何じゃ、こりゃ…! ど、どうなってるんだ!」
部屋に置かれたソファの陰(かげ)から、のっそりと顔を出した若い女。五郎に気づくと、すっとソファの陰へ隠(かく)れる。五郎は散乱(さんらん)している雑誌や服などに足を取られながらも何とかソファまでたどり着くと、女の首根(くびね)っこをつかんで引っ張り上げた。
五郎「何をしている。これはどういうことなんだ? ここは俺の…」
女は五郎の手から逃れると部屋の隅(すみ)へ行って、ぎこちなく愛嬌(あいきょう)を振(ふ)りまいて言った。
「ごめんなさい。どうしてもお引っ越し、しなくちゃいけなくなって…」
五郎「一晩(ひとばん)だけって約束(やくそく)だろ? だから、今朝だって出るとき合鍵(あいかぎ)渡してポストにって…。そうか、最初っからそのつもりで…。なに考えてんだ!」
五郎は女に迫(せま)って行く。女はちょこまかと逃げ回りながら、
「違(ちが)うの、そんなつもりじゃなかったの、信じて。ちゃんと話すから、聞いてよ」
五郎は立ち止まる。女は息を整(ととの)えると、
「朝、帰ったら大家(おおや)さんがいて…。わたし、家賃(やちん)を滞納(たいのう)してて…、それで出てけって。わたし、ためてた家賃払ったんだけど、許(ゆる)してくれなくて…」
五郎「だからって、俺のところへ来なくてもいいだろ。実家(じっか)とか、友だちの――」
「ごめんなさい。でも、そのお金、あなたに借(か)りちゃったから。そこの引出(ひきだし)にあった…」
五郎、慌てて引き出しを開けて確かめる。愕然(がくぜん)とする。
五郎「ああっ、忘れてた。(震える声で)この金は…、俺が…、俺が…」
「ごめんなさい。わたし、ちゃんと返すから。それまで、ここにおいてもらえないかな?」
五郎「はぁ? なに言ってるんだ。冗談(じょうだん)じゃないぞ。泊(と)まる所がないっていうから…。それを、こんなのってありかよ。俺、バカみたいじゃないか」
「わたし、ほんとに感謝してるのよ。見ず知らずのわたしを、下心(したごころ)なしに泊めてくれて…。ほんとに良い人だと思ってる。だから、ちゃんとしないといけないと思って」
五郎「お前、仕事は? ちゃんと仕事してれば、そんなことにはならないはずだ」
「あの、何ていうか、いろいろあって…、今は無職(むしょく)…? 仕事は探してたのよ、わたしなりにちゃんと…。でも、なかなか…、やっぱり不景気(ふけいき)なのかしらね…。あの、それでね…、今日からは家事手伝いってことで、よろしくお願いします」
<つぶやき>大丈夫なんでしょうか? 彼女に、家事が出来るとは思えないんですが…。
Copyright(C)2008-2016 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2016年07月30日
» 続きを読む