短編物語

サイト管理人のブログです。

短編物語

「決まりごと」05

(再公開 2017/04/10)
「空回り」
「小林(こばやし)! ちょっと来い」編集長はデスクに戻ると、大声で呼んだ。
 近くにいた編集者が答えて、「小林さんなら、いませんよ」
「どこ行ったんだ?」
「何か、朝イチで京塚(きょうづか)先生の所へ行くとかって、連絡が」
「何だって。今日は行く日じゃないだろ。あいつ、なに考えてんだ。すぐに小林に電話!」
「あっ、はい。分かりました」
 編集者は明日実(あすみ)の携帯に電話をかけた。だが、電源が切られているようでつならがない。編集長の叫び声がとどろいたのは言うまでもない。
「編集長、また血圧が上がりますよ」女性の編集者がお茶を出しながら言った。
「わかっとる。あのバカ。余計なことするなって、あれほど言ったのに」
 その頃、明日実は京塚の家の前にいた。大きな荷物を抱えている。彼女は腕時計を確認。ちょうど九時をさそうとしていた。彼女が玄関を見つめていると、扉がガラガラと開いて京塚が顔を出した。目の前に明日実がいるので、彼は思わず後退(あとずさ)る。
「おはようございます!」明日実は朝から元気だ。「すごい。時間通りなんですね」
「君は…。こんなに早く、何だ?」予期(よき)していないことに、京塚は動揺(どうよう)していた。
「散策(さんさく)に行かれるんですよね。あたし、その間、お留守番してますから」
「しかし、それは…、困る」
「大丈夫ですから。ほら、スケジュール通りにしないと。行ってらっしゃい」
 明日実は躊躇(ちゅうちょ)している京塚の背中を押してやった。京塚は後ろを何度も振り返り、出かけて行く。明日実は彼を見送ると、腕まくりをして荷物を持ち、家の中へ入って行った。
 お昼を少し回った頃、京塚はいつも通り帰って来た。玄関を開けると、美味しそうな匂いが漂ってきた。彼は驚いて、キッチンへ駆け込んだ。
「お帰りなさい」明日実は嬉(うれ)しそうに言うと、「すぐに食べられますから、手を洗ってきて下さい。でも先生って、ほんとスケジュール通りなんですね。すごい」
「君は、何をしてるんだ。勝手に、こんなことをして…」
「あたし、驚いちゃいました。仕事部屋がグチャグチャだったから覚悟してたんです。でも、他の部屋はすごくきれいにしてるんですね。このキッチンだって…」
「まさか、あの部屋に入ったのか?」
 京塚は仕事部屋に駆け込んだ。足の踏み場もないくらい散らかっていたのに、見違えるように片づいている。全てのものが有るべき位置に戻され、埃ひとつ見つからない。京塚はその場に崩れ落ちた。京塚の背後から明日実の声がした。
「大変だったんですよ、ここまでするのに。どうしてこの部屋だけ、あんなに汚くしてたんです。もう信じられない。でも、これで執筆(しっぴつ)もはかどりますよね」
 京塚は声を荒(あら)らげて言った。「何てことをしてくれたんだ! 出てってくれ。もう二度とここへは来るな! 来ないでくれ!!」
 京塚は、力任せに明日実を突き飛ばす。彼の顔は哀しみにゆがんでいた。
<つぶやき>おせっかいも程ほどにしておかないと。相手を傷つけることもあるんです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2012年10月12日

「決まりごと」06

(再公開 2017/04/19)
「悲しい過去」
「どういうことだ。説明してみろ!」
 編集長の怒鳴(どな)り声がひびいた。明日実(あすみ)はずっと頭を下げている。
「何やらかしたんだ。京塚(きょうづか)先生をあんなに怒らせるなんて。お前、俺の話を聞いてたのか。俺は、余計なことはするなと言ったよな。それを…」
 明日実は顔をあげて、「あの、本当に申し訳ありませんでした。でも、あたしは少しでも先生の役に立ちたかったんです。だから、食事を作ったり、掃除なんかをして」
「お前は家政婦か。仕事も半人前(はんにんまえ)のくせして…」
 そこへ編集者の女性がお茶を持ってきて、「編集長、血圧上がっちゃいますよ」
「わかっとる。もう、口をはさまないでくれ」
 編集長はお茶を口にする。ふっと気分が和(やわ)らいで、「うーん、いいお茶だ。有難(ありがと)う」
「いいえ。でも、この娘(こ)、佐恵子(さえこ)さんみたいですね。何だかそっくり」
「ああっ、俺は人選(じんせん)を誤(あやま)ったかなぁ。こいつが、こんなことまでするとは」
「佐恵子さんって?」明日実は気になって、先輩に訊いてみた。
「京塚先生が売れ始めた頃に担当してた人よ。あなたの先輩ね」
 女性編集者は編集長に言った。「この娘(こ)にも、教えてあげた方がいいんじゃないですか?」
 編集長は明日実を資料室へ連れ出した。その部屋の奥まったところにある扉を開けると、編集長は中へ入るように促(うなが)した。明日実はこんなところに部屋があるなんて知らなかった。部屋の中は五メートル四方ほどで、壁には棚があり、本や写真が置かれていた。
 編集長は一枚の写真を指さして、「これが、川島(かわしま)佐恵子君だ」
 その女性は明日実とそんなに変わらない年齢(とし)に見えた。その微笑みからは、彼女の優しさや暖かさが伝わってくるようだ。
「この方、今どうされてるんですか? あたし、会ってみたいです」
「それは無理だな。五年前に亡くなったんだ。交通事故だった」
 編集長は重い口を開いて、「彼女が亡くなったとき、京塚先生はひどく落ちこんでな。筆を折るとまで言ったんだ。きっと、川島君は先生の世話を焼いていたんだな。お前みたいに…。だがな、ここでやめさせるわけにはいかなかった。先生の作品を待ってる読者がいるんだ。俺もその中の一人だ。何としてでも書いてもらわないと」
「それで…。作風が変わったんですね。あたしも、愛読者の一人なんです」
「そうか…。あの先生のスケジュール、君も知ってるだろ。前はあんなんじゃなかったんだ。――川島君が事故にあったとき、先生の家に向かう途中だったんだ。先生に突然呼び出されてな。彼女、慌てて出て行ったんだ。先生は、そのことを悔(く)やんでいるんだろう」
「慌ててたから、事故にあったんだと…」
「実際は、車の方が悪かったんだ。飲酒運転で歩道に突っ込んできた。先生のせいじゃない。防(ふせ)ぎようなんて、なかったんだ」
 明日実は、昨日のことを思い出していた。「きっと、あの仕事部屋には、彼女との思い出が詰まってたんですね。それなのに、あたしったら……」
<つぶやき>大切な人を失う哀しみは計り知れない。でも、前に進まないと。生きて…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2012年10月26日

「決まりごと」07

(再公開 2017/04/28)
「旅立ち」
 翌朝。明日実(あすみ)は京塚(きょうづか)の家の前にいた。きっと担当から外されることになるだろう、と彼女は覚悟していた。その前に、ちゃんと先生に謝りたかったのだ。
 時間は九時になろうとしていた。昨日の今日である。どんな顔で京塚に会えばいいのか…。逃げ出したい気分になるのを振り払うように、彼女は身体を震わせた。心臓の鼓動はどんどん速くなる。喉(のど)がやたら渇(かわ)いてきた。明日実は腕時計を見た。
 おかしい。腕時計が壊れてしまったのか、九時を五分も過ぎている。いつもなら、とっくに出て来て…。彼女の頭に、最悪な光景が浮かんだ。「まさか…。自殺とか」
 明日実は玄関の扉を勢いよく開ける。そして、手間取りながら靴を脱ぐと、仕事部屋へ駆け込んだ。部屋の中は昨日のままになっている。ふと、ゴミ箱に目が止まった。中には何も書かれていない原稿用紙が束になって捨てられている。
 明日実はキッチンからトイレにいたるまで、全ての部屋を開けて見た。でも、京塚の姿を見つけることはできなかった。彼女は玄関に座り込んだ。先生の行きそうな場所を必死に考えてみたが、担当になったばかりで思いつくはずもなかった。
 そんな時だ。どこかからパチパチと音が聞こえてきた。明日実が外へ飛び出すと、煙の臭いが鼻をくすぐる。ぐるりと周りを見回すと、家の裏手の方から白い煙が上がっていた。明日実は慌てて家の裏手へ走った。そこは小さな裏庭になっている。そこで、京塚が何かを燃やしていた。彼女は駆け寄り、息を切らしながら言った。
「な、何してるんですか! もう、あたし…、心配したんですから!」
 驚いたのは京塚の方かもしれない。裸足(はだし)のままの彼女を見て、
「君は、どういうつもりだ。僕には全く理解できない」
 ここで始めて靴を履(は)いていないことに気づいた彼女は、「いや、これは、ちょっと、いろいろ…、あれで…、だから…」しどろもどろになってしまった。
 十分後、二人は応接室にいた。裸足で外を歩いたものだから、明日実は足の指を切ってしまった。京塚は、彼女の足に絆創膏を貼りつけると、
「これでいい。ちゃんと消毒もしたし、大丈夫だろう」
 明日実はバツが悪そうに、「あ、ありがとうございます。あの、先生…。昨日は、すいませんでした。あたし、勝手なことをして…」
「いいんだ。もういいんだ」京塚は何だかさっぱりしたような感じで、「君のおかげかもしれない。ありがとう。何だか、肩の荷が下りたような気がするんだ。これで前へ進める」
 京塚は仕事部屋から原稿を持って来て、テーブルの上に置いて言った。
「連載の最終話です。編集長には話してありますので、持って行って下さい」
「それって、まさか…。もう、書かないってことですか?」
「明日から旅に出るんです。いろいろ考えたいこともあるし」
「ダメです。先生の作品を待ってる読者がいるんですよ。たくさんいるんです」
「そうですね」京塚はしばらく考えてから、「いつになるか分からないけど、また書きたくなったら書きますよ。僕には、他に何の取り柄(え)もありませんから」
<つぶやき>自分を見つめるには、旅をするのもいいですね。新しい道が見えてくるかも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2012年11月09日

「嵐の夜」01

(再公開 2017/06/13)
「必然の始まり」
 人里(ひとざと)離れた山中にある古びたお屋敷。嵐(あらし)のために道に迷った車が、その屋敷の前に停まった。車の中には四人の若者たち。彼らは土砂降(どしゃぶ)りの雨の中、屋敷の玄関まで駆け出した。
「なあ、ほんとにここなのか?」賢治(けんじ)は濡(ぬ)れた服を気にしながら言った。
「ここよ。灯りがついてるの見えたもん」好恵(よしえ)は紀香(のりか)の腕を取り、「あなたも見たでしょ?」
 紀香は首をかしげながら、「いや、あたしは…。分からないわ、一瞬だったし…」
「そこに呼び鈴があるから、鳴らしてみようよ」最後に車から降りたアキラが言った。
 一番近くにいた賢治が、呼び鈴の紐(ひも)を引っ張る。だが、何の音もしなかった。雨の音と時おり聞こえるゴロゴロという雷(かみなり)の音が聞こえるだけ。
「ねえ、誰もいないのよ。もう行きましょ」紀香はたまらず言った。
 その時、玄関の開く音が響いた。みんなは一瞬ぎょっとする。好恵が玄関の扉を開けたのだ。好恵は中を覗(のぞ)いて言った。「真っ暗よ。入ってみようよ」
 四人は恐る恐る屋敷の中へ。暗闇(くらやみ)を手探(てさぐ)りしながら歩くしかなかった。一番最後にいたアキラがライターの火をつけた。微(かす)かな明かりが部屋の一部を浮かびあがらせた。
 中は洋館の造りになっていた。サイドボードには埃(ほこり)がたまり、壁には誰が書いたのか落書きが残されている。誰が見ても空き家に間違いなかった。
「誰もいないじゃないか。車へ戻ろうよ」賢治が不機嫌そうに言った。
「だって、私、ほんとに見たのよ。ちゃんと灯りがついてたの」
 その時、閃光(せんこう)が走り大きな雷鳴(らいめい)がとどろいた。女の子たちは悲鳴をあげる。一瞬、部屋の中が青白い灯りに満たされ、すぐに暗闇がまた襲いかかってきた。
「イヤだ、怖い!」紀香が泣きそうな声で叫んだ。
 好恵は彼女の方へ手をのばした。彼女の身体に触(ふ)れると、しっかりと抱き寄せて言った。
「大丈夫よ。私がいるから、心配ないわ」
 部屋の中央で小さな明かりがともった。アキラがライターをつけたのだ。アキラがテーブルの上にあったランプへ火を移す。暗闇はみんなから遠ざかって行った。
「これで少しは落ち着けるだろ」アキラはそう言うとみんなの顔を見た。
 みんなは明かりのそばへ集まった。それぞれホッとしたような顔をしている。
「なあ、これからどうする?」賢治が呟(つぶや)いた。
 アキラは部屋の中を見回しながら、「朝までここにいた方がいいんじゃないかな」
「イヤよ。あたし、こんなとこにいたくない」
 紀香がヒステリックに言った。彼女の身体は小刻(こきざ)みに震えている。アキラは上着を脱ぐと、そっと紀香の肩にかけてやって、「動かない方がいいよ。今ここが何処(どこ)なのか全く分からないし。外は真っ暗だ」
「何で道に迷うかな、信じられない」好恵は賢治の顔を覗き込んだ。
「何だよ。俺のせいか?」賢治は言い訳がましく言った。「仕方ないだろ。昨夜(ゆうべ)、突然カーナビがぶっ壊(こわ)れたんだから」
 その時、外からガシャンという大きな音が響いた。みんなの顔に緊張が走った。
<つぶやき>嵐の夜には何かが起こる。それは必然であり、誰もそこから逃れられない。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年02月13日

「嵐の夜」02

(再公開 2017/06/28)
「閉じ込め」
 外から聞こえてきた音は、雷が落ちた音というより何かがぶつかった時の音に近かった。四人はそれぞれ玄関脇の出窓と玄関の扉へ走った。いち早く出窓から外を見たのは好恵(よしえ)だった。彼女はそこにあるべきはずのものが消えているのに気づき叫んだ。
「車がなくなってるわ!」
 ほとんど同時に、外から賢治(けんじ)の悲痛(ひつう)な叫び声が、「俺の車が…、何でだよ!」
 車は轍(わだち)の跡を残して消えていた。賢治とアキラは土砂降(どしゃぶ)りのなか飛び出した。轍の跡を辿(たど)って行く。外は外灯もなく真っ暗である。足下が何とか見えるだけだった。10メートルほど行ったところで、突然、アキラが賢治の服をつかんで引っ張った。賢治は尻もちをついて、水たまりに倒れ込む。
「何すんだよ! いてぇじゃねえか!」賢治はやけくそになってわめいた。
 アキラは轍の先を指さした。賢治はそれを見て震えあがった。目の前の地面が無くなっていたのだ。アキラは恐る恐る近づいて下を覗いてみた。だが、暗闇(くらやみ)で何も見えない。下の方からは激流(げきりゅう)の音が、ゴーッゴーッと不気味に鳴っていた。今まで気づかなかったのだが、どうやらここには川が流れているようだ。それも、かなり水かさが増している。
 アキラは賢治を見て首を振った。車は激流に飲み込まれたか、崖(がけ)の下で大破(たいは)しているだろうことは誰の目にも明らかだ。
「俺の車…。ふざけんなよ! まだ、ローンだって残ってんだぞ」
 賢治は子供のように地面を叩き、水しぶきをあたりにまき散らした。
 アキラは賢治を抱きかかえて屋敷へ戻った。二人ともずぶ濡(ぬ)れである。夏の終わりとはいえ、このままでは風邪をひいてしまいそうだ。
「私、いいもの見つけたわ」好恵はランプの明かりを部屋の隅へ持って行く。
 そこには立派な暖炉(だんろ)があった。かつては、この家に住んでいた家族と団欒(だんらん)を共にしていたのだろう。今はその面影(おもかげ)すら消えかけていた。
「きっと、どこかに薪(まき)が残ってるんじゃないかしら」好恵はランプをテーブルに戻すと、「私、探してみるわ。紀香(のりか)、手伝ってよ」
「あ、あたし? イヤよ。行きたくないわ」
「じゃあ、俺が行くよ。のりちゃんは賢治を見ててくれ」
 しばらくして、二人は戻って来た。アキラは薪の束(たば)を両腕に抱えていた。火をつけるのに時間はかかったが、何とか暖をとることができた。男たちは服を脱いで、暖炉の前に並べた。人心地(ひとごこち)ついた頃、紀香がポツリと呟(つぶや)いた。
「ねえ、あたしのバッグは? あれがないと、困るわ」
 それに応えてアキラが言った。「朝になったら見てみるよ。崖の下にあるかもしれない」
「お願いね。携帯とか、お財布も入ってるの。それに、手帳…」
 ずっと黙り込んでいた賢治が、頭をかきむしって、誰に言うともなく、
「何で動いたんだよ。俺、ちゃんとサイドブレーキしたはずなのに」
「まさか、誰かがやったとか?」好恵が押し殺したようにささやいた。
<つぶやき>これで、朝までここにいることに。これから、彼らに何が起こるのでしょう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年02月27日

「嵐の夜」03

(再公開 2017/07/07)
「疑心暗鬼」
 みんなは顔を見合わせた。賢治(けんじ)は疑(うたが)いの目をアキラに向ける。
「まさか…。一番最後に車から降りたのって――」
 アキラは呆(あき)れたように、「ちょっと待てよ。俺が、何でそんなことしなきゃいけないんだ。意味分かんねえよ」
「ねえ、やめようよ」好恵(よしえ)が間に入って、「私たち友達でしょ。ごめん、私が変なこと言っちゃったから。きっと、あれよ。ブレーキをかけ忘れて…」
 賢治は好恵を睨(にら)みつけて抗議(こうぎ)する。アキラは何かを思いついたようにつぶやいた。
「いや。好恵の言ってること、間違ってないのかもしれない。だってさ、そう考えた方が辻褄(つじつま)が合うじゃないか。きっと、俺たち以外に誰かいるんだよ」
「うそ。あたし怖いわ」紀香(のりか)はアキラの腕にしがみついて、震える声で言った。
「この家のどこに人がいるっていうんだ!」賢治はやけになってわめき散らす。
 アキラは冷静に、状況を分析するように話し始めた。
「まず、好恵が見たっていう灯り。たぶん、この上だったんじゃないかな」
 アキラは人差し指を立てて上に向ける。確かに、この屋敷は二階建てだった。それは、みんなも見ているはずだ。アキラは先を続ける。
「それに、車。賢治さ、車のキーどうした?」
「あっ。そういやぁ、つけっぱなしだ。だって、すぐ戻るつもりだったから…」
「じゃ、カギもかかってないってことだろ。俺たちがこの家に入ったのを見て、そのスキに車を動かしたのかもしれない」
「もし、二階に誰かいたとして、どうやって外へ出るんだよ。俺たちここにいたんだぞ」
「外に階段があるのかもしれない。そしたら、自由に出入りできるだろ」
「でも、誰が何のために?」好恵はみんなの顔を見渡して、「私たち恨(うら)まれることなんか…」
 突然、紀香がパニックになり叫んだ。「イヤだ! イヤよ、あたし! 助けて!」
 紀香は玄関の方へ駆け出した。好恵がそれを抑(おさ)えて、「大丈夫だよ。私がついてるから」
「そんなのダメよ」紀香は顔を引きつらせながら、「警察よ。警察を呼んで。お願い!」
「ああ。そうね、そうしよ。私がかけるから、ねっ」
 好恵は紀香を落ち着かせると暖炉の側に座らせ、あっと声を漏(も)らした。
「ダメだわ。私の携帯、車の中だった。ねえ、賢治は持ってる」
「俺も、全部車の中だよ。何も持ってない」
 好恵はアキラを見た。アキラは首を振って、「俺は、携帯は持ってない」
「こいつはアナログ人間なんだよ。文明を否定(ひてい)してるんだ」
「俺は、自由でいたいだけだ。そんなの持ってると、ロクなことないからな」
 その時だ。上の方からガタンと何かが倒れるような音が響いた。一瞬、みんなは凍りついて、天井を見上げる。
「イヤ、イヤ、助けて…」真っ先に声を上げたのは紀香だった。好恵にしがみつく。
 アキラは賢治を見て、「やっぱり誰かいるんだ。行ってみよう。確かめるんだ」
 男たちは干しておいた服を手早く着ると、足音を立てないように階段へ向かった。
<つぶやき>誰かいるんでしょうか? もしそうだとしたら、何のためにこんなことを。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年03月13日
» 続きを読む