読切物語一覧

「待ちきれない」

(再公開 2017/09/19)
 彼女は待っていた。彼の口からプロポーズの言葉が出るのを…。でも彼は、何か言いたそうな素振(そぶ)りは見せるのだが、肝心(かんじん)なことになるとまるっきりダメなのだ。彼女にはそれがもどかしかった。――思い起(お)こせば、彼が告白しようとしたときも…。なかなか言い出してくれないから、仕方(しかた)なく彼女のほうから、
「あなたのこと好きかも…。私たち、付き合わない?」って言ってしまった。
 だからこそ、プロポーズは彼の方からしてほしい。彼女はそう思っていた。今日のデートでも、言うチャンスはたくさんあったはずだ。それに、今日は特別な日。彼だってそれが分かってて、こんな素敵(すてき)なレストランを予約したはずよ。なのに…。
 食事も終わりに近づいていた。デザートが運ばれて来て、二人の前に並べられる。彼女は小さな歓声(かんせい)をあげて、彼に笑顔を向ける。でも内心(ないしん)では、
「さあ、今よ。今でしょ。今言わないで、いつ言うのよ!」
 そんな彼女の気持ちを知ってか知らずか、彼は美味(おい)しそうにデザートを頬張(ほおば)った。彼女は小さく溜息(ためいき)をつき、デザートを口にする。美味しいはずなのに、ちっとも美味しく感じないのはなぜ…。今日、プロポーズしてくれるんじゃないの?
 もう帰らなきゃいけない時間が迫(せま)っていた。彼も時計を気にしはじめた。二人の会話も途切(とぎ)れ途切れになり…。彼女は彼を見つめて、意味深な微笑(ほほえ)みを浮かべる。そして心の中で呪文(じゅもん)のように何度も呟(つぶや)いた。
「これが最後よ。言いなさい。プロポーズ、プロポーズ、プロポーズ…」
 きっと心の声が顔に出てしまったのだろう。彼は心配そうに彼女の顔を見て言った。
「大丈夫? お腹(なか)でも痛いの?」
 彼女は我(われ)に返って、「えっ、いや…。何でもない、何でもないわよ。別に…」
「だって、眉間(みけん)にシワ寄せて、苦しそうに見えたんだけど…」
 彼女は思った。こいつ、プロポーズする気なんてないんだ。期待した私がバカだったのよ。あーっもう、せっかくの記念日なのに――。
 二人は店を出ると、駅へ向かって歩き出した。彼女はどうやらご機嫌(きげん)ななめのようで、俯(うつむ)き加減(かげん)で黙(だま)って歩いていた。彼の方も、ポケットへ手を突っ込んでスタスタと…。ほどなくすると駅前に到着(とうちゃく)した。ここで二人は別れることとなる。
 彼女は彼の顔を見るでもなく手を上げて言った。「じゃ、またね」
 彼女の顔には、いつもの笑顔はなかった。足取りも重く、彼女は改札へ向かって歩き出す。すると、すぐに彼が彼女を呼び止めた。彼女が振り向くと、彼は指輪の箱を差し出して叫んだ。「あの…、ぼっ、僕と、け、けっ――」
 彼女は顔を真っ赤にして駆(か)けて来ると、慌(あわ)てて彼の口を押さえて小さな声で、
「ちょ、ちょっと…。こんなとこで、それはないでしょ。みんなが見てるじゃない」
 確かに駅前である。遅い時間でも人通りはある。彼はそこまで目に入らなかったようだ。
「ごめん。でも、今しかないと思って…。僕と、結婚してく――」
 彼女はキスで彼の口を塞(ふさ)ぐと、彼の耳元で囁(ささや)いた。
「もう、帰りたくなくなっちゃうじゃない。どうしてくれるのよ」
<つぶやき>恋は盲目(もうもく)にするものなのです。恋人たちの邪魔(じゃま)だけはしないようにしましょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2014年05月03日

「恋の時計」

(再公開 2017/09/28)
 気がつけば、もう何年も恋なんかしていなかった。そりゃ、私だって学生の頃は、憧(あこが)れの先輩(せんぱい)とか、好きになった人もいたわよ。あの頃は、好きだって気持ちだけで充分(じゅうぶん)。それだけで幸せだった気がする。――社会人になってからは仕事に追(お)われて、恋に目を向ける余裕(よゆう)なんか…。
 そんな私に、恋の女神(めがみ)が微笑(ほほえ)みかけた。私、好きな人ができたの。――でも、恋に鈍感(どんかん)になっていた私は、そんな自分の気持ちにも気づかなかった。
 その人には、好きな人がいたの。それも、私の親友。私が、その人に親友を紹介(しょうかい)したの。だって、私、その時は、その人のこと会社の先輩としか思ってなかったから…。二人から付き合うことになったって聞いた時は、びっくりして言葉も出なかったわ。
 それからというもの、親友から先輩との仲(なか)むつまじい話を聞くたびに、私の心はざわついて…。私、何でこんな気持ちになるのか全然(ぜんぜん)分からなかった。前は、親友と会えるのが楽しみだったのに、だんだん彼女を避(さ)けるようになってしまった。仕事が忙(いそが)しいって理由(りゆう)を作って…。
 そんな時、先輩から彼女が入院したって聞かされた。私は驚いて、病院へお見舞いに行ったわ。病室へ入るとき、何だが後ろめたくて立ち止まってしまったけど…。ベッドの上の彼女は、全然変わっていなかった。いつもの笑顔で私に話しかけてくる。私は、何だかホッとして、昔のようにおしゃべりをすることが出来た。
 でも、何度も見舞に行ったけど、彼女の病気は…。
 ――半年ほどして、彼女は帰らぬ人になってしまった。後から聞いた話だけど、先輩は、彼女が亡くなる二日前にプロポーズをしたらしい。だけど、彼女はほんの少し微笑んだだけで、目を閉じて何も答えなかったって。
 ――あれから二年たったけど、先輩の心にはまだ彼女がいて…。そこに、私の入る余地(よち)なんてどこにもない。そんなこと分かってた。分かってたけど、私は思いきって先輩に告白した。だって、私、先輩のことずっと好きだったから。
 先輩はちょっと困った顔をしたけど、私を見つめてこう言ったわ。
「僕、もう恋はしないんだ。一生分の恋をしてしまったから。――ごめんね」
 そんなこと言われたら、もう何も言えなくなっちゃうじゃない。ずるいよ。――思い出の中の彼女は、ずっと美しいままじゃない。私が何をしたってかなうわけない。だけど…。このままじゃいけないわ。いいわけないじゃない。こんなこと、親友の彼女だって望(のぞ)んでなんかいない。
 私、決心したわ。女子力を磨(みが)いて、良い女になってみせる。そして何度でも告白して、先輩を振り向かせてやる。うざい女って思われてもかまわない。嫌(きら)われたって…、それはちょっとイヤだけど…。先輩の、止まってしまった恋の時計を動かさなきゃ。
 それでもだめなら、私、潔(いさぎよ)くあきらめるわ。でも…、私じゃなくても、誰かと恋をして、結婚して、幸せな家庭をもって…。彼女がつかめなかった幸せを、先輩にはかなえてほしいの。そのためなら、私、何だってするから――。
<つぶやき>一途な想いを持ち続けるのは大変ですよね。でも、人は前へ進まなくては…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2014年11月09日

「禁断の場所」

 町外れに、大きくて立派(りっぱ)な屋敷(やしき)が建っていた。だが手入れをしていないようで、柵(さく)が壊れていたり、屋敷の雨よけの戸が外(はず)れかけていたり、広い庭園(ていえん)も雑草がはびこっていた。まるで廃墟(はいきょ)のようで、人が住んでいるようには見えなかった。
 この屋敷を外から覗(のぞ)いている姉妹(しまい)がいた。姉が妹の手を引っ張って、
「もう帰りましょ。こんなところに住んでる人なんかいないわよ」
 妹は動こうとせずに答えた。「あたし見たのよ。昨日の夕方、明かりが点いてたわ」
「見間違(みまちが)いよ。ここからじゃ、草が邪魔(じゃま)をして家の窓(まど)なんか見えないじゃない」
「ほんとに見たの。こっちよ、柵が壊れているところがあるの」
 妹は、今度は逆(ぎゃく)に姉の手を引っぱって駆(か)け出した。――妹が言う通り、柵が壊れていて子供が入れる隙間(すきま)があった。妹はするりとそこを抜(ぬ)けて中へ入る。姉はためらって、
「ダメよ、勝手(かって)に入ったら怒(おこ)られるわよ。戻って来なさい」
「心配(しんぱい)ないわよ。人なんか住んでないんでしょ? あたしひとりで行ってくるわ」
 妹は屋敷の方へ歩き出した。姉は、ほっとくわけにもいかず、隙間を何とかくぐり抜けて妹の後を追いかけた。――草をかき分けてしばらく行くと、開けた場所に出た。目の前に、大きな屋敷が飛び込んで来た。二人は顔を見合わせて、屋敷の壁際(かべぎわ)まで駆け出した。そして、壁づたいに一つ一つの窓から中を覗いて見る。人の気配(けはい)はなかったが、でも思ったより部屋の中は整然(せいぜん)としていた。玄関までたどり着くと、姉は呼鈴(よびりん)を探してみた。でも妹の方は、玄関の扉(とびら)に手をかけた。扉は鈍(にぶ)い音を立てて動き出す。姉は驚いて声をあげた。
「何してるのよ。もし誰か住んでたらどうするの」
 妹は唇(くちびる)に人差し指をあてて静かにするように合図(あいず)をすると、扉から頭を突っ込んで家の中を覗いて見た。屋敷は中世の洋館という感じで、がらんとしていて骨董品(こっとうひん)らしきものがあちこちに飾られていた。耳を澄(す)ましていると、どこからか低く唸(うな)るような音がかすかに聞こえてきた。妹は思わず屋敷の中へ――。二人は音のする方へ歩き出した。
 ――その部屋には、複雑に組み立てられた機械(きかい)が並んでいた。色とりどりのランプが点滅し、火花を散らしながら、まるで呼吸(こきゅう)をしているように音を立てていた。
「さあ、やっと完成(かんせい)だ。今までさんざんわしをバカにしてきた連中に、吠(ほ)え面(ずら)をかかせてやる。わしの考えが正しかったことを見せつけてやるんだ」
 白髪(しらが)まじりの頭で、白衣(はくい)を着ている男が高笑いをした。その様子(ようす)を廊下(ろうか)の窓から覗いているのは、あの姉妹だ。男は機械を愛(いと)おしそうに触(ふ)れながら呟(つぶや)いた。
「さあ、始めよう。お前がいてくれて本当に助かったよ。電球(でんきゅう)を替(か)えるときに梯子(はしご)から落ちるなんて、まったくドジな話しだが…。おかげで、わしの研究(けんきゅう)を完成させることができる。最後の最後まで、わしのために…。さあ、わしがお前に命(いのち)を吹(ふ)き込んでやる」
 その時、姉妹が悲鳴(ひめい)をあげた。機械の中に人の姿を見つけたのだ。いくつものコードで機械につながれていた。悲鳴を聞いて、男は侵入者(しんにゅうしゃ)に気がついて叫(さけ)んだ。
「誰だ! 出て来い! ここから逃(に)げられると思うなよ。実験台(じっけんだい)にしてやる」
 姉妹は恐怖(きょうふ)に駆られて走り出した。玄関から外へ逃げようとしたが、どういうわけか扉はびくともしなかった。足音が静かに、だが確実(かくじつ)に二人に近づいて来ていた。
<つぶやき>二人は逃げることが出来るのでしょうか? きっと逃げ道はあるはずです。
Copyright(C)2008-2017 Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年01月22日

「明日の私」

 私には、もう一人、〈明日(あした)の私〉がいる。朝になると私を起こしてくれて、今日の忠告(ちゅうこく)をしてくれる。そのおかげかどうか、今まで何事(なにごと)もなく過(す)ごしてこられた。
 でも、何時(いつ)からか私は〈明日の私〉に疑念(ぎねん)を抱(いだ)くようになってしまった。本当にその忠告は正しいのか…。もしかしたら、別の選択(せんたく)があるのではないか…。その気持ちは私の中でだんだん大きく膨(ふく)らみ、自分でもどうすることも出来なくなった。
 そんな時だ。〈明日の私〉がこんな忠告をしてくれた。
「今日は、仕事が終わったら真っすぐ帰るのよ。寄(よ)り道なんかしちゃダメだからね」
 でも、今日は恋人(こいびと)から食事に誘(さそ)われていた。何か大事(だいじ)な話があるって。もしかしたらプロポーズかも…。だから、忠告に従(したが)うことなんてあり得(え)ない。
 ――私は、初めて忠告に逆(さか)らった。仕事が終わると、何時もの待ち合わせの場所へ向かった。人混(ひとご)みの中、私は恋人の姿(すがた)を見つけると小走(こばし)りで彼に近づいた。彼も私を見つけて手を上げた。その直後(ちょくご)、私は彼の後に人影(ひとかげ)を見た。それも、私の知ってる女性――。
 これ、どういうこと? 何で彼女がここに…。私は彼を問い詰(つ)めようとしたが、その前に彼が口を開いた。
「ごめん。今日は、もう一人いるんだ。一緒(いっしょ)に話がしたくて。どこか、入ろうか?」
 私が言葉(ことば)につまっていると、その、もう一人の彼女が口を出した。
「先輩(せんぱい)、ごめんなさいね。あたしは、来たくなかったんだけど、彼がどうしてもって言うから…。もし、先輩がイヤだったら、あたし、ここで待っててもいいのよ」
 この状況(じょうきょう)で…、いくら鈍感(どんかん)な私でも理解(りかい)できた。こいつ、二股(ふたまた)をかけてたのか! 何時からだ? この後輩(こうはい)を彼に紹介(しょうかい)したのは一ヶ月くらい前だから…。ああ、もう!!
 私は彼を睨(にら)みつけた。彼は、私と目を合わせようともしないで言った。
「そういうことで…。君とは、別(わか)れたいんだ。こんなことになって、ほんとごめん。でも、君とはこれからも――」
 私は、思いっ切り彼を引っぱたいていた。そして、彼に背を向けて私は駆(か)け出した。どこをどう歩いたのか、気がついたときには自分の家に戻っていた。――私は後悔(こうかい)していた。何で忠告に従わなかったんだろう。もし、彼に会いに行かなかったら、こんなことになんかならなかったはずなのに…。私は、いつの間にか眠(ねむ)ってしまったようだ。
 翌日、〈明日の私〉は起こしに来てくれなかった。遅刻(ちこく)ぎりぎりで会社に着いた私は、仕事に没頭(ぼっとう)した。そうしないと、イヤなことがどんどん頭の中に浮(う)かんできて、どうにかなってしまいそうだった。
 会社から帰ると、もうクタクタだった。泥(どろ)のように、このまま眠ってしまいたかった。私はベッドにもぐり込むと、目を閉じた。――でも、すぐに私は誰かに揺(ゆ)り起こされた。目を開けると、そこにはもう一人の自分がいた。私は思わず飛び起きて言った。
「ごめんなさい、私が悪かったわ。だから、もう一度――」
 もう一人の自分は、私の頭をなでならが呟(つぶや)いた。「私は、昨日(きのう)のあなたよ。何で、あんな後輩を彼に会わせたのよ。だから、別れることになっちゃったのよ」
<つぶやき>明日の私と昨日の私。あなただったら、どちらの言葉を聞いてみたいですか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年05月20日

「幽霊女子」

 彼女は幽霊(ゆうれい)。なぜ幽霊になっちゃったのか、彼女にもよく分からない。でも…、何か未練(みれん)でもあったのだろう。――そんな彼女が恋(こい)をした。まさに、初恋(はつこい)である。彼との出会いに、彼女は運命(うんめい)を感じてしまった。幽霊が運命を感じるなんて、変かも知れないけど…。
 ――彼女が、しょんぼりと公園(こうえん)のベンチに座(すわ)っていると、彼の方から声をかけて来た。幽霊になって初めてだ、こんなこと…。彼女は思わず訊(き)いてしまった。
「あたしが、見えるんですか?」
 彼は、ごく普通(ふつう)に、まるで友だちにでも話すように、「ごめんね、何か大丈夫(だいじょうぶ)かなって…。ほら、同じ学校みたいだからさ。迷惑(めいわく)だったかな?」
 彼女は、なぜかセーラー服を着ていた。若(わか)くして、高校生のときに亡(な)くなったのかもしれない。同じ高校の生徒(せいと)だったのだろう。
 そこへ、同じ制服(せいふく)を着た女子がやって来て、彼に声をかけた。どうやら、友だちなのか、それとも、もっと親(した)しい――。彼女に、嫉妬(しっと)という気持ちが生まれた。彼女は、その女の子を睨(にら)みつけた。すると、突然(とつぜん)突風(とっぷう)が吹(ふ)き荒(あ)れて、女の子のスカートをめくりあげた。
 それからというもの、彼女は彼に取り憑(つ)くことにした。取り憑くといっても、悪(わる)さをするとか、不幸(ふこう)にさせるとか、そういうことじゃないからね。彼女は、彼が一人になるのを見計(みはか)らって、彼の前に現れた。もちろん、ごくさり気なく、偶然(ぐうぜん)を装(よそお)って…。
 彼は、彼女を見つけると嬉(うれ)しそうに微笑(ほほえ)んだ。――何度か会って話をしてみて、彼女はますます彼のことを好きになってしまった。どうやら、付き合っている彼女はいないようだ。ここは、ちゃんと告白(こくはく)して…。でも、彼女はふと考えた。
「幽霊のあたしが、人間に告白するのって、いいのかな? あたしなんかが――」
 彼女は、告白をためらってしまった。そんな、うじうじとしているとき、最強(さいきょう)のライバルが転校(てんこう)してきた。その、人間の女子は、彼に猛(もう)アタックをかけてきた。彼に一人になる隙(すき)をあたえないのだ。まるで、幽霊の彼女のことを気づいているみたいに。
 彼女はあせった。このままだと、彼に会うことができなくなってしまう。彼女は、何度も、何度も、その機会(きかい)をうかがったが、いつも邪魔(じゃま)されて――。とうとう、最悪(さいあく)の事態(じたい)を迎(むか)えることになった。それは、あの人間の女子が告白すると公言(こうげん)したのだ。
 もう、うじうじしている場合ではなくなった。あんな女子に彼を取られるなんて…。こうなったら、取り殺すしか――。いや、彼女はそんな野蛮(やばん)な幽霊ではなかった。
 ――人間女子が彼を呼び出した。彼女は二人の様子(ようす)を物陰(ものかげ)からうかがった。まさに、女子が彼を見つめて告白しようとした瞬間(しゅんかん)――。彼女は飛び出した。女子を押(お)しのけると、
「あなたのことが好きです。あたしと、付き合って下さい」
 まさに、どんでん返(がえ)し! 驚(おどろ)いたのはその人間女子で、見たことのない女子が現れて横取(よこど)りされてしまったのだ。まあ、幽霊なんで見えるわけもないのだが…。
 さらに、彼の返事(へんじ)は衝撃的(しょうげきてき)だった。「やっと現(あらわ)れてくれたね。ずっと待(ま)ってたんだよ。でも、ずるいなぁ。僕の方から告白するつもりだったのに」
 彼女は、彼のこの言葉(ことば)で天(てん)にも昇(のぼ)る心地(ここち)になってしまって、あやうく成仏(じょうぶつ)しそうになってしまった。この後、二人は…。いや、人間女子の反撃が始まるかも――。
<つぶやき>恋のバトルの始まりですね。さて、どっちが彼を射止(いと)めることになるのか…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年07月04日

「彼女の事情」

 僕(ぼく)は近くの神社(じんじゃ)のお祭(まつ)りに来ていた。家族(かぞく)連れが多いのだが、若いカップルがやたらに目についた。僕だって、彼女と一緒(いっしょ)に来るはずだった。昨日(きのう)、別れようって言われなければ…。失恋(しつれん)の痛手(いたで)は、思いのほか大きかった。今も、人混(ひとご)みの中に彼女の姿(すがた)を探している。
 ――神社の参道(さんどう)からちょっと脇(わき)に入ったところ。その夜店(よみせ)は、薄暗(うすぐら)い人目(ひとめ)につかない場所にあった。夜店というにはほど遠い、段ボール箱と小さな旗(はた)のようなものが立っているだけ。そこに、僕は人影(ひとかげ)を見た。どうやら若い女性のようだ。その人は僕が見ているのが分かったようで、にっこり微笑(ほほえ)むと(薄暗いのでほんとに微笑んでいたのかははっきりしないが)、僕を手招(てまね)きした。よせばいいのに、僕は人恋(ひとこい)しかったからか、ふらふらと彼女の方へ行ってしまった。
 彼女は、涙(なみだ)ながらに僕に訴(うった)えた。
「これを、売(う)って帰らないと、家では幼(おさな)い妹(いもうと)と弟(おとうと)が――」
 後で考えればおかしな話しだ。たった五百円のものを売って、それで生活のたしになるとも思えない。彼女が段ボール箱から出したものは、黒くて丸いもの…。ちょうどピンポン玉くらいの大きさだった。それが彼女の両手の上で、ころころと動き回った。
 彼女は愛(いと)おしそうに言った。「妖獣(ようじゅう)のまる君(くん)よ。育(そだ)て方はそんなにむずかしくないわ。たまに手の上にのせてあげるだけでいいの。餌(えさ)をあげる必要(ひつよう)はないし、フンとかもしないから衛生的(えいせいてき)よ」
 僕は、なぜだかよく分からないが、それを買ってしまった。もう、明らかに怪(あや)しいはずなのに――。普通(ふつう)に考えたら、手は出さないでしょ。それを…、僕は…白状(はくじょう)するが、彼女の愛(あい)くるしい姿にやられてしまったのかもしれない…。
 ――あれから一週間、その黒い物体(ぶったい)は成長(せいちょう)していた。今では、直径(ちょっけい)1メートルを超(こ)えて、かなり邪魔(じゃま)な存在(そんざい)になってしまった。もう、僕の狭(せま)い部屋では無理(むり)。そこで、彼女に引き取ってもらおうと思った。でも、どこに住んでいるのか分からない。僕は、彼女と出会った神社へ行ってみることにした。
 彼女はそこにいた。僕が事情(じじょう)を説明(せつめい)すると、彼女は嬉(うれ)しそうに答えて、
「それはすごいわ。そんなに環境(かんきょう)がよかったのね。普通はそこまで大きくならないのよ」
 二人で部屋に戻(もど)ると、とんでもないことになっていた。部屋中に、まる君が散(ち)らばっていたのだ。足の踏(ふ)み場もないくらい。彼女は目を丸くして言った。
「わぁ、産(う)まれちゃったのね。すごい、こんなに沢山(たくさん)のまる君を見たのは初めてだわ」
 唖然(あぜん)としている僕を見て彼女は続けた。
「心配(しんぱい)しないで。窓(まど)を開けてあげれば、風(かぜ)に乗って飛んで行っちゃうから」
 彼女の言う通り、窓を開けると吸(す)い出されるように次々(つぎつぎ)に飛び出して行った。最後の一匹が出て行くと、彼女はもじもじしながら、「あの、お願いがあるんだけど…。この部屋、貸(か)してくれない? ここで、繁殖(はんしょく)をさせたいの。実(じつ)はね、まる君を見つけるのって、とっても大変(たいへん)なのよ。一日中探(さが)し回っても見つからないときもあって。お礼(れい)は、売上(うりあげ)の三割(わり)…、いや五割でもいいわ。お願い! もちろん、あたしの寝(ね)る場所は、どこか部屋の隅(すみ)でいいのよ。あなたの生活の邪魔にならないようにするから。ねぇ、いいでしょ?」
<つぶやき>これは、もしかして同居(どうきょ)するってことなの? 彼女はいったい何者なのか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年08月19日

「シャベ友」

 朝から雨が降(ふ)っていた。朝食を終えた二人は、食器(しょっき)を片づけながら言葉(ことば)を交(か)わす。
「雨の日は、憂鬱(ゆううつ)だよね。でも、今日はお休みでもある」
「だから? もう、何なのよ」
「ということは、何をやってもOKだよね」まるで甘(あま)えるように、「ねぇ、遊(あそ)びに行かない?」
「いやよ。雨が降ってるし…。私は、今日は読書(どくしょ)でもするわ」
 この二人、一緒(いっしょ)に住むようになってまだ日が浅(あさ)い。一応(いちおう)、友だち同士(どうし)なのだが、出かけようと誘(さそ)っている娘(こ)の方が、転(ころ)がり込んで来たのだ。まあ、二人で暮(く)らせる広さはあるし、家賃(やちん)も半分出すということでシェアが成立(せいりつ)した。
「そんなのダメよ。せっかくのお休みじゃない。あたし、外で遊びたいなぁ」
「外は雨なのよ。私は、やめとくわ。あなた一人で行けばいいじゃない」
「つまんないよ、一人なんて…。ねえ、雨の日しかできないことしよ」
「はぁ? もう、何なのよ」
「それは…、このまま表(おもて)に飛び出して、ずぶ濡(ぬ)れになって走り回るの」
 この言葉に、聞いていた娘(こ)はごく当たり前の反応(はんのう)を返した。
「なに言ってるの? 子供(こども)じゃないんだから、そんなこと…。いえ、今の子供だってそんなバカなことしないわ。あなた少し変よ。まともな大人(おとな)だったら――」
「いいじゃない。バカなことしたって…」ちょっとふてくされて、ソファに寝転(ねころ)んだ。
 それをなだめるように彼女の頭をなでながら、「ねえ、何かあったの?」
「別に…。何もないわよ。あ~ぁ、つまんない…、ほんとつまんない」
「彼を誘えばいいじゃない。お休みなんだし」
「休みじゃない。あの人、仕事(しごと)なんだって…。もう、ほんとに仕事なのかぁ?」
「あきれた。彼に会えないから無茶(むちゃ)なこと言ってたのね」
「そうよ、いけない? 最近(さいきん)さぁ、あの人…、あたしのこと避(さ)けてる気がする」
「えっ、何かあったの? 喧嘩(けんか)でもしたとか…」
「なにも…、まったく何もない。あたしたち恋人(こいびと)同士なのに、何もないなんてどういうこと? このままじゃ、あたしたち、ただのシャベ友(とも)だよ」
「シャベ友って…」
「だから、会って、世間話(せけんばなし)をして、さようならって…。それだけの関係(かんけい)よ。そこには、好きもないし、愛情(あいじょう)もまったくわかない…。もう、終(おわ)わりなのかなぁ」
「なに言ってるのよ。あんなに、私にのろけてたくせに…。じゃあ、いいわ。出かけましょ」
「ほんと? 一緒に、濡れてくれる?」
「それは、いやよ。私、これでも身体(からだ)が弱(よわ)いの。そんなことしたら風邪(かぜ)ひいちゃうわ」
「何よそれ。まるで、〈私はお嬢(じょう)さまなのよ〉って言ってるみたい」
「言っとくけど、これでも私、ほんとにお嬢さまなのよ。知らなかったでしょ」
「だったら、あたしもお嬢さまよ。今度、ちゃんと証拠(しょうこ)見せてあげるわ」
 二人は、くすくすと笑い出した。この後、二人は出かけて行った。たぶん、ずぶ濡れになることなく帰って来ると思うけど。でも、ひょっとすると――。
<つぶやき>好きなのか、それとも、それほどでもないのか…。どうやって確かめたら…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年09月13日

「記憶媒体」

 彼女はことごとく就活(しゅうかつ)に失敗(しっぱい)していた。もう何十社も面接(めんせつ)を受(う)けたが、どこからも内定(ないてい)をもらうことはできなかった。このままだと卒業(そつぎょう)までに…就職(しゅうしょく)できない。
 そんなせっぱ詰(つ)まっていた時だった。彼女に電話がかかって来たのは。それは、聞いたことのない会社で…。もちろん彼女が面接を受けた会社ではなかった。
 電話の相手は人事部(じんじぶ)の者だと名乗(なの)り、有能(ゆうのう)な人材(じんざい)を求(もと)めていると話した。彼女は首(くび)をかしげた。彼女はごく普通(ふつう)の大学生で、特別(とくべつ)な資格(しかく)も能力(のうりょく)も持ち合わせてはいなかった。彼女がそのことを話すと、電話の相手はこう答えた。
「それがいいのです。わたし達にとっては、ごく普通の人が有能な人材なのですから」
 彼女はますます訳(わけ)が分からなくなった。そうは言っても、彼女にとってはこれが最後のチャンスになるかもしれない。これをのがしたら、完全(かんぜん)に就職浪人(ろうにん)になってしまうかも…。
 電話の相手はさらに続けた。「どうでしょう? 我(わ)が社に来ていただけますか?」
「はい、もちろん…。でも、どんな仕事(しごと)なんでしょう? 私でも勤(つと)まるでしょうか?」
「もちろんです。誰(だれ)にでもできる仕事ですよ。ですが、採用(さいよう)にあたって、ごく簡単(かんたん)なテストを受けていただかないといけません。それに合格(ごうかく)すれば、本採用(ほんさいよう)となります」
 ――後日、メールで受け取った地図(ちず)を見ながら、彼女はその会社へ向かった。〈ごく簡単なテスト〉を受けるためだ。その会社は、小さな古(ふる)ぼけたビルの中にあった。受付(うけつけ)でしばらく待っていると、一人の男がやって来て彼女と挨拶(あいさつ)を交(か)わした。その男の声は、あの電話の声と同じだった。彼女は、その男について階段(かいだん)を下りて行った。
 ――それからの記憶(きおく)が…、彼女には曖昧(あいまい)になっていた。階段を下りて行ったことまでは覚(おぼ)えているのだが…。気がついた時には応接室(おうせつしつ)にいて、目の前のテーブルの上には採用通知(つうち)が置いてあった。そして、恰幅(かっぷく)のいい男性が彼女に話しかけていた。
「おめでとう。これであなたも我が社の社員(しゃいん)です。四月からお願いしますよ。それで、あなたの配属先(はいぞくさき)ですが、こちらの会社になります」
「えっ、この会社じゃないんですか?」彼女は少し不安(ふあん)になった。
「我が社では、ほとんどの社員が他の企業(きぎょう)に出向(しゅっこう)しているんです。もちろんこれは契約社員(けいやくしゃいん)ということではなく、我が社の正社員(せいしゃいん)ですのでご心配(しんぱい)なく」
 彼女は書類(しょるい)に書かれている社名(しゃめい)を見て驚(おどろ)いた。それは一流企業(いちりゅうきぎょう)で、彼女にとっては全く相手(あいて)にされないような、超(ちょう)エリートしか入社(にゅうしゃ)できない会社だった。
「ほ、ほんとに、この会社に…。私が――」
「はい、そうですよ。それで、こちらから指定(してい)した日に、業務報告(ぎょうむほうこく)をこちらに提出(ていしゅつ)しに来て下さい。出向先にはこちらから連絡(れんらく)が行きますので、欠勤(けっきん)にはなりません」
 彼女はまるで狐(きつね)につままれたような、そんな感じで帰って行った。外に出ると、強い風で彼女の髪(かみ)が巻(ま)き上げられた。すると、彼女のうなじにバーコードのようなあざが見えた。
 ――恰幅のいい男が、電話の男に呟(つぶや)いた。
「今度のはなかなかいいじゃないか。容量(ようりょう)も充分(じゅうぶん)だし、記憶媒体(きおくばいたい)としては申(もう)し分ない」
「しかし、人間の脳(のう)を使うなんて。これならハッキングの心配もありませんし、我が国の雇用問題(こようもんだい)も解消(かいしょう)するんじゃありませんか? どんどん採用を増(ふ)やしましょう」
<つぶやき>えっ、どういうこと? もしかして、本人には知らされてないのでしょうか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年10月01日

「心の記憶」

 愛香(あいか)は教室(きょうしつ)に駆(か)け込むと、親友(しんゆう)の夏美(なつみ)を捕(つか)まえて訊(き)いた。
「ねえ、今日は、何年の何月何日?」
 そんなことを訊かれた夏美は一瞬(いっしゅん)戸惑(とまど)っていたが、
「今日は、2017年の10月12日よ。何でそんなこと訊くのよ」
 愛香は生徒手帳(せいとてちょう)にそれを書き込んだ。そして、矢継(やつ)ぎ早(ばや)に次の質問(しつもん)をした。
「じゃあ、ここ数日の間に、何か変わったことってなかった?」
「変わったことって…。あっ、この間の連休(れんきゅう)にみんなで遊(あそ)びに行ったことぐらいかなぁ」
「どこへ行ったの? それって、あたしもいた?」
「もう、なに言ってるのよ。あなたがみんなを誘(さそ)ったんじゃない。遊びに行こうって…」
「あたしが…。ああ、そうなんだ。で、どこへ行ったの?」
「どこって…、あなたが行きたいって言ってたショッピングモールじゃない」
「ショッピングモール…」
「新しくできたとこよ。ねえ、何だか顔色(かおいろ)悪(わる)いよ。どこか…」
「大丈夫(だいじょうぶ)…、あたしは平気(へいき)よ。あたし、ちょっと行ってくる。行かなきゃ」
 愛香は教室を飛び出した。彼女は走りながら呟(つぶや)いた。
「どうなってるの。10月のわけないし、ショッピングモールだってまだ工事中(こうじちゅう)じゃない」
 ――愛香はショッピングモールへ来ていた。平日だというのに、大勢(おおぜい)の客で賑(にぎ)わっている。彼女は呆然(ぼうぜん)として、ふらふらと店内に入って行った。しばらく行くと、誰(だれ)かに声をかけられた。彼女が振(ふ)り返ると、そこにいたのは夏美だった。
「愛香…、だよね。どうしちゃったの? 何で制服(せいふく)なんか着てるのよ」
「えっ…、夏美こそ、授業中(じゅぎょうちゅう)じゃないの? こんなとこ来て…」
「はぁ? 今日は休講(きゅうこう)になったからでしょ。あなたこそ、何してるのよ。コスプレ? にしたって、二十歳(はたち)過ぎてるのに、それはちょっと恥(は)ずかしくない?」
「二十歳…。ねえ、今日は何年の何月何日?」
「どうしちゃったのよ。今日は、2021年の10月12日よ」
「2021年…。あたしは…、どこで、何してるの? ねえ、教えてよ!」
「ちょっと、落ち着いて。しっかりしてよ。あなたは、私と同じ大学に通ってるんじゃない。もう大学生なのよ。どうしちゃったの? あなたすごく変よ」
「あたし、どうなってるの…。あたしは、まだ高校生よ。大学なんて知らないわ」
 愛香はその場から逃げ出した。どこをどう歩いたのか、彼女は自宅(じたく)の前に来ていた。玄関(げんかん)を開けて中へ入るとたくさんの靴(くつ)が並んでいた。奥からは赤ちゃんの泣き声がする。彼女は玄関を上がると泣き声のする方へ向かった。そこには見覚(みおぼ)えのある顔が並んでいた。みんな黒い服を着ていた。部屋の奥には花が飾られ、中央には黒枠(くろわく)に入った写真(しゃしん)が――。
 彼女の後から声がした。「どうですか? もう思い残(のこ)すことは…」
 愛香は穏(おだ)やかな声で答えた。
「ええ。ただ、あの子がちゃんと育(そだ)ってくれるかどうか…、それだけが心配(しんぱい)です」
「大丈夫ですよ。あなたには、素晴(すば)らしい家族(かぞく)がいるじゃありませんか」
<つぶやき>これは、どういう話しなんでしょう。とっても不思議(ふしぎ)なことになってます。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年10月19日

「思い込み」

 とある豊(ゆたか)かな国に、遠く離れた国から商人(しょうにん)がやって来た。彼はとても珍(めずら)しい品(しな)を運んで来たので人々の噂(うわさ)になり、それがお城の中まで伝わって王女樣(おうじょさま)のお耳にも届(とど)いた。王女様はとても好奇心(こうきしん)が旺盛(おうせい)な方なので、早速(さっそく)、商人はお城に呼ばれた。
 王女様との謁見(えっけん)を前にして、商人はお付きの侍従(じじゅう)から注意を受けた。
「このお城では禁句(きんく)がございます。王女様の前では、大きいとか、膨(ふく)らんでいる、ぶくぶく、そして太(ふと)っているなどなど、これに似通(にかよ)っている言葉(ことば)を口にしないでいただきたい」
 商人は何のことだかその時は分からなかったが、王女様の前に出て納得(なっとく)した。商人と一緒(いっしょ)に来ていた供(とも)の者(もの)が小さな声でささやいた。
「何だありゃ? まるで、風船(ふうせん)のようじゃないか――」
 侍従が王女様と言葉を交わし、傍(そば)に来るようにと商人に促(うなが)した。商人は一礼(いちれい)すると王女様の前に進み出た。侍従が商人に言った。「献上(けんじょう)の品をこれに」
 商人はまた一礼すると、「王女様、こうしてお目にかかれて光栄(こうえい)でございます。私の国で食べられておりますものを、こちらの国の菓子職人(かししょくにん)に作らせました。とても美味(びみ)なのですが…、それは王女様には相応(ふさわ)しくないと存(ぞん)じます」
 王女様はがっかりしたように顔を曇(くも)らせた。商人はすかさず言った。
「ですが、幸(さいわ)いなことに、もっと相応しいものを持ち合わせております」
 商人はそう言うと、懐(ふところ)の中から小さな小ビンを取り出して、「これは満腹丸(まんぷくがん)と申(もう)しまして、これを一粒(ひとつぶ)飲めばまる一日満腹でいられるという薬(くすり)でございます」
 王女様は思わず身を乗り出して訊(たず)ねた。「そんな薬が、そなたの国にはあるのか?」
「はい」商人は小ビンを侍従に手渡して、「これは私の国に昔から伝わっているもので、長旅(ながたび)の時、空腹(くうふく)を紛(まぎ)らすために使われております。きっと王女様のお役(やく)に立つと存じます」
 王女様は、侍従から小ビンを受け取ると、まじまじとそれを見つめた。
 商人はさらに続けた。「ただし、これには注意(ちゅうい)していただく用法(ようほう)がございます。これを飲む時は、必ず空腹が我慢(がまん)できなくなった時にして下さい。そして、飲むのは一日に一粒だけです。くれぐれも満腹の時にお飲みにならないように」
 王女様は、商人に質問(しつもん)した。「満腹のときに飲むと、どうなるのか?」
「それは…、大変(たいへん)なことになります。お命(いのち)にかかわりますので、絶対(ぜったい)になさらぬように」
 ――一ヶ月後、商人がこの国を去(さ)るときが来た。最後の暇乞(いとまご)いに、王女様との謁見(えっけん)が許(ゆる)された。王女様を前にして、お供の者がまたささやいた。
「あらら、ずいぶんとしぼんじまったなぁ。まるで別人(べつじん)だ」
 王女様は淋(さび)しそうに商人に言った。
「もう帰ってしまうのか? もっと他国(たこく)の話しを聞きたかったが、残念(ざんねん)です」
 商人は一礼すると、「王女様のおかげで、この国での商(あきない)も上手(うま)くいきました。本当に、ありがとうございます。このご恩(おん)は、生涯(しょうがい)忘(わす)れることはないでしょう」
「私こそ、そなたのおかげで…。できれば、あの薬を、も少しいただきたいが…」
 お供の者がまたささやいた。「まったく、大将(たいしょう)も上手くやったもんだ。あんな、何の効(き)き目もない薬で、王女様を丸(まる)め込んじまうんだから…。大(たい)したもんだ」
<つぶやき>えっ、そうなの? 効き目はあったみたいなのに。思い込みってすごいです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2017年11月06日