「恋愛マスター」

(再公開 2017/08/16)
野崎(のざき)は今話題の小説家。彼のもとへ編集者の立花葵(たちばなあおい)がやって来た。
野崎「恋の相談を僕に? でも、僕なんかが…」
「今、先生の書く恋愛小説は、若い女性の間ですごい人気になってるんです。ですから、今度、私どもで創刊(そうかん)する女性雑誌の目玉(めだま)として、恋愛相談を――」
野崎「無理だ。僕にはそんなことをしている時間はない。次の新作の準備もあるし」
「それは、分かってます。ですから、ほんのちょっとでいいんです。読者からのメールを読んでいただいて、簡単(かんたん)なコメントをいただければ、あとはこちらで…」
野崎「それじゃ、僕がやる必要は無(な)いだろ。君は、僕の名前を使いたいだけじゃないのか?」
「あっ、いや、けしてそういうわけじゃ…。大変、失礼しました」
葵、深々と頭を下げる。彼女はこの企画を通すのに必死なのだ。
「あの、勿論(もちろん)、内容については先生にチェックしていただいてからと言うことで…。ですから…、私も先生の恋愛小説のファンでして。すごく、共感(きょうかん)できるというか…。今、若い女性の間では、恋愛のバイブルみたいな――」
野崎「やめてくれ。僕が書いてるのはフィクションだ。ウソっぱちなんだよ」
「でも、先生は今まで沢山(たくさん)の恋愛小説を書かれていますよね。ですから、その…」
野崎「それが何だっていうんだ。僕が、恋愛のマスターとでも言いたいのか?」
「いえ、それは…。失礼しました。あの、私、どうしてもこの企画を…」
野崎「僕は、結末(けつまつ)がどうなるか分かってて書いてる。恋愛がどうのこうのなんて、僕には興味(きょうみ)ないんだ。だって、実際の恋愛の結末がどうなるかなんて、誰にも分かるわけないじゃないか。そんな…、もし恋愛の正攻法(せいこうほう)があるとしたら、僕の方が知りたいよ!」
野崎、次第(しだい)に興奮(こうふん)してくる。葵はどうしたらいいのか戸惑う。
「あの、先生? どうされたんですか?」
野崎「(我(われ)に返って)いや…、何でもない。そういうことだから、この話は…」
「そ、そんな。あの…。(何かを思いついて)今の感じでいいと思います。ビシビシと言ってもらったほうが、読者もきっと喜びますし。絶対、評判(ひょうばん)になるはずです」
野崎「君は、僕の話を聞いてなかったのか? 絶対無理だ! 僕にはできない」
「なぜですか? 理由を聞かせてください。そうじゃなきゃ、私…」
野崎「だから…。僕は…、一度も恋愛をしたことがない。そんなんで、アドバイスなんかできるわけないだろ。もう、帰ってくれ!」
葵、唖然(あぜん)として野崎の顔を見るが、言葉が出ない。
野崎「ふん…、笑いたけりゃ笑えばいいさ。そうだよ。僕は、恋愛小説を書いてるくせに、今まで一度だって女性と付き合ったことなんてないんだ。だから、女性の気持ちなんてまったく分からないし、どうすりゃ相思相愛(そうしそうあい)になるかなんて――」
野崎、頭を抱えてしまう。葵、なぜかホッとしたように、
「大丈夫ですよ。先生は、ちゃんと女性の気持ち分かってますから。それは、読者のみんなが知ってます。先生、もっと自信を持って下さい」
<つぶやき>先生は恋愛で何かトラウマがあるんだ。これがきっかけで恋が芽生えるかも?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

2013年06月30日