書庫 連載物語「空からきた少女」001~

連載物語Top

T:001「惑星グリークⅠ」
 果(は)てしない宇宙には数えきれないほどの星々が光り輝き、途方もない時間をかけて星たちは生まれ死んでいく。宇宙には、人類の叡智(えいち)では計り知れない謎がまだ残されている。この物語は、地球から遠く離れた場所からはじまった。
 地球が属している銀河系の外縁(がいえん)のあたりに、私たちの太陽と同じくらいの大きさの恒星(こうせい)が存在していた。地球からは銀河系の中心をはさんでちょうど反対側にあたるので、その存在を確かめることは出来ない。その恒星は七つの惑星を従えていた。その中のひとつ、第四惑星は地球によく似ていて、グリークと呼ばれていた。
 グリークには海があり、白い雲と青い海が暗闇(くらやみ)の宇宙に美しい輝きをはなっていた。両極地には、地球でいう北極のような氷の大陸が存在していた。でも、地球にあるような大きな大陸はなく、大小様々な島が点在しているだけだった。いくつかの島は火山島になっていて、今も煙を噴き上げている。時には、大きな噴火もあるようだ。
 海の中には豊かな生態系が作られていた。点在する島々にも、荒涼(こうりょう)とした場所もあるが、深い森で覆(おお)われている島もあった。その森の中、埋(う)もれるように石組みの遺構(いこう)がわずかに顔を出していた。かつて、この星には文明が存在していたようだ。
<つぶやき>宇宙、それは誰もがあこがれる世界。みなさんも空想の翼をひろげよう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:002「惑星グリークⅡ」
 グリークでは数千年に及ぶ大きな地殻変動や気候の変化によって、陸地が少しずつ海に飲み込まれていった。この星の住民たちは、長い時間をかけて海に生活の場を移すようになった。海上に人工の島を作り、そこで暮らすようになったのだ。
 文明の発達により人口は増えつづけ、小さかった街はどんどんふくれあがった。今ではいくつのも海底都市を作り上げるまでになっている。
 たいていの海底都市はピラミッドのような構造で、上部が海上に突き出ていて人工の島になっている。そこには空港や港が整備され、他の都市との交通の拠点(きよてん)になっている。また、いくつもの浮島をつなぎ合わせて作られた人工の島もあり、そこでは主食となる植物の栽培や、家畜などが飼育されていて、食料生産の要所(ようしよ)となっている。この島は季節によって移動していて、いつも最適な環境で食料を生産していた。
 青みがかった空を見上げると、そこにはイセアと呼ばれている恒星が光り輝いている。恒星との距離が離れているので、地球の気温と比べるとずいぶん寒く感じるだろう。
 グリーク人はとても友好的で、好奇心旺盛な人たちだ。他の星の文化や技術を取り入れ、自分たちが使いやすいように改良してしまう。それだけではない。独得の発想で、まったく新しい技術や考え方を生み出していた。貿易にもその才能が生かされいる。宇宙のあらゆる物資が取引され、いろんな星の人たちが訪れていた。
 今のグリークは誰もがうらやむほど、平和で豊かな星になっている。
<つぶやき>豊かな暮らしの陰には、別の世界があるものです。事件はそこから始まる。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

連載物語End