書庫 読切物語1~

読切物語Top

T:001「バー・マイロード」
 静かなジャズが流れるバーの店内。初老のマスターとアルバイトの孫娘が働いていた。ほとんどが常連の客ばかりで、落ち着ける雰囲気のある、隠れ家のような店である。
 今日は暇なようで、孫娘の真奈がカウンターの隅の席に座って、分厚い本を読んでいた。マスターは最後の客にウーロン茶を出すと、
「そろそろ、店仕舞いにしようか」と孫娘に声をかけた。
「はーい。じゃあ、表の看板、片付けてくるねぇ」真奈はそう言うと外へ出ていった。
「ちょっと見ないうちに、ずいぶんきれいになったね」ぽつりと客がつぶやいた。
「そうですかね。まだまだ子供ですよ」マスターはそう言って微笑んだ。
「僕が最後に会ったときは、まだ高校生じゃなかったかな」
「今は大学で、小難しい勉強をしているみたいですよ」
「そうか…。もうそんなに…」客は昔のことを思い出そうとしているのか、店内をぐるりと見回して、「もう三年か…。でも、この店はちっとも変わりませんね」
「そうですね。私とおなじで、変えようがありませんから」マスターは笑いながらそう言うと、一枚の写真を客の前に差し出した。
 写真を見て客の顔色が一瞬変わった。客はそっとその写真を手に取り、「幸恵…」とつぶやいて、「この写真は、あの時の…」
「はい。最後に奥さんとお見えになったとき、記念にと、お撮りしたものです。ずっと、お渡しすることができなくて」
「いつ来るか分からないのに、残しておいてくれてたんですか?」
「ええ、記念ですから」マスターはそう言うと、「また、お二人でおいで下さい」
 客は顔をくもらせて、「幸恵は、もういないんですよ」写真のなかで微笑んでいる妻をいとおしそうに見つめながら、「病気だったんです。この日は、入院する前の日で…」
「そうだったんですか。それは、失礼しました」
「入院して、一ヶ月もたたないうちに逝ってしまいました。また、この店に来ようって、約束してたんですがね」客は、悲しそうに笑みをうかべた。
 真奈が表の片付けを終えて戻ってくると、「おじいちゃん、今夜はきれいな月が出てるよ」そう言って、屈託のない笑顔をふりまいた。マスターは困り顔で、
「お客さんの前では、マスターと呼びなさい」と注意をして、カクテルを作り始めた。
真奈は「はーい。ごめんなさーい」と言って、客に笑顔を向けて、また本を読み始めた。
 客はしばらく写真を見つめていたが、残っていたウーロン茶を飲みほすと、「そろそろ、帰ろうか」とつぶやいて、立ち上がった。マスターは「もう少しだけ」と言って客を呼び止めて、カウンターにグラスを二つ並べて、作っていたカクテルを注ぎ入れた。
「僕は、アルコールは…」客がそう言うと、
「これは、店からのサービスです。奥さんのお気に入りでしたから…。ゆっくりしていって下さい。まだ、時間はありますから」
 心地よいジャズが流れる店内で、二人ですごした思い出が、心にあふれだしていた。
<つぶやき>心にしみる思い出をいっぱい残して、逝きたいものです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:002「ありがとう」
 初夏の晴れた日。今日は大吉と涼子の結婚式当日。支度を終えた涼子は、花嫁の控え室でドキドキしながら式の始まるのを待っていた。大吉も一人、控え室で落ち着かない様子。二人が結婚を決意するまでには、いろいろなことがあったのだろう。
 大吉には一つだけ心残りがあった。それは、いちばん喜んでほしかった妹を、ここに呼ぶことができなかったこと。もう、七年も音信不通のままになっていた。
 控え室のドアをノックする音で、大吉は我に返った。もう式の始まる時間である。きっと式場の人が呼びに来たのだと思い、大吉は「どうぞ」と声をかけた。しかし、誰も入っては来なかった。大吉は誰かが悪戯でもしたのかと、ドアを開けてみた。
 「えっ…」大吉は思わず声をあげた。ドアの外には、きれいに着飾った若い女性が立っていたのだ。それも、見覚えのある。
「お兄ちゃん…」その女性は、恥ずかしそうにそう言って、「元気にしてた?」
「あゆみ…。おまえ……」あまりの驚きに、大吉は言葉が出なかった。
「お兄ちゃん、結婚するんだ」あゆみは控え室に入って、大吉の服装をチェックしながら、「なかなか、格好いいじゃない」
 大吉はたまっていた思いを吐き出すように、「おまえ、どこにいたんだ! お兄ちゃん、どれだけ心配したか。急に家、飛び出して。それで…、みんな…」
「ごめんね。勝手なことばっかりして…」
 あゆみは大吉の胸に飛び込んだ。大吉も優しく妹を抱きとめた。ひとしきり兄の胸で泣いたあゆみは、「お兄ちゃんに、言っておきたいことがあるの」
「そんなことより」大吉はあゆみの手を取り、「母さんに顔を見せてやれ。どれだけ会いたがっていたか」あゆみはその手を振りほどいて、「もう、時間がないの」
「なに言ってるんだ。じゃ、俺が呼んできてやるよ」
「待って! ねえ、聞いてよ。私の話を」
 大吉は、妹の真剣な表情に足を止めた。
「私、お兄ちゃんから、いろんなものをいっぱいもらってたんだよね。小学校の運動会のとき、一番大きな声で応援してくれた。中学で陸上部に入ったときも、お兄ちゃんが励ましてくれたから、最後まで走れたの。大学の受験を失敗したときも、ひと晩中、側にいてくれたよね。それなのに私…。でもね、ずっと帰りたかったんだ。帰りたかったけど…」
「もう、いいよ。おまえは…、ちゃんと帰って来たじゃないか」
「今まで、ありがとう。こんなダメな妹だったけど、ほんとに、ありがとう」
「なに言ってるんだよ。おまえは俺の大事な妹じゃないか。そんなことは…」
 大吉はドアのノックの音で目が覚めた。いつの間に眠ってしまったのだろう。ただ、妹のぬくもりがまだ手に残っているようで、どうしても夢だとは思えなかった。
 大吉のもとに訃報が届いたのは、結婚式から一週間後だった。妹の友人が遺品の整理をしていて、大吉の住所を見つけたのだ。重い病気にかかり入院して、結婚式のあった日に昏睡状態になり、数時間後に息を引き取ったそうである。
<つぶやき>大切な人って、知らない間に心の奥に入り込み、気づくとそこにいるんです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:003「記念写真」
 とある山の頂上付近に、一本の樫の大木が立っていた。そこからは遠くまで見渡せて、なかなかの眺めである。ここは有名な観光地でもなく、ハイキングコースにもなっていなかった。
 初夏の晴れた日。樫木の前で三脚を立てている初老の男がいた。毎年、同じ日に夫婦そろってこの場所に来て、記念写真を撮っていたのだ。もう三十年以上も続けている行事で、幸いなことに<悪天候で延期>になったことはなかった。この夫婦には二人の娘がいた。娘たちが小学生の頃までは、いつも一緒に写真を撮っていた。でも、娘たちが成長するにつれ、あまりついて来なくなった。娘たちは思っていたのかもしれない。この日は両親にとって特別な日だから、二人だけにしてあげようと。そんな娘たちもいまは嫁いで、ここ数年は夫婦二人だけに戻ってしまった。
 でも、今年はいつもと違っていた。半年前に妻が亡くなってしまったのだ。一人になってしまった男は、気が抜けてしまったように見えた。父親のことを心配した娘たちは、なにかにつけて実家に顔を出すようになった。可愛い孫たちを引き連れて。その甲斐あってか、男は元気を取り戻した。遊び回っている孫たちの笑顔を見ていると、生きる力がどこからか不思議とわいてくるのだ。
 男はもう記念写真を撮るのは止めようと思っていた。でもその日になってみると、早く目が覚めてしまってどうにも落ち着かない。妻の位牌に手を合わせて、「今日はどうしようか?」と訊いてみた。そんなこんなで、やっぱり今年も来てしまったのだ。
 男はカメラを覗いて、いつもの場所にピントを合わせた。本当ならそこには妻が立っていて、あれこれと注文をつけているはずなのに…。そう考えると、男はなんとも言えない淋しさを感じた。カバンから妻の写真を取り出すと、「さあ、撮るよ。今年も良い天気になってよかったね」とつぶやいて、カメラをタイマーに切り替えた。
 ふと、誰かに呼ばれたような気がして男は振り返った。見ると、娘たちがまだ小さな子供たちを連れてこちらへ登って来ていた。孫たちはおじいちゃんを見つけると手を振った。
「お前たち、どうしてここに?」やっとたどり着いた娘たちに男は声をかけた。
「やっぱり来てた」長女はそう言うと、「どう、私の言ったとおりでしょう」妹に向かって自慢気につぶやいた。
「はいはい。さすがお姉ちゃん。まいりました」妹は芝居がかった口調で答えると、姉妹二人で子供に戻ったように笑いあった。
 孫たちはあっけにとられている男に駆け寄ってきて、来る途中で摘んできた花を手渡した。男は孫たちのことを心配して、「大変だったろう。疲れやしなかったか?」
「大丈夫よ。私の娘だもの」次女はそう言うと、「私も小さい頃、ここに来てたじゃない」
「ねえ、いっしょに写真撮ろうよ。いいでしょう、お父さん」長女はそう言うと、子供たちをいつもの場所に連れて行き、並ばせ始めた。
「ちょっと、お姉ちゃん。そっちは私の場所でしょ。間違えないでよね」
 男はまるで昔に戻ったようで、しばらく二人のやりとりを見つめていたが、
「よし。じゃあ撮るぞ。今年は、良い写真が撮れそうだ」
<つぶやき>家族って、いるのが当たり前で…。だから、たまには抱きしめてあげよう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:004「お嬢様教育コース」
「ここは何処よ!」ファッションモデルのように着飾った若い女性が叫んだ。「エッフェル塔は? 凱旋門は何処にあるのよ!」
 あたりには灼熱の風が吹きわたり、彼女は目がくらみそうになった。よろよろとタラップを降りると、まわりをぐるりと見わたした。そこは、荒涼とした荒れ地の中で、空港のさびれた建物と、何軒かの小さな家が点在しているだけだった。彼女はどこまでも続く大地を、ただ呆然と見つめていた。突然、不安な気持ちがこみ上げてきて体が震えた。
「ここ、ガルバね」と一人の男がにこやかに近づいて来て言った。
「ガルバ…」女は男に駆け寄り、「ガルバってどこよ! ここはフランスでしょう?」
「なに言ってる。ここはアフリカの秘境あるよ」
「アフリカって…。なんで…、何でよ。私は…」
「なにも心配ないよ。私が、ちゃんとお世話するね。どうね、良い景色でしょう」
「どこがよ。何にも無いじゃないの!」女は頭をかきむしった。そして、思いついたように叫んだ。「吉田! どうなってるのよ。ちゃんと説明…」
 彼女が振り返ったとき、ちょうど自家用飛行機が飛び立つところだった。
「ええ、なんでよ…」彼女は思わず走り出した。でも、追いつくはずもなかった。滑走路には彼女の荷物がひとつ、ぽつんと取り残されていた。
「私、ちゃんと吉田さんに頼まれたね」男はそう言うと、滑走路に倒れ込んでいる女を抱き起こし、「心配ないよ。私が、ついてるね」
「なに言ってるのよ」女は男の手を振りはらい、「私はパリに行くの。パリが私を待ってるのよ。絶対、行くんだから…行くんだから…」女は何度もそうつぶやきながら歩き出した。
「ちょっと、待ちなさい。こっちね」男はそう言うと、女から荷物をつかみ取り、「あの飛行機、一ヵ月後しか戻ってこないよ。それに、次の定期便が来るの、たぶん二週間後ね」
「じゃ、チャーターしなさい。お金はいくらかかってもいいわ。カードだって…」彼女はそう言うと、肩から提げたポーチの中を探し始めたが、「ない。何で、ちゃんとここに…」
「ここ、お金、使わないよ。物々交換ね。もちろん、カードもだめよ」
「物々交換?」女は顔をひきつらせて、「なにそれ。じゃあ、どうするのよ」
「あなた、ここで仕事する。そういう約束ね。私、きいてる」
「そんなの、知らないわよ! いいわ、パパに電話して…」
「さあ、出発ね」男は女の腕をつかむと歩き出し、「早くしないと、夜になってしまうよ」
「行くって、どこによ。私は、どこにも行かないわよ。ここのホテルに泊まるから」
「ホテルなんてないよ。あなた、私の家に住む。ちゃんと、みんな待ってるね」
「待ってるって…。どういうことよ。ちゃんと説明してよ!」
 男は埃まみれの車に彼女を押し込むと、「あなたが来てくれてほんとによかったよ。今、収穫の時期。人手、欲しかったね。これから一ヵ月、とっても楽しみね」
「一ヵ月って…。これからどこへ行くのよ」女はか細い声で言った。
「そう、六時間ほど走れば、村に到着ね」そう言うと、男は猛スピードで車を発進させた。
<つぶやき>お金では手に入らないものが、見つかるかもね。がんばれ、お嬢様!
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:005「夢の中の君」
 夜中の二時、慎吾は夢にうなされて目を覚ました。ここ一週間というもの、毎晩おなじ夢をみていた。いま住んでいるアパートにいて…。その部屋は、家具の配置から何もかも現実とまったく変わらなかった。ただ違うのは、小夜という名の女がいて…。夢の世界では、その人と結婚していて、一緒に食事をしたり、たわいのない話をしていたようだった。<ようだった>と言うのは、慎吾自身、断片的にしか夢を思い出せないのだ。でも、とてもリアルな、本当に二人で暮らしている感覚が、目が覚めてからも消えずに残っていた。
 慎吾には結婚を約束している彼女がいた。とても明るくて優しい女性で、もとは同じ職場で働いていたのだが、今は配属が変わって別の課になってしまった。
「ねえ、大丈夫?」目を覚ました慎吾に、ひかるは優しく声をかけた。「今日は病欠だって聞いて、びっくりしちゃった。昨夜も、なんかおかしかったし、心配したんだからね」
「ひかる? どうして…」慎吾はうつろな目でひかるを見つめた。
「ふふ…、合い鍵、使っちゃった。ねえ、何か作ろうか? お腹、すいてるでしょ」
 ひかるはそう言うと、スーパーの袋を持ってキッチンに入って行った。ひかるは何度もここで料理をしているので、どこに何が置いてあるのかすべて分かっていた。でも、今日に限ってその配置が変わっていた。「ねえ、置き場所、変えたの? いつもと違うわ」
 ひかるはあちこち探し回ったりして手間取ったが、手際よく調理をすませると、
「慎吾、出来たわよ。起きて」ひかるはうつらうつらしている慎吾に呼びかけた。
 慎吾はだるそうに身体を起こすと、「ああ…、お帰り。小夜」とつぶやいた。
「なに?」ひかるはちょっと首をかしげたが、「もう、寝ぼけてるでしょう」と聞き流した。
「えっ、僕、何か言ったか?」慎吾はひかるの顔をじっと見つめて、「君は…」
「ねえ、ほんとに大丈夫? 病院、行った方がいいんじゃない?」
「ああ、大丈夫だよ。薬のせいさ。それで、ぼうっとしているだけさ」
 ひかるはますます心配になってきた。ここ一週間、彼の行動が変なのだ。二人で話をしていても、急に眠ってしまったり。二人で行ったことのない場所なのに、一緒に行ったみたいに話をすのだ。もちろん、ひかるには身に覚えはない。だが、話をよく聞いてみると、それは昔の話しではなく、ごく最近の話なのだ。もしかしたら、他に誰かと付き合っているの…。ひかるはそんな考えがうかぶたびに、<そんなことない>と打ち消してきた。
「やっぱり、病院に行こうよ。これ食べたら、私が連れてってあげる」
「でも、僕はここにいないと」慎吾はひかるの作った食事をゆっくりと食べながら、「もうすぐ、帰ってくるんだ。だから、待っててあげないと」
「えっ、誰が来るの?」ひかるは不安になって、「はっきり言ってよ」
 その時、玄関の扉が開いた。慎吾は玄関に目をやり、「お帰り。小夜」と言って微笑んだ。
 ひかるが驚いて振り返ると、そこには見たことのない女が立っていた。
「あなた」女は慎吾をそう呼ぶと、「起きてて大丈夫なの? 寝てないとだめだよ」
 ひかるは意識が遠くなっていくのを感じた。ふっと手を見ると、向こう側が透けて見えた。そして、ひかるの身体も透き通ってきて、ついに夢のように消えてしまった。
<つぶやき>自分は本当にそこにいるのか、それとも…。自分の存在に自信あります?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:006「幸せの一割」
「ねえ、ここに置いといた今月分の家賃、持っていったでしょう。返して!」
「いいだろ。金がいるんだ。また、銀行からおろしてこいよ」
 安男はそう言うと、ふいと出て行ってしまった。残された佐恵子はため息をついた。
 二人は付き合い始めて五年。安男は、以前はとても優しい男だった。それが、一緒に暮らすようになると、彼はまったく働かなくなり、遊ぶ金欲しさに佐恵子に無心する始末。さっさと別れてしまえばいいのだが、彼女にはその決断をすることが出来なかった。
 銀行への道すがら、佐恵子は不思議な占い師に出くわした。その女占い師は客待ちしているでもなく、分厚い洋書を開いて、読むでもなく目を落としていた。
「ちょっと、あんた」と占い師は、ちょうど前を通りかかった佐恵子を呼び止めた。
「あんた、悩み事があるね。占ってあげよう。ここに、お座りなさい」
 佐恵子は言われるままに、ふらふらと座ってしまった。まるで、何かに引き寄せられるように。占い師は大きな天眼鏡で佐恵子の顔を覗き込んだ。
「なるほど」と占い師はつぶやいて、「男が悩みのタネか…」
「えっ、わかるんですか? 私の…」
「これでも占い師のはしくれだからね。今の男との相性は悪くはない。ただ、位置がよくないね。このままだと、どちらかが傷つくよ。ひとつ、私の言う通りにやってみるかい。そうすれば、運気が変わるかもしれない」
 占い師は彼女に助言を与えた。それは、いつでも笑顔でいること。そして、彼の言うことは何でもかなえてあげること。これを聞いて、佐恵子はまた、ため息をついた。
「お金のことなら心配ないよ」と占い師は言った。「それと、見料だけど。あんたの幸せの一割をいただくよ。それでいいかい」
 佐恵子はわけも分からずうなずいた。何だかキツネにつままれたような、変な感じだ。
 占い師と別れた彼女は銀行でお金をおろし、ふと通帳を見て驚いた。預金の残高が増えていたのだ。通帳をよく見ると、エンジェルの名で大金が振り込まれていた。
「まさか、あの人が…」と佐恵子はつぶやいた。「エンジェル?」
 佐恵子は占い師に言われたように、その日から実行することにした。いつも笑顔で、そして彼の言うことは何でもかなえてあげた。すると不思議なことに、安男は毎日きちんと帰ってくるようになり、喧嘩をすることもなくなった。でも、まだ佐恵子は不安だった。
 佐恵子はふっと、別れぎわに占い師が言った言葉を思い出した。
<最後の仕上げは、何でもいいからお願い事をしてごらん。まず、些細なことからはじめて、少しずつ増やしていくんだ。そこまで行けば、もう男はあんたのものさ。>
 安男は初めのうちは嫌々だったが、そのうち、安男の方から用事はないかと聞くようになった。この頃にはもう、安男は以前の優しい男に戻っていた。仕事もするようになり、生活にゆとりが戻ってきた。そこで、佐恵子は一番のお願いをした。「私と結婚して!」
 この後、二人は幸せに暮らした。でも、佐恵子にはひとつ悩みが残った。それは、あの時の占い師に見料をどうやって払えばいいのか。あれ以来、一度も会えないままなのだ。
<つぶやき>こんな占い師がいたら、私にも良い人が見つかるかも。会ってみたいなぁ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:007「最強の彼女」
 やよいは両親を早くに亡くして、母方の祖父母のもとで育てられた。祖父母の家は道場をやっていて、柔道や空手、剣道、居合道、なぎなたなど、あらゆる武術を教えていた。やよいは淋しさを紛らわすように、小さい頃から武術の稽古に熱中した。そして、今では師範と呼ばれるほどに成長し、屈強の男でも彼女には太刀打ちできなかった。
 やよいは母親に似て可愛い顔立ちで、おしとやかとはいえないが優しい心を持っていた。でも、やよいと付き合おうとする男たちは、彼女の最強ぶりを知ると、怖じ気づいてしまうのかすぐに逃げ出した。そこで、やよいは決心した。今度付き合う彼には、絶対に強いところは見せないと。そして、おしとやかな女性になるために、お茶やお花を習い始めた。
 出会いは突然おとずれた。習い事の帰り道、やよいは引ったくりに襲われた。いつもなら簡単にねじ伏せてしまうのだが、着物を着ていたし、油断もあったのでひっくり返ってしまったのだ。ちょうどそこに居合わせた人が、犯人に体当たりをしてバッグを取り戻してくれた。その人はやよいを助け起こすと、バッグを手渡した。やよいはその人の顔が間近にきたとき、その優しそうな眼差しにうっとりとした。道場に来ている厳つい男たちとは、あきらかに人種が違うのだ。
 やよいのアタックは素早かった。口実を作って彼の連絡先を聞き出すと、毎日のように電話した。そして、いつの間にか二人の気持ちはつながった。やよいは彼と一緒にいると、居心地がよすぎて時間を忘れてしまうほどだ。でも、腕力だけは見せないように細心の注意をはらった。それでも、思わずお皿をへし折ったりしたが、そこは上手くごまかした。
 付き合い始めて一年目のこと。「結婚しようか」と彼が口にした。やよいは突然のことに、何度も聞き返した。そして彼女は、涙ぐみながらも、「はい」と返事をした。
 その日、やよいは夢見心地で家に帰った。家では、強面の男たちが彼女を出迎えた。彼らは道場で修業している弟子たちで、一緒に暮らしていて家族同然の存在だった。彼らを目にして、やよいは我にかえった。<結婚するってことは、彼をここに連れてきて…>
「わーっ!」やよいは思わず叫んだ。「どうしよう。また、嫌われちゃうわ」
 朝まで、やよいは一睡もできなかった。悩んで、悩んで、悩んだあげくに、彼女は心を決めた。彼に本当のことを言おう。彼なら私のことを受け止めてくれる、そう信じた。
「あの…、あのね」やよいは彼を前にして口ごもった。いざとなると、最悪の状況が頭に浮かび、この場から逃げ出したい気持ちでいっぱいになった。
「今度さ、僕も習い事を始めようと思って」と彼は照れくさそうに言った。「ほら、やっぱり健康が一番だろ。得意先の近くに、いい道場を見つけたんだ」
「道場!」やよいは思わず叫んだ。「えっ、何をやるのよ?」
「子供の頃、少しだけ柔道をやってて。そこの道場、初心者にも教えてるみたいなんだ」
「そうなんだ。柔道、やってたんだ。知らなかったわ」やよいは少しだけほっとした。
「鬼塚道場っていって、たぶん君の家の近くだと思うんだけど。知ってる?」
 やよいは道場の名前を聞いて凍りついた。<鬼塚道場って、私の家じゃない!>
<つぶやき>正直が一番なんですけど。誰にでも知られたくないことってありますよね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:008「女の切り札」
 純子は一人、部屋でパソコンとにらめっこをしていた。彼女はフリーのライターをしているのだが、締切が間近に迫っていてあせっていた。今、彼女の頭の中は完全に煮詰まっていて、昨夜から一睡もしていないのだ。こんな時、彼女は豹変する。
「ただいまぁ…」夫の隆が残業を終えて、静かにドアを開けて帰ってくる。
 この二人、最近結婚したばかりなのだが、彼女の仕事が立て込んでいて、いまだに新婚生活を味わっていなかった。この部屋も彼女が引っ越しが面倒だと言うので、彼の方から越してきたのだ。でも、隆は満足していた。だって、彼が住んでいた部屋より、こっちの方が断然広いのだ。
 彼は純子の仕事について理解しているつもりだった。でも、一緒に住んでみて、その大変さに驚いた。だから、彼女が仕事に没頭しているときは、家事のほとんどを彼が担当することになった。
 今日も仕事中に彼の携帯が鳴り、夜食の買い物を言いつけられた。でも、彼はそれを嫌がることはなかった。隆は純子のことを愛していたし、大切に思っていたのだ。
 彼は純子の仕事部屋をちらっとのぞいてから、キッチンへ向かった。テーブルの上にエコバッグを置き、流しを見て驚いた。昼食の残骸が無残にも投げ込まれていたのだ。
 彼はため息をついた。その時、突然後ろから声がした。「何なのこれ?」
 隆が振り返ると、穴蔵から抜け出したような、うつろな目をした純子がエコバッグからカップ麺を取り出していた。その目には、ただならぬものが感じられた。
「私は醤油味を頼んだのよ。何でとんこつ味を買ってくるの?」
「だって、ちょうど売り切れてたから」隆はヤカンに水を入れながら答えた。
「私は今、醤油味を食べたいの。それ以外あり得ないから」
「いいじゃない。これだって美味しいって、このあいだ…」
「そりゃ、とんこつも美味しいわよ。でも、今は醤油なの。醤油味を食べたいの!」
「そんなのいいじゃん。美味しけりゃ、同じだって」隆は無頓着な人間のようだ。
「買ってきて」純子はエコバッグを隆に突きつけて、「今すぐ買ってきて!」
 隆は純子のわがままには慣れっこになっていた。でも、何故か今日はぷつっと切れた。
「お前な、いい加減にしろよ! 前から言いたかったんだけど…」
「なによ」純子は動じる様子もなく、彼を睨みつけた。隆は一瞬ひるんだが、
「前から言いたかったんだけど…、朝食の目玉焼きに醤油なんかかけるなよ。目玉焼きはケチャップだろ。僕がせっかく美味しく作ってるのに…」
「なに言ってるの」純子は鼻で笑って、「目玉焼きは醤油じゃない。常識でしょ。それより、早く行ってよ。15分だけ待っててあげる。もし、ちょっとでも遅れたら、もうこの部屋には二度と入れないから」
「何だよ…」隆は背筋に冷たいものが走るのを感じた。今の彼女は何をするかわからない。
「分かった。行ってきまーす」隆はそう言うと、部屋から飛び出していった。
<つぶやき>隆、負けるな。いつかきっと、報われる時が来るから。たぶん…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

読切物語End