書庫 ブログ版物語501~

ブログ版物語Top

T:0501「再生のきざし」
 私の家族(かぞく)には問題(もんだい)がある。父はリストラで、ただいま就活(しゅうかつ)中。毎朝出かけるのだが、どこへ行っているのか未(いま)だに仕事(しごと)は見つかっていないようだ。母はアイドルグループにはまり、家事(かじ)を放棄(ほうき)。追(お)っかけをやっているようで、家で顔を見ることは滅多(めった)にない。兄は仕事のストレスから、部屋に引きこもったまま出ようとしない。弟(おとうと)は彼女に夢中(むちゅう)で、バイト代の全(すべ)てを貢(みつ)いでいる。
 家族の中で、私だけだ。この家を守るために必死(ひっし)に働(はたら)いているのは。いくつものパートをかけ持ちし、なりふり構(かま)わず休みなしに――。でも、私がいくら働いても、この家の家計(かけい)はすでに破綻寸前(はたんすんぜん)まで来ていた。私も、もう限界(げんかい)。こんな生活(せいかつ)から逃(に)げ出したかった。
 彼に巡(めぐ)り合ったのは、そんな時だ。彼とは仕事場で出会い、彼のちょっとした優(やさ)しさに、私の心は癒(いや)された。彼と一緒(いっしょ)に働いている時間が、私にはとても大切(たいせつ)なものになった。
 私たちが恋(こい)に落ちるのに、さほど時間はかからなかった。いつしか二人で未来(みらい)を語り、幸せにみちた家庭(かてい)を夢(ゆめ)みていた。実現(じつげん)なんかするはずもないのに…。
 出会ってから一か月。彼は私にプロポーズした。……結婚(けっこん)。今の私には、一番縁(えん)の無い言葉だ。私は思わず、この甘(あま)い言葉にすがろうとした。でも、それはできない。そんなことをしたら、私の家族は崩壊(ほうかい)してしまう。私は、首(くび)を横に振った。涙(なみだ)で彼の顔が見えない。
 彼は私を優しく抱(だ)きしめて言った。「君(きみ)の荷物(にもつ)を、僕(ぼく)に分けてください。二人なら乗り切れるから。僕は、いつも君のそばにいるよ。君をちゃんと守るから」
<つぶやき>辛(つら)いときに優しく手を差しのべてくれる。そんな人がいてくれたらいいのに。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0502「ワンシーン」
「ねえ、暑(あつ)いわ。あたしたち、どこまで歩けばいいのよ」
 女は照(て)りつける陽射(ひざ)しを気にしながら言った。男はただ黙々(もくもく)と歩いている。
「聞いてるの? あたし、日陰(ひかげ)が欲(ほ)しい。雲(くも)を出してよ。あなた何だってできるんでしょ」
 女は男に無理難題(むりなんだい)をふっかける。男はそれを聞き流(なが)し、女を励(はげ)ました。陽射しはどんどん強くなり、足元(あしもと)の砂(すな)を熱(ねっ)し続ける。まるでフライパンの上を歩いているようなものだ。
「ねえ、喉(のど)が渇(かわ)いたわ。水をちょうだい。水筒(すいとう)の中にまだ入ってるんでしょ」
 男は首(くび)を振り、水筒をカラカラと振った。女は立ち止まり、溜息(ためいき)をつく。男は女の手を取り、優(やさ)しく引き寄せた。そして、女の耳元(みみもと)で囁(ささや)いた。
「もう少しだ。もう少しでエンドロールが入るから。そしたら、二人でオアシスへ行こう」
 女は驚(おどろ)いて男を押(お)しやり、「何で! これで終わりなの? あたしたち、歩いてるだけじゃない。恋が始まるわけでもないし、アクションシーンだって何ひとつないじゃない。それに、カメラはどこよ。スタッフの影(かげ)すらないじゃない」
 男は女をグッと抱(だ)きしめて言った。「ダメだよ。短気(たんき)を起こしちゃ。ここまで歩いてきたことが無駄(むだ)になってしまう。――僕(ぼく)たちの恋はこれから始まるんだ。ここからがクライマックスだ。さあ、最高の笑顔を見せてくれ。カメラは一キロ先で君(きみ)を――」
<つぶやき>二人はなぜ砂漠(さばく)を歩いているのでしょう。本当に映画の撮影(さつえい)だったのかな?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0503「運命の人?」
 ここ数日、毎晩(まいばん)のように同じ夢(ゆめ)を見た。女性と一緒(いっしょ)に暮(く)らしている夢だ。これが新婚生活(しんこんせいかつ)なのか?――僕(ぼく)は四十(しじゅう)に手が届(とど)くところまで来ている。今さら結婚なんか望(のぞ)まないし、一人でいる方が気楽(きらく)でいいと思っていた。それが何でこんな夢を…。
 原因(げんいん)は分かっている。先週、叔母(おば)がお見合(みあ)い話を持って来たのだ。僕は断(ことわ)りたかったが、強引(ごういん)にお見合いを設定(せってい)されてしまった。相手(あいて)の写真(しゃしん)も見せてもらえないし、「良い娘(こ)よ。年齢(とし)だってそんなに離(はな)れてないし」それだけのことしか教えてもらえなかった。
 お見合いの日。僕は大(たい)して期待(きたい)などしていなかった。一緒(いっしょ)に食事(しょくじ)をするだけだし、当(あ)たり障(さわ)りのない会話(かいわ)をして、それで叔母の顔も立つだろう。
 約束(やくそく)のレストランへ行ってみると、もう相手は来ていた。叔母の横で伏(ふ)し目がちに女性が座(すわ)っていた。これが、例(れい)の良い娘(こ)なのか。僕は席(せき)につくと、女性の顔をじっくりと観察(かんさつ)してみた。見れば見るほど、どこかで見覚(みおぼ)えのあるような…。自己紹介(じこしょうかい)で彼女が顔を上げたとき、僕ははっとして思わず声を上げた。その顔は、夢に出て来た女性とそっくりだ。
 それから一年後。僕は結婚(けっこん)した。でも、妻(つま)はお見合いの相手ではない。あの時は、運命(うんめい)の女性かと思ったが、すぐに相手からお断(ことわ)りの連絡(れんらく)が来た。さすがに、その時はヘコんだし、もうお見合いはしないぞと思ってしまった。でも、ひょんなことから別の女性とお付き合いすることになり、結婚へと…。不思議(ふしぎ)なことだが、最近、妻の顔が夢に出て来た女性の顔に似(に)てきた気がする。やっぱり、あれは正夢(まさゆめ)だったのだろうか?
<つぶやき>夢ほど不確(ふたし)かなものはないのかも。でも、まれに本当になってしまうことも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0504「おせっかい」
「で、どうして欲(ほ)しいんだ?」男は女に向かって言った。
 女はちょっと困(こま)った顔をして、「そんなこと急に言われても、思いつかないわ」
 男はじれったそうに、「君(きみ)が私を呼(よ)び出したんだ。何か言ってくれないと、こっちも引っ込みがつかないだろ。何かないのか?」
 男は女の顔をじっと見つめて、「あー、なるほど。男にひどく振(ふ)られた顔をしているなぁ。じゃあ、そいつに仕返(しかえ)しをしてやろう」
 女は慌(あわ)てて、「ちょっと待ってよ。あたし、別に振られてなんか…」
「えっ、そんなはずは…。じゃあ、あれだ。ずっと片思(かたおも)いの男がいて――」
「いません。そんな人、いないわよ」女は不機嫌(ふきげん)な顔をする。
 男は女の顔を覗(のぞ)き込み、「そんなはずはない。どう見たって、寂(さび)しい顔をしてるじゃないか。相手(あいて)は誰(だれ)だ? 俺(おれ)が、そいつを振り向かせてやろう」
 女はますます不機嫌(ふきげん)な顔になり、「あなた、何なのよ。もう、あたしの前から消えて!」
 一陣(いちじん)の風が舞(ま)い上がり、男は忽然(こつぜん)と姿(すがた)を消した。女は、手にした急須(きゅうす)を見つめた。
 そこへ、この店の主(あるじ)が顔を出して女に声をかけた。「なかなか良い急須でしょ。年代物(ねんだいもの)らしいんだがね。これを持ってると幸せになれるとか、なれないとか…。そんな曰(いわ)くがあるみたいだよ。本当かどうかは、分かんないけどね」
<つぶやき>欲(よく)のない人にとっては、魔法(まほう)の急須なんて必要(ひつよう)なかったのかもしれませんね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0505「しずく16~新しい家族」
 夜も更(ふ)けた頃(ころ)。廊下(ろうか)を足音を忍(しの)ばせて歩く人影(ひとかげ)があった。人影は玄関(げんかん)まで来ると、靴(くつ)を履(は)こうとしてそこへ座(すわ)り込んだ。その時だ。突然(とつぜん)、玄関の明かりが灯(とも)った。
 明かりの中にいたのは神崎(かんざき)つくね。彼女はビクッとして後ろを振(ふ)り返った。そこに立っていたのは、月島楓(つきしまかえで)。しずくの母親だ。楓は優(やさ)しく微笑(ほほえ)むと、つくねに言った。
「どうしたの? 高校生が出かける時間じゃないわよ」
 つくねは、ばつが悪(わる)そうに俯(うつむ)き加減(かげん)で答えて、「これ以上(いじょう)、迷惑(めいわく)をかけるわけには…」
「いいのよ、そんなこと。あなたはここにいなさい。これからは、ここがあなたの家よ」
 つくねは何だか分からないものがこみ上げてきて、目頭(めがしら)が熱くなった。何でこんな気持ちになるのか…、勝手(かって)に涙(なみだ)が溢(あふ)れてくる。楓はつくねの横に座って、優しく彼女を抱(だ)きしめた。つくねの気持ちが少し落ち着くと、楓は昔(むかし)を懐(なつ)かしむように囁(ささや)いた。
「ほんと、結月(ゆづき)にそっくりね。姉(ねえ)さんも、そんな風によく泣(な)いてたわ」
 つくねは自分の母親の名前を聞いて、思わず楓の顔を見つめて言った。
「どうして…、母のことを。――まさか、叔母(おば)さん…。叔母さんなんですか?」
 楓はつくねの頬(ほお)に手を当てて、涙をうるませた顔でおでこにおでこを押(お)し当てた。
「そうよ。ずっとね、あなたが来るのを待ってたんだから…。会えてよかった。もう、あなたは一人じゃないわ。私たち家族(かぞく)なんだから」
<つぶやき>そうなの? そうすると、しずくとつくねは従姉妹(いとこ)ってことになるんだよね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0506「誰でもない誰か」
 この会社(かいしゃ)には特別(とくべつ)な社員(しゃいん)がいる。どこの部署(ぶしょ)にも所属(しょぞく)せず、その社員の顔を知っている者は誰(だれ)もいない。だが、その存在(そんざい)は伝説(でんせつ)のように語り継(つ)がれている。
 ――好恵(よしえ)は思い悩(なや)んでいた。ある取引(とりひき)を任(まか)されたのだが、契約書(けいやくしょ)に不備(ふび)があり、会社に損失(そんしつ)が出るかもしれない。もしそうなったら、自分一人の責任(せきにん)ではすまされない。そんな時だ。伝説の<誰でもない誰か>の話を聞いたのは。その人に頼(たの)めば、どんなことでも解決(かいけつ)してくれるという。好恵は、藁(わら)にもすがる思いでお願(ねが)いすることにした。
 他の社員が帰ったあと、好恵は依頼書(いらいしょ)に自分の失敗(しっぱい)を告白(こくはく)し、助けてほしいと書き綴(つづ)った。自分の不甲斐(ふがい)なさに涙(なみだ)がこみ上げてくる。好恵は書き上げた依頼書を自分の机(つくえ)の上に置くと、必死(ひっし)に手を合わせた。伝説では、退社(たいしゃ)する時に依頼書を机の上に置いておけば、次の日にはすべて解決する。ということになっている…らしい。
 翌朝(よくあさ)、好恵はいつものように出社(しゅっしゃ)すると、あの依頼書は無(な)くなっていた。何だがホッとして、好恵の疲(つか)れた顔に安堵(あんど)の表情(ひょうじょう)が浮(う)かんだ。その時だ。部長(ぶちょう)の呼ぶ声で現実(げんじつ)に引き戻(もど)された。好恵は、恐(おそ)る恐る部長の前へ…。部長は、
「君(きみ)が担当(たんとう)していた例(れい)の取引なんだが、先方(せんぽう)の事情(じじょう)でダメになった。今まで頑張(がんば)ってくれたのに残念(ざんねん)だが、まあ仕方(しかた)がないさ。君には、別の仕事(しごと)を――」
<つぶやき>こんな人がいてくれれば助かるのに。でも現実はそんなわけにはいきません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0507「志願する」
「どうして、勝手(かって)にそんなこと決(き)めたのよ!」
 女は哀(かな)しみと怒(いか)りで混乱(こんらん)していた。男はそんなこと気にもかけないで答える。
「向こうへ行けば、もっと素敵(すてき)な女性がいるかもしれないだろ。だから志願(しがん)したんだ」
 女は男の腕(うで)にすがりつき、「そんな…。死んじゃうかもしれないのよ。それに、向こうへ行ったからって、あたしより良い女なんて――」
「心配(しんぱい)すんなよ。俺(おれ)はこっちで君(きみ)と付き合えたんだ。向こうへ行ったって上手(うま)くやってやるさ。俺には、その自信(じしん)がある。俺はモテる男なんだ」
 女は呆(あき)れて言った。「それは違(ちが)うわ。たまたま、あなたがあたしのタイプだっただけで…。あなた、他の女性と付き合ったことなんてないじゃない」
 男はなおも強気(つよき)な態度(たいど)だ。「それは違うぞ。君以上の女性がいなかっただけで、付き合おうと思えば、誰(だれ)とだって。――それに、もう決めたことだ。明日、ここを離(はな)れるから」
 女は男の顔をキッと睨(にら)むと、男の腕を押(お)しやって吐(は)き捨(す)てるように言った。
「だったら、もう二度と戻(もど)って来ないで! あたしは、他の人と一緒(いっしょ)になるから。後悔(こうかい)したって、あたし、知らないから! さあ、行きなさいよ。出てけ!」
 男は女に背(せ)を向けると、振り返りもせず、そのまま歩き出した。
<つぶやき>男は冒険(ぼうけん)を求(もと)めるのです。でも女を捨(す)てるだけの価値(かち)があったのでしょうか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0508「きゅんきゅん」
「ねえ、お願(ねが)いがあるんだけど…」彼女は彼を前にして言った。「わたしたち、最近(さいきん)マンネリになってると思うの。だから、きゅんきゅんしたいの。きゅんきゅんさせて」
 彼は、彼女が何を言っているのか分からず思わず聞き返した。「きゅんきゅんって?」
 彼女は不満(ふまん)そうに頬(ほお)を膨(ふく)らませると、じれったそうに言った。
「だから、ほらドラマとかで言うでしょ。胸(むね)がきゅんとなる台詞(せりふ)。もう、分かんないかなぁ」
「分かんないよ。俺(おれ)にどうしろっていうんだ?」
 彼は面倒(めんどう)くさそうな顔をする。突然(とつぜん)、彼女はドラマの主人公(しゅじんこう)にでもなったように、
「俺(おれ)、お前以外(いがい)の女に興味(きょうみ)なんかないよ。だから、お前も俺だけを見ていてくれ」
 彼女はそう言い終わると胸(むね)に両手を押(お)し当てて、「ああーっ、きゅんとくるーっ!」
 その様子(ようす)を見て彼は、「お前、大丈夫(だいじょうぶ)か? 変なもんでも食ったんじゃ――」
「あーっ、ひどい。何でそんなこと言うかなぁ。たまには、そういうこと言ってくれてもいいじゃない。あたしは聞きたいの。聞かせてよ」
 彼女は頑固(がんこ)なところがある。へそを曲(ま)げると大変(たいへん)だと思った彼は、仕方(しかた)なく彼女の言った台詞をくり返した。でも、彼の言い方が気に入らなかったみたいで、
「ダメ、ダメ。全然(ぜんぜん)、気持ちが入ってないよ。あたしへの愛はその程度(ていど)なの?」
 彼はやけくそになって、「俺は、お前に興味なんかないよ。……あっ」
 彼女は彼を睨(にら)みつけた。彼は言い間違(まちが)えただけなのだが…、この代償(だいしょう)は大きかった。
<つぶやき>好きな人に愛の言葉を言ってますか? さり気なく伝えてあげましょうね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0509「プライド」
 建太(けんた)はあかねを前にして諭(さと)すように言った。「いい加減(かげん)、あいつのこと離(はな)してやれよ。お前だって分かってるだろ。あいつが、お前のこと、もう好きじゃないって…」
 あかねは哀(かな)しそうな目を向けたが、ある決意(けつい)を持って口を開いた。
「そんなこと、分かってるわよ。でも、私の方が先なの。彼のこと、好きになったのは…。それなのに、何で私が…。私、別れないわ。あの娘(こ)には渡(わた)したくないの!」
「あかね、そんなことして何になるんだよ。もういいじゃないか」
「よくない! 私一人だけ、バカみたいじゃない。何でこうなるのよ。私は悪(わる)くないわ」
 あかねは感情(かんじょう)の高ぶりをグッとこらえるように唇(くちびる)を噛(か)みしめた。建太は震(ふる)える彼女の手を取りギュッと握(にぎ)りしめると、前よりも強い口調(くちょう)で言った。
「あいつのこと、もっと苦(くる)しめるつもりか。お前が好きになった男じゃないか」
「そうよ! だからなに?――私は、彼のこと好きなの。好きなのに…」
 建太はあかねの手を離(はな)すと、「そうだな。お前は悪くない。――でもな、このままだと、お互い傷(きず)つけ合うだけだ。あいつも妙(みょう)に優(やさ)しいとこあるから、お前を突(つ)き放(はな)せないし…。お前だって、それ分かっててわがままを通してるんだろ?」
「いけない? それぐらいいいじゃない。――私のこと嫌(きら)いになってもいいわ。だけど、絶対(ぜったい)、あの娘(こ)とは…。私にだって、意地(いじ)があるんだから」
<つぶやき>彼女の凍(こお)った心は溶(と)かせるのか。絡(から)んだ赤い糸はほどけそうにありません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0510「しずく17~はじまり」
 翌日(よくじつ)。つくねが従姉妹(いとこ)だと知ったとき、しずくは驚(おどろ)きの声を上げた。そして、今までどうして神崎(かんざき)つくねのことが気になっていたのか、やっとその理由(わけ)が分かった気がした。
 数日間は何事(なにごと)もなく過(す)ぎていった。アパート崩落(ほうらく)のニュースも、新聞記事に小さく載(の)っただけで騒(さわ)がれることはなかった。つくねも月島(つきしま)家の生活に慣(な)れてきて、もう家族(かぞく)の一員(いちいん)である。弟(おとうと)の貴志(たかし)は何だか複雑(ふくざつ)な気持ちのようで、ソワソワと落ち着かないようだ。無理(むり)もない。姉(あね)と違(ちが)って、こんな奇麗(きれい)なお姉(ねえ)さんを間近に見られるんだから…。
 学校では、相変(あいか)わらずつくねは一人でいることが多かった。従姉妹だということも、誰(だれ)にも話すなと口止(くちど)めをした。意識的(いしきてき)にしずくと距離(きょり)を取っているようだ。しずくにはそれが気に入らなかった。教室で話しかけても、家にいる時とは正反対(せいはんたい)に冷(さ)めた反応(はんのう)しか返ってこない。それに、家に帰るときだって一緒(いっしょ)に帰ろうとはしないのだ。
 事件(じけん)が起(お)こったのはそんな時だ。朝、教頭(きょうとう)先生が教室(きょうしつ)へ来てみんなを座(すわ)らせて言った。
「実(じつ)は、担任(たんにん)の山波(やまなみ)先生が、事情(じじょう)があって学校を退職(たいしょく)なさいました」
 教室中がざわついた。ちょっと頼(たよ)りない先生だったが、生徒(せいと)にはそこそこ人気(にんき)はあったようだ。だから辞(や)めたと聞かされて、信じられないという声があがったのだ。教頭は、
「静かに! そういうわけで、今日から新しい先生に来てもらいました」
 教室の扉(とびら)がガラガラと開いて、黒いスーツに黒髪(くろかみ)を長く伸(の)ばした女教師が入って来た。
<つぶやき>どうして先生は辞めてしまったのか。そして、新たに登場した女教師は何者?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0511「千年の恋?」
 男は街中(まちなか)でとある女に声をかけられた。その女は男を潤(うる)んだ瞳(ひとみ)で見つめて言った。
「ああ…、やっとお目(め)にかかることができました。この日をどれだけ待ったことか…」
 男は突然(とつぜん)のことに唖然(あぜん)とするばかり。女は男の手を握(にぎ)りしめると、
「お忘(わす)れですか? 私たち、千年前に結(むす)ばれるはずでした。でも、あなたのお父様(とうさま)の反対(はんたい)で二人の仲(なか)は引き裂(さ)かれ…。その時、あなたは約束(やくそく)してくださいました。もし生まれ変わることがあれば、来世(らいせ)は必(かなら)ず結ばれようと」
「ちょっと待ってください。僕(ぼく)は、あなたのことなんか知らないし、そんな約束――」
 女はさめざめと泣(な)いて、「ひどい、そんなこと…。でも、無理(むり)もないですわ。今まで何度も出会うことができたのに、あなたが小さな赤ん坊だったり、腰(こし)の曲(ま)がったおじいさんだったりして…。とても契(ちぎ)りを結ぶことなんて。でも、私はあなたのことを一時(いっとき)も忘れたことはありません。これでやっと、あの誓約(せいやく)を果(は)たすことが――」
「あの、ちょっと急いでるんで、失礼(しつれい)します」男は逃(に)げ出そうとする。
 女は行く手をさえぎって、「どうしてそんなひどい仕打(しう)ちを…。私はあなたの妻(つま)ですよ」
「ごめんなさい。絶対(ぜったい)、人違(ひとちが)いです。もう、声をかけないでください」
 男はそのまま行ってしまった。女は呆然(ぼうぜん)と男の後ろ姿(すがた)を見送って…。だが、女はめげなかった。千年の恋である。女はキョロキョロと他の男を物色(ぶっしょく)しはじめた。
<つぶやき>千年もたっているんです。好きな相手(あいて)の顔だって、憶(おぼ)えてなんかいられない。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0512「気がある」
 坂上(さかがみ)は課長(かちょう)になってひと月。ようやく中間管理職(ちゅうかんかんりしょく)にも慣(な)れ、部下(ぶか)からもそれなりの信頼(しんらい)を得(え)ていると自負(じふ)していた。でも、ただひとつ気がかりなことがあった。それは、倉田圭子(くらたけいこ)のことだ。部下の一人なのだが、どうやら坂上に気があるらしい。
 坂上がそのことに気づいたのはつい最近(さいきん)だ。坂上のことをそっと見つめていたり、お茶を出す時など意味深(いみしん)な笑(え)みを浮(う)かべる。そういうことに鈍感(どんかん)な坂上でも、これは誘(さそ)っているなと分かるほどだ。
 坂上は妻(つま)も子もある身(み)。だが彼も男である。気にしないでいようと思っても、どうしても目が彼女の方へ向いてしまう。このままでは仕事(しごと)に支障(ししょう)をきたしそうだ。彼は、はっきり断(ことわ)ろうと彼女を呼(よ)び出した。
 坂上に下心(したごころ)など無かった。だが、自分で気づかないほど小さな、心の隅(すみ)の隅の隅の方に、ムックリと良からぬ芽(め)が伸(の)びでいないとどうして言えよう。もし彼女の方から求(もと)められたら、坂上にそれを突(つ)き放(はな)すことができるのか。彼女はそれほどに美しかった。
 しばらくすると会議室(かいぎしつ)の扉(とびら)が開いた。入って来たのは彼女ではなく、岩田(いわた)部長。思いがけないことに、坂上は動揺(どうよう)を隠(かく)せなかった。部長(ぶちょう)は静かな声で言った。
「君(きみ)のところの倉田君から相談(そうだん)されてね。君が彼女のことを特別(とくべつ)な目で見ていると――」
<つぶやき>勘違(かんちが)いやすれ違いってありますよね。コミュニケーションは怠(おこた)らないように。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0513「等々力研究室」
 等々力(とどろき)教授は大学の片隅(かたすみ)の小さな倉庫(そうこ)で研究(けんきゅう)を続けていた。大学からは研究費を削(けず)られ、学部長からも睨(にら)まれていたが、等々力教授(きょうじゅ)はまったく気にしていなかった。自分の研究ができればそれで充分(じゅうぶん)だったのだ。
 そんな彼の研究室に、一人の女子大生が助手(じょしゅ)としてやって来た。彼女は才色兼備(さいしょくけんび)な理系女子(りけいじょし)。何でこんな落ちぶれた教授の助手になったのか、誰(だれ)もが不思議(ふしぎ)がっていた。
「教授、今度は何の研究をしてるんですか? あたしにも手伝(てつだ)わせて下さい」
 いくつもの歯車(はぐるま)を組み合わせて何かを組み立てていた教授を見て、助手の彼女は訊(き)いた。
「これか? これはな、女性のスカートの丈(たけ)の長さを予測(よそく)する装置(そうち)だ。この針(はり)がここを指(さ)すと、超(ちょう)ミニの流行(りゅうこう)が始まるはずなんだ。その時は、君(きみ)も超ミニを――」
「教授! 何を言ってるんですか。そんなくだらない研究をするなんて」
「そうだ。私はその程度(ていど)の人間だ。分かったら、他の研究室へ行ってくれ! 君ほどの優秀(ゆうしゅう)な学生なら、どこへ行っても歓迎(かんげい)されるはずだ。君がいると――」
「そんな…。あたしがいると迷惑(めいわく)なんですか? あたしは…」
 彼女は目に涙(なみだ)をいっぱいためて研究室を飛(と)び出して行った。教授は彼女を見送ると、
「これで諦(あきら)めてくれればいいが…。さあ、あと少しだ。これが完成(かんせい)すれば、あの謎(なぞ)の小天体(しょうてんたい)の動きがつかめるはずだ。私の予想(よそう)が外(はず)れてくれればいいんだが――」
<つぶやき>予算(よさん)がないので手造りで装置(そうち)を作る。天才(てんさい)は孤独(こどく)を愛するのかもしれません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0514「愛のから騒ぎ」
 彼女は一途(いちず)だった。彼のために毎日お弁当(べんとう)を作るし、時には早起(はやお)きして彼の朝食を作ることだって。――今日もまた、彼の帰りを待ちながら夕食(ゆうしょく)の支度(したく)をしていた。キッチンからは食欲(しょくよく)をそそる美味(おい)しそうな匂(にお)いがただよってくる。食事の準備(じゅんび)をすませて時計(とけい)を見ると、もうそろそろ彼の帰ってくる時間だ。彼女は食卓(しょくたく)に並(なら)んだ料理(りょうり)を満足(まんぞく)そうに見つめた。
 ――1時間、2時間……。彼女は待ち続けた。メールもしたし、電話をかけてみたがつながらない。彼女は冷(さ)めてしまった料理を、恨(うら)めしそうに睨(にら)みつけた。彼が帰って来たのは11時を過(す)ぎた頃(ころ)だ。彼女は涙目(なみだめ)で彼に言った。
「もう、遅(おそ)い! ああっ、飲(の)んでるでしょ。どうして早く帰って来てくれなかったの?」
「仕方(しかた)ないだろ。こっちだって付き合いがあるんだから。君(きみ)が来てるなんて…」
「付き合いって…。いつも断(ことわ)ってくれてたじゃない。私、一緒(いっしょ)に食事しよって言ったよね」
「俺(おれ)だって、後輩(こうはい)もできたし、断れないときだってあるんだよ。それくらい分かるだろ」
「後輩って…、あの噂(うわさ)の女のことよね。とっても可愛(かわい)くて、あなた好(ごの)みの――」
「そんなんじゃないよ。俺は、職場(しょくば)の仲間(なかま)と飲んでたんだ。彼女もその一人ってだけだろ。わるいけど、今日は帰ってくれないかな。タクシー代は俺が出すからさ」
「こんな時間に帰れっていうの? 信じられない。私、あなたのためにどれだけ――」
<つぶやき>愛しすぎには注意(ちゅうい)しましょう。過ぎたるは何とかって言うじゃありませんか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0515「しずく18~新任教師」
 月島(つきしま)しずくは、新任(しんにん)の女教師(きょうし)の顔を見たときハッとした。そして、あの暴漢(ぼうかん)に襲(おそ)われた時の記憶(きおく)がよみがえり身体(からだ)が震(ふる)えた。――教壇(きょうだん)に立った女教師の長い黒髪(くろかみ)、鋭(するど)い眼差(まなざ)し、そして…。一瞬(いっしゅん)しか目にしなかったが、間違(まちが)いなくあのとき助けてくれた人。あの後、どこかへ消(き)えてしまった女性に違(ちが)いない。しずくには不思議(ふしぎ)なくらい、その確信(かくしん)があった。
 教頭(きょうとう)が教室から出て行くと、女教師は黒板(こくばん)に自分の名前を大きく書いた。
〈柊(ひいらぎ)あずみ〉その文字は美しく力強いものだった。この女教師の生き様(ざま)を現(あらわ)しているかのようだ。柊先生は簡単(かんたん)な自己紹介(じこしょうかい)をすませると、一人ずつ生徒(せいと)の名前を呼んで出席(しゅっせき)をとりはじめた。
 昼休みの時間。教室に変な噂(うわさ)が持ち込まれた。昨日まで担任(たんにん)だった山波(やまなみ)先生が、生徒にいかがわしいことをしていた、というものだ。誰(だれ)が言い出したのか分からないが、職員室(しょくいんしつ)で先生たちがそんな話をしていたらしい。教室にいた誰もが、そんな根(ね)も葉(は)もない噂話(うわさばなし)を信じるはずはなかった。誰が言うともなく、確(たし)かめようという話が持ちあがった。
 いつの間に始業(しぎょう)のチャイムが鳴(な)ったのか、教室の入口に柊先生の姿(すがた)があった。先生は騒(さわ)いでいる生徒に向かって、「何してるの! 早く席につきなさい!」
 先生の鋭い声で生徒たちは一瞬にしておとなしくなった。生徒たちが席につくと、先生はみんなを見回し、しずくに目を向けると、「月島さん。何を騒いでいたのか説明(せつめい)しなさい」
 しずくはすっとんきょうな声を上げて、「えっ、私?! 私、ですか…」
<つぶやき>目立(めだ)たないようにしているのに、先生に当てられることってありますよね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0516「恋ばな?」
「彼ったら、わたしにべったりで、もうイヤになっちゃうわ」
 まなみは嫌(いや)だと言いながらも、それでも嬉(うれ)しそうに彼のことを話した。それを聞いていた好恵(よしえ)は、ちょっと羨(うらや)ましそうだ。今度は、まなみが好恵に彼の話を聞かせてとせがんだ。最近(さいきん)、彼ができたと聞いていたからだ。好恵は、ちょっと迷(まよ)いながらも、
「あのね…、今度、彼とデートすることになってるのよ。この近くの古墳(こふん)なんだけど…。彼って、歴史(れきし)好きなのよ。だから…、私も歴史好きになろうかなって」
「古墳でデートって、変わってるわね。まあいいわ。で、彼はもちろん好きって…」
 好恵は言い淀(よど)みながらも、「もちろんよ。彼、歴史好きだから」
「で、なんて告白(こくはく)されたの? 教えなさいよ」
「告白って…。だから…、暇(ひま)だったら、古墳、見に行きませんかって」
「え? それって、誰(だれ)が言ったの? まさか…」
「私よ。だって、彼、歴史好きだから」
「あの、何か見えてこないんだけど…。それって、デートってことじゃなくて、ただ古墳を見に行くだけってことなのかな? それじゃ、普通(ふつう)の友達(ともだち)ってことだよね」
「違(ちが)うわよ。私たち、歴史好きなのよ。これって、凄(すご)いことなんだから」
<つぶやき>恋の基準(きじゅん)は人それぞれ。彼女の恋がかなうといいね。古墳デート、素敵(すてき)かも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0517「明晰夢」
「あれ、須藤(すどう)先輩? どうしたんですか?」
 部室(ぶしつ)でしょげ返っている先輩(せんぱい)を見て、翔太(しょうた)は訊(き)いた。そばにいた淳史(あつし)が答えて、
「あゆみちゃんの夢(ゆめ)を見たんだってさ。そしたら、夢の中に綾部(あやべ)先輩が出て来て――」
「えっ、綾部先輩って、あゆみちゃんと付き合ってるんじゃないかって噂(うわさ)の?」
「なんか、夢の中であゆみちゃんに告白(こくはく)したら、綾部先輩が出て来て『俺(おれ)の女に手を出すな』って。それで、あゆみちゃんからも『先輩とは無理(むり)です』って速攻(そっこう)で返されて」
 翔太は呆(あき)れて言った。「先輩、たかが夢じゃないですか。元気(げんき)出してくださいよ」
 須藤は顔を引きつらせながら、「たかが…。たかがだと! 俺があゆみちゃんの夢を見るためにどれだけ苦労(くろう)したと思ってるんだ。せめて夢だけでも、あゆみちゃんの笑顔を…」
「じゃあ、告白しましょう」淳史が言った。「俺、同じクラスなんで、呼(よ)び出しますから」
「バカヤロ。そんなことしたら、何もかも終わりだぞ。俺なんかと付き合うわけないだろ」
「そんなこと分かんないじゃないですか。綾部先輩のことだって、ただの噂で――」
「お前、想像(そうぞう)できるか? 俺とあゆみちゃんが、二人並(なら)んで歩いてることを!」
 いきり立つ須藤をなだめながら翔太が言った。
「先輩。俺、先輩にピッタリの彼女、探しますから」
 須藤は矛先(ほこさき)を翔太に向けて、「お前、なめとるんか? あゆみちゃん以上の女がいるわけないだろ。お前らに、俺の気持ちが分かってたまるか!」
<つぶやき>一途(いちず)な純情(じゅんじょう)ってやつですね。あゆみちゃんってどんな娘(こ)か見てみたいです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0518「又三郎?」
 かずちゃんは、お家(うち)に帰ろうと急(いそ)いでいた。心地(ここち)いい風がかずちゃんの頬(ほお)をなで、手にした風車(かざぐるま)をカタカタと鳴(な)らした。
 突然(とつぜん)、木の陰(かげ)から大吉(だいきち)が飛び出した。大吉はいつも威張(いば)っていて、周(まわ)りのみんなから嫌(きら)われていた。だから、大吉もますます横柄(おうへい)になりいじめっ子になってしまった。
「おい、その風車、俺(おれ)によこよせ。俺がもっと勢(いきお)いよく回してやるよ」
 大吉は今にも手を出す勢(いきお)いで言った。かずちゃんは後ろ手に風車を隠(かく)すと、
「イヤよ。あんたに渡(わた)したら壊(こわ)れちゃうわ。これは、ゲンちゃんからもらった…」
「うるせい、俺に貸(か)せよ。言うこときかないと、こうだぞ!」
 大吉は拳(こぶし)を振(ふ)り上げた。かずちゃんは恐(こわ)くて目をつむる。
 その時、つむじ風が巻(ま)き上がった。かずちゃんのスカートをひるがえし、大吉がかぶっていた野球帽(やきゅうぼう)を吹(ふ)き飛ばした。帽子(ぼうし)は木(こ)の葉のようにフワフワと舞(ま)い上がり、高い木の梢(こずえ)に引っかかって止まった。大吉はいまいましそうに帽子を見上げる。
 今度は北風がぴゅーっと吹(ふ)いた。北風は梢の帽子を河原(かわら)のほうへ吹き飛ばした。大吉は慌(あわ)てて帽子の後を追(お)いかけた。かずちゃんの風車が、まるで笑っているようにケラケラケラケラと軽快(けいかい)に回り出した。
<つぶやき>又三郎(またさぶろう)はいつも子供たちのそばにいて、一緒(いっしょ)に遊んだり、かけっこしたり…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0519「男子会」
「俺(おれ)は今学期(こんがっき)中に彼女をつくるからな。見てろよ」
 建太(けんた)は、友達(ともだち)を前にして言った。友達はまた始まったとばかり呆(あき)れた顔をする。
「嘘(うそ)じゃねえぞ。今までの俺はやみくもに狙(ねら)いすぎたんだ。だが今度は違(ちが)うぞ。――俺は女子をクラス分けしたんだ。美人過(す)ぎて俺なんか絶対(ぜったい)に相手(あいて)にしない女子をAクラス。そこそこ可愛(かわい)いけどガードが固(かた)そうなのがBクラス。Dクラスはブスすぎて問題外(もんだいがい)。だから、俺はCクラスを狙(ねら)おうと思うんだ」
「Cクラスって何だよ? だいたいお前さ、女子なら誰(だれ)でもいいんだろ」
「そんなことねえよ。お前もさ、一緒(いっしょ)に彼女つくろうぜ。そんでさ――」
「俺はいいよ。そんな暇(ひま)もないし。まあ、彼女できるといいな。がんばれや」
「何だよ。その上から目線(めせん)。お前だって彼女ほしいって言ってたじゃないか」
「俺、いるから。彼女。だから、これからは、お前とあんまり付き合えないかもな」
「嘘だろ? 俺、聞いてねえぞ。誰だよ。教えろよ! 俺たち友達だろ」
「まあ、いいけど。――隣(となり)のクラスの、神崎智美(かんざきさとみ)だよ」
「か、神崎智美?! 何でだ。めちゃくちゃAクラスじゃねえか。何でそんなAクラスの女子と付き合えるんだ。おかしいだろ? お前、何やったんだよ」
「何もしてねえよ。向こうから、付き合ってくれって…」
「じゃあ、あれか…。俺にも、Aクラスの女子と付き合える可能性(かのうせい)…、あるよな?」
<つぶやき>それはどうでしょうか? 可能性はゼロじゃないと思うけど。難(むずか)しそうよ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0520「しずく19~呼び出し」
 月島(つきしま)しずくはゆっくりと立ち上がった。でも、何も言えないまま俯(うつむ)いてしまった。それを見かねて、隣(となり)の席(せき)の神崎(かんざき)つくねが立ち上がり、はっきりとした口調(くちょう)で言った。
「前の担任(たんにん)がどうして学校を辞(や)めたのか教えてください」
 柊(ひいらぎ)先生は意味深(いみしん)な笑(え)みを浮(う)かべて、「神崎さん、それを知ってどうするの? あなたたちには関係(かんけい)のないことよ。そうじゃない?」
「でも、変な噂(うわさ)が流れてて、あたしたち、勉強(べんきょう)に集中(しゅうちゅう)できません」
「そう。じゃあ、直接(ちょくせつ)訊(き)いてみればいいじゃない。でも、この中で前の担任に会いに行こうなんて思ってる人、いるかしら?」
 柊先生は教室を見回した。生徒(せいと)たちは先生と目を合わせないように顔を伏(ふ)せる。誰(だれ)一人、声を上げる者はいなかった。柊先生は教科書(きょうかしょ)を開くと、
「そうですね、賢明(けんめい)な判断(はんだん)だわ。そんな暇(ひま)があるんなら、単語(たんご)の一つでも憶(おぼ)えたほうがいいものね。そうでしょう、月島さん」
 突然(とつぜん)呼ばれたしずくは、慌(あわ)ててそれに答えて、「は、はい。……」
 柊先生はしずくの顔を見つめて、「月島さん、授業(じゅぎょう)が終わったら職員室(しょくいんしつ)へいらっしゃい。大事(だいじ)なお話があります。必(かなら)ず一人で来ること。いいわね」
<つぶやき>いきなりの呼び出し。柊は何をしようというのでしょう。しずくはどうする?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0521「ゴロゴロ天使」
 毎日ゴロゴロしている天使(てんし)を見て、彼は言った。
「君(きみ)は俺(おれ)の天使なんだろ。もっとやる気だしてくれないかなぁ。俺の周(まわ)り、みんな彼女ができてるし、結婚(けっこん)した奴(やつ)だっているんだから」
「あたし、別に天使なんてやりたくなかったのよね。他に空(あ)きがなかったから仕方(しかた)なくやってるの。でも、天使って意外(いがい)と楽(らく)なものね。ノルマもないし」
「君さ、俺のとこに来たとき何て言った? あたしが運命(うんめい)の人、見つけてあげるねって」
 天使はにっこり微笑(ほほえ)んで、「ああ、あれね。あれは決(き)まり文句(もんく)だから。まあ、最初(さいしょ)の挨拶(あいさつ)みたいなもんよ。深い意味(いみ)なんてないから」
「そんな。じゃあ、何のために俺のとこにいるんだよ。今まで、君のためにいくら使ったと思ってるの。そんなんだったら、もう出てってくれないかな」
「イヤよ。そんなことしたら美味(おい)しいもの食べられなくなっちゃうわ。心配(しんぱい)しなくても大丈夫(だいじょうぶ)よ。人間なんて、あたしが何もしなくても、勝手(かって)にくっついたり離(はな)れたりするんだから。そのうちいい人、現れるわよ」
 彼は天使の姿(すがた)をしみじみ見つめて言った。「じゃあ、もう君のわがままは聞かないことにするよ。君は、自分の姿がどれだけ変わったか気づいてないよね。今日から、食事制限(しょくじせいげん)と毎朝のランニング。きっちりやってもらうから。さぼったら叩(たた)き出す! 飛べない天使はただのブタなんだ。ビシビシいくからな、覚悟(かくご)しろ」
<つぶやき>天使の世界でも、やる気はとっても大切(たいせつ)なのです。やり甲斐(がい)を見つけましょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0522「秘湯めぐり」
「ねえ、ほんとにこっちでいいの? 道(みち)に迷(まよ)ってるんじゃない?」
 貴子(たかこ)は心配(しんぱい)になって訊(き)いてみた。先頭(せんとう)を歩いていた穂乃(ほの)が振(ふ)り返り、それに答えた。
「大丈夫(だいじょうぶ)よ。森(もり)へ入って真っ直(す)ぐ行けばいいんだって。三時間ぐらいで着くみたいよ」
「三時間って、わたしたち、それ以上(いじょう)歩いてるよね。もう、疲(つか)れたわ」
 一番後ろを歩いていた一恵(かずえ)が音(ね)を上げた。貴子は周(まわ)りを見回して、
「ここって道じゃないんじゃないの。ねえ、目印(めじるし)とか聞いてない? 川があるとか…」
 穂乃はまた振り返って、「そういえば何か言ってたけど…、忘(わす)れちゃった」
 穂乃はかなりアバウトなところがある。穂乃から秘湯(ひとう)へ行こうと誘(さそ)われたとき、ちゃんと下調(したしら)べをしておけばよかったと貴子は後悔(こうかい)した。
 貴子は穂乃に言った。「ねえ、地図(ちず)を見せて。ちゃんと確(たし)かめようよ」
 だが穂乃は平気(へいき)な顔で、「そんなの持ってないよ。だって荷物(にもつ)になるんだもん」
 貴子は呆(あき)れて、「なに言ってるの。それ、一番大事(だいじ)なものでしょ。あなた、秘湯めぐりをなめてるでしょ。どうすんのよ。もし、遭難(そうなん)したら」
 遭難という言葉を聞いて一恵が急に叫(さけ)んだ。「イヤよ! あたし、こんなとこで白骨死体(はっこつしたい)になりたくない。ねえ、もう帰ろうよ。あたし、帰りたい!」
<つぶやき>秘境(ひきょう)の温泉(おんせん)。いいよね。でも、準備(じゅんび)は怠(おこた)らないようにしないといけません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0523「タイムスリップ1」
 暗い夜道(よみち)を歩く女子高生。友達(ともだち)とおしゃべりをしていて帰りが遅(おそ)くなったのだ。彼女の家の近くは住宅(じゅうたく)もまばらで、駅前(えきまえ)を離(はな)れると人通(ひとどお)りもなくなってしまう。一軒(けん)しかないコンビニの前を通りかかったとき、数人の男達がたむろしているのが見えた。彼女は目を合わせないように足早に通り過ぎる。しかし、男達があとを追(お)いかけて来て、
「ねえ、俺(おれ)たちと遊(あそ)ばない? いいだろ、面白(おもしろ)いとこ連れてってやるよ」
 彼女は見ないようにして歩(ほ)を早める。男の一人が彼女の肩(かた)をつかみ振(ふ)り向かせると、
「無視(むし)すんじゃねえよ。ちょっと金貸(か)してくれないかな。持ってるんだろ? 財布(さいふ)出しな」
 彼女は叫(さけ)び声を出そうとしたが、声にならない。男はニヤリと笑(わら)うと、彼女の腕(うで)をつかんで暗がりの方へ引っ張(ぱ)って行った。彼女にはどうすることもできない。
 だが、男達が行こうとした先(さき)から人影(ひとかげ)が急(きゅう)に現れた。男達はそれに気づいて足を止める。暗がりの中から声がした。「嫌(いや)がってるじゃないか。その汚(きたな)い手を離(はな)しな」
 暗がりから現れたのは、時代劇(じだいげき)に出て来るような侍(さむらい)姿(すがた)の男。腰(こし)には刀(かたな)を差(さ)していた。
「何だ、おっさん。邪魔(じゃま)すんなよ。向こうへ行ってろ」
「そうしたいところだが、わしは弱(よわ)い者いじめをする奴(やつ)が嫌(きら)いでな」
 侍姿の男は、杖(つえ)代わりに持っていた木の棒(ぼう)を刀のように構(かま)えた。男の一人が言った。
「面白いじゃないか。俺たちに勝(か)てると思ってるのか? このコスプレ野郎(やろう)!」
<つぶやき>突然(とつぜん)現れたお侍さん。彼女を助けることができるのか? この先の展開(てんかい)は?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0524「タイムスリップ2」
 男達を片(かた)づけるのにさほど時間はかからなかった。侍(さむらい)の男が強すぎたのか、それとも男達の方が口ばっかりで弱すぎたのかもしれない。男達は慌(あわ)てて車に乗り込むと、急発進(きゅうはっしん)で逃(に)げ出していった。その様子(ようす)を、侍の男は不思議(ふしぎ)そうに見つめていた。
 助(たす)けられた女子高生は、恐(おそ)る恐る侍の男に近づいて…。だって侍姿(すがた)である。普通(ふつう)の人じゃないことぐらい誰(だれ)が見たって分かる。女子高生は後ろから声をかけた。
「あの…、助けていただいて、ありがとうございました」
 侍の男は、彼女の声が聞こえているのかいないのか、何の反応(はんのう)もしめさない。彼女が近づこうと歩き出したとき、急に侍の男がバタリと倒(たお)れ込んだ。
 これには彼女も驚(おどろ)いた。慌(あわ)てて男に駆(か)け寄ると、男の身体(からだ)を揺(ゆ)すりながら、
「大丈夫(だいじょうぶ)ですか? しっかりしてください。どこか、ケガとかしたんですか――」
 彼女は突然(とつぜん)男に手をつかまれて、小さな悲鳴(ひめい)を上げた。男は彼女を見つめて、
「す、すまんが…、何か食(く)い物を持っておらんか。道に迷(まよ)ってしまってな、昨日(きのう)から何も口にしておらんのだ。お、お頼(たの)み申(もう)す」
 彼女は呆気(あっけ)に取られてしまった。その時、男のお腹(なか)がグーッと鳴(な)った。彼女は、「ちょっと待ってて」と言って、コンビニへ駆け込んで行った。
<つぶやき>道に迷ったなんて、この男はどこから来たのでしょ。何でここに現れたのか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0525「しずく20~幻覚」
 その日の授業(じゅぎょう)も終わり、月島(つきしま)しずくはひとり職員室(しょくいんしつ)の前にいた。しずくは憂鬱(ゆううつ)な顔をしてため息(いき)をつく。何で私だけ呼(よ)び出しなの? 私、何かした?
 しずくは職員室の扉(とびら)を開けた。いつもなら、まだ先生がいるはずなのに誰(だれ)もいない。しずくは小さな声で、「失礼(しつれい)します」と言って中へ入った。柊(ひいらぎ)先生の席(せき)まで行ってみるが、先生はいるはずもなく…。しずくはひとり呟(つぶや)いた。
「何でよ。来いって言ったのに、何でいないの? もう、どうしたら…」
 その時だ。背後(はいご)に、何か冷(つめ)たい気配(けはい)を感じた。しずくはとっさに振(ふ)り返った。一瞬(いっしゅん)にしてしずくの顔から血(ち)の気(け)が引いて、彼女はその場にへたり込んでしまった。しずくの後ろに立っていたのは、あの時の暴漢(ぼうかん)の男。警察(けいさつ)に逮捕(たいほ)されたはずのあの男だ。
 男は不気味(ぶきみ)な笑(え)みを浮(う)かべて、じりじりとしずくの方へ近づいて来る。しずくは襲(おそ)われた時の記憶(きおく)が蘇(よみがえ)って身体(からだ)が震(ふる)えた。助(たす)けを呼ぼうとしても、息(いき)がつまって声が出ない。男は倒(たお)れているしずくの上に覆(おお)い被(かぶ)さるようにして顔を近づけ、ナイフを彼女の目の前にちらつかせた。しずくは抵抗(ていこう)することもできず、思わず目をつむる。
「何をしてるの? 早く入りなさい」
 柊先生の声が後ろから聞こえた。しずくが目を開けると、彼女は職員室の入口(いりぐち)の前に立っていた。えっ、何で? しずくが呆然(ぼうぜん)としていると、後ろから先生に背中(せなか)を押(お)された。
「そんなとこに立っていたら邪魔(じゃま)になるでしょ。そんなことも分からないの」
<つぶやき>怖(こわ)い思いをすると、その時の感覚(かんかく)が急にわき上がってくることがあるのかも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0526「タイムスリップ3」
 コンビニの駐車場(ちゅうしゃじょう)の隅(すみ)でおにぎりを頬張(ほおば)るお侍(さむらい)。それを不思議(ふしぎ)そうに眺(なが)めている女子高生。何とも奇妙(きみょう)な取り合わせだ。お侍の男は、おにぎりを美味(おい)しそうに食べながら、
「これはうまい。この巻(ま)かれている黒い物はなんじゃ。それに、中に何か入っておるぞ。これは、魚か? おお、いい塩加減(しおかげん)じゃ。これは、じつにうまい」
「それ、鮭(しゃけ)のおにぎりよ。おじさん、食べたことないの?」
 おにぎりの取り出し方も分からなかったのだ。食べたことがあるわけがない。お侍はおにぎりを食べ終わると、物足(ものた)りなげに彼女を見つめて言った。
「すまぬが…。もう少しばかりいただけぬか? 勝手(かって)を申(もう)してすまぬ」
「えっ…。でも私、もうお金ないよ。ほら」彼女は財布(さいふ)の中を見せた。
「あ、すまなんだ。金ならわしが出そう」
 お侍はそう言うと、懐(ふところ)から薄汚(うすよご)れた巾着(きんちゃく)を取り出して中へ手を突(つ)っ込んだ。そして、じゃらじゃらと何かをつかみ出すと手を広げて、「如何(いか)ほどじゃ。これで足(た)りるかの?」
 彼女は目を丸(まる)くして言った。「何これ? こんなんじゃダメよ。冗談(じょうだん)はやめて」
 お侍は大きなため息(いき)をつくと、「おお、そうじゃな。こんなうまい物がはした銭(がね)で買えるわけがない。わしはとんだことを…。散財(さんざい)をさせてすまぬ」
「もうやめてよ。――じゃあ、家(うち)に来る? 助けてもらったし、ご馳走(ちそう)してあげる」
<つぶやき>この男は本物(ほんもの)の侍なのか。だとすると、なんで現代に現れたのでしょうか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0527「タイムスリップ4」
 二人は家まで並(なら)んで歩いた。誰(だれ)とも出会うことはなかったが、もし誰かに見られたらどうなっていたことか。彼女は気が気でなかった。
「ねえ、どうしてそんな格好(かっこう)してるの? その刀(かたな)って、本物(ほんもの)じゃないよね」
 彼女は一番気になっていることを訊(き)いてみた。侍(さむらい)の男は首(くび)を傾(かし)げながら、
「わしも訊きたいんじゃが、どうしておぬしはそんな格好(かっこう)をしておるんじゃ。わしは始めて見たぞ。いや、かぶいておるなぁ。まるでお館(やかた)さまのようじゃ」
「えっ、これは制服(せいふく)だよ。なに言ってるの? ちゃんと答えて。あなた一体(いったい)誰なの?」
「あっ、これはいかん。まだ、名乗(なの)っておらんかったの。わしは、吉田勘三(よしだかんぞう)と申(もう)す。お館さまの家来(けらい)で…、家来といってもずっと下の方じゃがの」
「お館さまって、誰のこと? もう冗談(じょうだん)ばっか言ってると、ご馳走(ちそう)してあげないから」
「いやいや、冗談ではないぞ。おぬし、お館さまのことを知らんのか? 信長(のぶなが)様じゃ。今、安土(あづち)にお城(しろ)を築(きず)いておってな。これがまた、ものすごい――」
「あのさ、ふざけないで。今は平成(へいせい)よ。安土城なんてもうどこにもないの」
「平成? そんな年号(ねんごう)は聞いたこともないぞ。今は天正(てんしょう)四年の――」
 二人の会話は食い違(ちが)うばかり。そうこうしているうちに家に着いてしまった。仕方(しかた)なく会話を打ち切った彼女は、侍を外へ待たせて家の中へ入って行った。
<つぶやき>時代を動かしたのは、歴史(れきし)に名を残(のこ)した人だけではない。名もない人も…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0528「タイムスリップ5」
 彼女の家はそれほど大きな家ではない。小さな庭(にわ)がついていて、この辺(あた)りではごく普通(ふつう)の家だ。侍(さむらい)の男は門(もん)のところの表札(ひょうさつ)に気がついた。そこには〈吉田(よしだ)〉と書かれていた。
 しばらく待っていると、彼女が戻(もど)ってきて家の中へ招(まね)き入れた。汚(よご)れた足をすすいだり、物珍(ものめずら)しげにあちこちと眺(なが)めたりで、狭(せま)い家なのに座敷(ざしき)まで辿(たど)り着くのに時間がかかった。座敷ではこの家の主人、つまり彼女の父親が、かしこまって座っていた。
 父親は、侍が座るのを待って深々(ふかぶか)と頭を下げると、「ご先祖(せんぞ)様、ようこそいらっしゃいました。また、こうして再会(さいかい)できましたこと、嬉(うれ)しく思っております」
 父親の言葉(ことば)に驚(おどろ)いたのは娘(むすめ)だ。「この人、なに言ってるの?」って顔をして、父親の方を見た。侍も首(くび)を傾(かし)げて、これもまた、父親の顔をまじまじと見つめる。
 娘は、「お父さん。この人、知ってるの? 会ったことあるってこと?」
「ああ、父さんがお前くらいの年の頃(ころ)だったかなぁ。突然(とつぜん)、父さんの前に現れて――」
「わしは知らんぞ。おぬしとおうたことなど一度も無(な)い」
「そうですか。やはり記憶(きおく)には残(のこ)らなかったんですなぁ」
 父親は残念(ざんねん)そうに言った。「あの日以来(いらい)、私はこの家の家系(かけい)を調(しら)べるのにはまりまして。本家筋(ほんけすじ)の親戚(しんせき)を回って、古文書(こもんじょ)を集(あつ)めたんです。そしたら、ご先祖様のお名前を見つけることができました。ご先祖様が書き残した、日記(にっき)のようなものも発見(はっけん)できたんです」
<つぶやき>ほんとにご先祖様なんだ。でも、もしかして幽霊(ゆうれい)だったりするかもしれない。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0529「タイムスリップ6」
 その日は夜遅(よるおそ)くまで、歓迎会(かんげいかい)と称(しょう)して飲めや歌えの大騒(おおさわ)ぎになった。母親は、ご近所から苦情(くじょう)が来るのではないかと気を揉(も)んた。娘(むすめ)の方は早々(そうそう)に切り上げて、二階の自分の部屋へ引っ込んだ。だが、階下(した)がうるさくてなかなか眠(ねむ)ることができない。
 ――どのくらいたったろう、侍(さむらい)が目を開けると、そこは婚礼(こんれい)の宴(うたげ)の席(せき)だった。目の前には料理(りょうり)の膳(ぜん)が並(なら)び、見知(みし)った親戚(しんせき)連中や仲間(なかま)たちが、これまた飲めや歌えの大騒ぎをしていた。侍は、ふと隣(となり)の席を見た。そこには見知らぬ女性が座っている。俯(うつむ)き加減(かげん)でいるので、長い黒髪(くろかみ)が邪魔(じゃま)をして顔がよく分からない。
 はて誰(だれ)だろうと、侍はその女性の顔をしげしげと見つめた。女性もその視線(しせん)を感じて、ますます下を向く。たまらず侍は声をかけた。女性は反射的(はんしゃてき)に侍の方へ身体(からだ)を向けて、
「あの、こんなあたしでいいのでしょうか? あなたの妻(つま)として――」
 侍は女性の顔を見て首(くび)を傾(かし)げる。どこかで見たことのあるような…。でも、はっきりとは思い出せない。侍は、この人が自分の妻なんだと納得(なっとく)して彼女に言った。
「こちらこそ、こんなむさ苦(くる)しい家に嫁(とつ)いでくれて、ありがたい。本当(ほんとう)にありがたい」
 ホッとしたように女性の顔に笑(え)みがこぼれる。――その顔、着物姿(きものすがた)ではあるが、それは紛(まぎ)れもなくあの娘の顔と瓜二(うりふた)つであった。
 突然(とつぜん)、悲鳴(ひめい)が響(ひびき)き渡った。ベッドから飛び起きた娘は荒(あら)い息をしている。あまりにもリアルな夢(ゆめ)を見たようだ。娘はベッドから飛び出すと、階段(かいだん)を駆(か)け下りた。
<つぶやき>娘もタイムスリップしちゃったんでしょうか? それとも、ただの夢なの?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0530「しずく21~屋上」
 月島(つきしま)しずくは柊(ひいらぎ)先生に連れられて校舎(こうしゃ)の階段(かいだん)を昇(のぼ)っていた。しずくは、さっきのドキドキがまだ続いていて、階段を上がる足もガクガクしている。先生は屋上(おくじょう)へ出る扉(とびら)の前まで来ると立ち止まった。
 扉の把手(とって)をつかもうとする先生に、しずくは慌(あわ)てて言った。
「先生、屋上は立入禁止(たちいりきんし)になってます。だから、鍵(かぎ)がかかってて――」
 先生はしずくをチラリと見ると、把手を回した。するとどうだろう、把手はキィっと小さな音をたて、扉がギーィっと軋(きし)みながら開いた。
「どうやら壊(こわ)れてるみたいね。後で直(なお)してもらわないと」
 先生はそう言うと、ツカツカと屋上へ出てしまった。しずくは少しためらったが、先生の後を追(お)いかけた。
 烏杜(からすもり)高校はちょっとした高台(たかだい)の上に建っている。周(まわ)りには高い建物もなく見晴(みは)らしは抜群(ばつぐん)だ。ちょうど陽(ひ)が西に傾(かたむ)き、辺りの家並(いえな)みを赤く染(そ)めはじめていた。しずくはこの景色(けしき)に圧倒(あっとう)されて、思わず声を上げて手すりに駆(か)け寄った。入学以来、校舎の屋上へ昇るのは初めてだったのだ。突然(とつぜん)、先生に呼(よ)ばれて、しずくは現実(げんじつ)に戻(もど)された。
「月島さん、あなたにはがっかりしたわ。――私が鍛(きた)え直(なお)してあげる」
 しずくはキョトンとして先生の顔を見た。その顔には、怖(こわ)いほどの迫力(はくりょく)があった。
<つぶやき>先生は何をしようというのでしょ。しずくの運命(うんめい)はこれからどう変わるのか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0531「タイムスリップ7」
 彼女は階下(した)へ降(お)りると、侍(さむらい)が眠っているはずの座敷(ざしき)へ飛(と)び込んだ。しかしそこには侍の姿(すがた)はなかった。布団(ふとん)は敷(し)かれているのだが、そこには寝た形跡(けいせき)がない。
 呆然(ぼうぜん)と立ちつくしている彼女の後ろから、父親が声をかけた。
「どうやら元(もと)の時代(じだい)へ戻(もど)ってしまったようだ。もう少し話を聞きたかったんだが…」
 父親は古文書(こもんじょ)を彼女に見せて、「これを見てもらいたかったんだ。残念(ざんねん)だよ」
 彼女は古文書を受け取り、パラパラとページをめくっていった。昔の人が書いた文字なので、何が書かれているのか彼女にはほとんど分からなかった。
 あるページへきたとき、父親が指(ゆび)を差して言った。
「どうやらこれが我(わ)が家の系図(けいず)らしい。ここに吉田勘三(よしだかんぞう)の名前が書かれているだろ」
 確(たし)かにそこにはあの侍の名前があった。彼女は侍の名前の横に書かれている文字に目がいった。そこには、平仮名(ひらがな)で<はな>と書かれてる。
 彼女は思わず呟(つぶや)いた。「これって、私と同じ名前……」
「そうなんだ。父(とう)さんも見て驚(おどろ)いたよ。これも何かの因縁(いんねん)なのかなぁ」
「じゃあ、さっきの夢(ゆめ)って…。いやいや、そんなのあり得(え)ないわよ。私が――」
 彼女には昔(むかし)の時代を生きた記憶(きおく)があるはずもなく、これってどういうことなのか? いくら考えても答(こた)えは出そうになかった。
<つぶやき>もし他の時代と行き来することができたら、面白(おもしろ)いことがいっぱい聞けそう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0532「侵略の始まり」
「想像(そうぞう)してみて下さい。もしあなたが恋(こい)をしたいと思ったとき、理想(りそう)の相手(あいて)と巡(めぐ)り合うためにどれだけ時間を費(つい)やさなくてはならないか。でも時間を費やしても、巡り合える保証(ほしょう)はどこにもない。そうじゃありませんか?」
 男は大勢(おおぜい)の人たちを前にしてさらに続けた。
「しかし、もうそんな心配(しんぱい)はありません。我々(われわれ)のこの装置(そうち)を使えば、頭の中で思い描(えが)いた理想の異性(いせい)をプリントアウトできるのです。あなたはただ、この装置の前に立つだけ。もう、面倒(めんどう)な婚活(こんかつ)など必要(ひつよう)ありません」
 観衆(かんしゅう)の一人が声を上げた。「でも、それって生身(なまみ)の人間(にんげん)じゃないですよね」
 男は顔色(かおいろ)ひとつ変えずに答えた。「そうですよ。どうして生身の人間でなきゃいけないんですか? 自分の思い通りにならない人間と一緒(いっしょ)に暮(く)らして、何か楽しいことがありますか? 結婚(けっこん)しても浮気(うわき)をされたり、暴力(ぼうりょく)や虐待(ぎゃくたい)で離婚(りこん)する人たちがどれだけいるか。しかし、これは違(ちが)います。あなたの思い描いた理想の家庭(かてい)を持つことができるのです。まさにこれは、あなたたち人間にとって夢(ゆめ)の装置と言ってもいい。――我々(われわれ)のこの技術(ぎじゅつ)を使えば、それが可能(かのう)なのです。我々は見返(みかえ)りは求(もと)めません。あなたは、お金を支払う必要はないのです。どんなに貧(まず)しい方でも、我々は拒(こば)みません。ただ、我々に、この地球(ちきゅう)での永住権(えいじゅうけん)を与(あた)えて下さるだけでいいのです。あなた方、一人一人の意志(いし)を示(しめ)して下さい。この装置を使うことで、我々の永住権が認(みと)められるのです」
<つぶやき>だまされないで下さい。彼らの言う通りにしたら、人間はいなくなっちゃう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0533「沈没船の謎」
 陸地(りくち)から数キロ離れた場所(ばしょ)で沈没船(ちんぼつせん)が発見(はっけん)された。それは何世紀(なんせいき)も前の貿易船(ぼうえきせん)で、保存状態(ほぞんじょうたい)はかなり良かった。船(ふね)の中には財宝(ざいほう)が詰(つ)まっているのではないかと誰(だれ)もが想像(そうぞう)した。たが、海流(かいりゅう)が速い場所でもあり慎重(しんちょう)に調査(ちょうさ)が進められた。
 潜水(せんすい)調査は、まず船の周(まわ)りから始まった。どうして沈(しず)んだのか? 嵐(あらし)で難破(なんぱ)したとか、海賊(かいぞく)に襲(おそ)われたとか…。いろいろ検討(けんとう)されたが、船の状態(じょうたい)から見てどれも当てはまらないようだ。いよいよ船内(せんない)の調査にとりかかったダイバーたち。だが、彼らが船内で見たものは――。何もないガランとした空間(くうかん)だけだった。航海(こうかい)に必要(ひつよう)な最低限(さいていげん)のものがあるだけで、積(つ)み荷(に)も、財宝も、食料(しょくりょう)や水を積み込んだ形跡(けいせき)すらなかった。これはどういうことなのか。誰もが首(くび)を傾(かし)げた。
 調査をさらに進めると、船底(ふなぞこ)に小さな穴(あな)を発見した。その穴は直径(ちょっけい)10センチほどで、これが沈没の原因(げんいん)のようだ。その穴は、どうやら最初から開けられていたようだ。そこにはめ込まれていたと思われる木片(もくへん)が近くで見つかっている。
 この船は沈めるために作られたのか。でも、誰が何のために? もしかして、誰かを欺(だま)すために造(つく)られたとか…。何世紀も前に、大がかりな詐欺(さぎ)グループが存在(そんざい)していたのかもしれない。謎(なぞ)は、ますます深まるばかりである。
<つぶやき>人間の世界はどこまで行っても欺(だま)し合い。人間の欲(よく)には限りが有りません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0534「嫌いじゃない」
 僕(ぼく)の彼女は謎(なぞ)だらけ。子供(こども)っぽいところがあるかと思うと、意地(いじ)っ張(ぱ)りで頑固(がんこ)なところも。それに変なところにこだわりを持っている。彼女のことを知れば知るほど、彼女のことが分からなくなる。
 でも、僕は嫌(きら)いじゃないよ。君(きみ)を見てると面白(おもしろ)いし、飽(あ)きることがない。今も、僕の方を向いてアヒル口(くち)で怒(おこ)っている。僕、何か気にさわることでも言ったかな? まったく心当(こころあ)たりがない。でも、これもいつものこと。とりあえず、謝(あやま)っておこう。
 ――彼女のファッションにはワンポイントでピンクが入る。たぶん、彼女のこだわりのひとつなんだろう。僕はさり気なくピンクが好きなのかと訊(き)いてみたことがある。でも彼女は、「別に、そんなことないけど」
 これはどういうことなんだ。僕は彼女の真意(しんい)が分からなくなった。それからの僕は、彼女に会うときはピンクを探(さが)すようになってしまった。僕はふと思った。彼女は、おばさんになっても、これを続けるんだろうか? ちょっと見てみたいな。僕は、中年(ちゅうねん)になった二人の姿(すがた)を想像(そうぞう)してみた。手なんかつないで、彼女の服にはピンクのワンポイント――。
 その時だ。突然(とつぜん)、彼女の顔が目の前に飛(と)び込んできた。
「もう、さっきからなにニヤニヤしてるの? 私の話し、聞いてなかってでしょう。もう、どうしてそうなの? 今、大事(だいじ)な話をしてるんですけど!」
 僕は彼女に唐突(とうとつ)に言ってしまった。「君とずーっと一緒(いっしょ)にいたいなぁ。いてくれる?」
<つぶやき>彼女の前では、空想(くうそう)は控(ひか)え目に。ちゃんと話を聞いてあげないとダメです。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0535「しずく22~ここ、どこ?」
 月島(つきしま)しずくは突然(とつぜん)、胸(むね)を何かで衝(つ)かれたように後ろへ飛(と)ばされた。そのまま倒(たお)れ込んで尻(しり)もちをついてしまった。あまりの痛(いた)さに、しずくは顔をしかめる。
 しずくがゆっくり目を開けると、そこはどこだか分からない荒(あれ)れ地のなか。学校(がっこう)の屋上(おくじょう)にいたはずなのに…。しずくは目を丸(まる)くして辺りを見回した。
「ここは…、どこ? 私、どうして…。先生…、柊(ひいらぎ)先生!」
 先生を呼(よ)んでも、しずくの周(まわ)りには人の気配(けはい)はなかった。その時、どこからか小さな音が聞こえた。しずくは耳をそばだてる。その音はだんだん大きくなり、はっきり聞きとれて…。それは、何かの唸(うな)り声? そう、何か獣(けもの)の…。どんどん近づいて来ている。唸り声がするのは一ヵ所ではないようだ。前から、後ろから、左から右から…。
 しずくは手に触(ふ)れた折(お)れた枝(えだ)をつかむと立ち上がり、ぎこちなく身構(みがま)えた。だがどこへ逃(に)げればいいのか…。しずくは近くにあった大岩(おおいわ)を背(せ)にして立った。ここなら後ろから襲(おそ)われることはない。唸り声はもう目の前まできていた。茂(しげ)みの間から現れたのは大きな…。
「犬(いぬ)? いや、違(ちが)うわ。これって、まさか…、狼(おおかみ)?! 日本に狼なんかいないでしょ!」
 しずくは、ひとりでテンパっていた。その間にも、狼たちは一歩一歩しずくに近づいてくる。何頭いるのか…、そんなの数(かぞ)える余裕(よゆう)なんてまるっきりなかった。しずくは、やけくそのように枝を振(ふ)り回した。
<つぶやき>しずくはどこまで飛ばされちゃったんでしょう。これってかなりヤバいよね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0536「カツ丼」
 刑事(けいじ)たちは、容疑者(ようぎしゃ)を自白(じはく)させようと苦労(くろう)していた。時には容疑者からの無理難題(むりなんだい)も…。
「どうだ。そろそろ本当(ほんとう)のことを言ってくれないか?」
 刑事は証拠品(しょうこひん)をひとつひとつ机(つくえ)の上に並(なら)べて、
「これだけ証拠もそろってるんだ。気持ちよく自白して、手打(てう)ちってことにしてもらえると助かるんだがなぁ」
 容疑者は机の上の物を床(ゆか)へ全部ばらまくと、「証拠だ! そんなもん知るか。俺(おれ)はやってねえよ。――俺に自白させたかったら、そうだな、カツ丼(どん)、食(く)わせてくれよ」
 刑事はため息(いき)をついて、「それはな、テレビドラマの中の話だ。実際(じっさい)にそんなこと…」
「いいじゃねえか。俺、腹(はら)へってんだよ。ここのメシはまずくて俺の口には合わねえんだ」
「そうか? じゃあ、お前さん、よっぽどいいもん食ってたんだなぁ。うらやましいよ。俺たちはしがない公務員(こうむいん)だからさ。なかなか贅沢(ぜいたく)もできなくてな」
「カツ丼、一杯(ぱい)だろ。たかが知れてるじゃねえか。けちくせえ野郎(やろう)だ」
「なあ、どうだろう。ここは素直(すなお)に吐(は)いてみないか? そうすりゃ心証(しんしょう)も良くなるし、刑期(けいき)だって短くなるかもしれないぞ。そう思わないか?」
「そんな…。俺には、そんな手は通用(つうよう)しないぞ。俺を甘(あま)くみるなよ。俺は――」
「お前のお袋(ふくろ)さん、食堂(しょくどう)をやってるんだってな。お袋さんの手料理(てりょうり)、食いたいんだろ?」
<つぶやき>容疑者との駆(か)け引きはどちらに軍配(ぐんばい)が上がるのでしょう。真剣勝負(しんけんしょうぶ)ですよね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0537「助手の秘密」
「所長(しょちょう)! あたしを戻(もど)してください。あんなところにいても、何も――」
 とある研究機関(きかん)の所長を前にして、見覚(みおぼ)えのある女性が詰(つ)め寄っていた。彼女は、あの等々力(とどろき)教授の助手(じょしゅ)として働いていた女子大生。教授(きょうじゅ)の研究室を飛び出して、こんな所へ来ていたのだ。
「待ちたまえ。私は君(きみ)の才能(さいのう)を認(みと)めているんだよ」
 温厚(おんこう)そうな顔つきの所長は、彼女に微笑(ほほえ)みかけて言った。「君には、まだまだやってもらわなきゃいけないことがあるんだ。これは、君にしかできないことだ」
「でも、あんな教授の研究(けんきゅう)にどんな価値(かち)があるんですか? 今だって、スカートの流行(りゅうこう)を予測(よそく)する装置(そうち)を作ってるんですよ。あたしに、ミニをはかせようとしてるんです」
 所長は驚(おどろ)いた顔をして、「それは変(へん)だ。等々力がそんなことに興味(きょうみ)を持つはずがない。あいつとは大学の同期(どうき)でね、その頃(ころ)から女性に関心(かんしん)などなかった。……これは何かあるな。すぐに戻りたまえ。どんな研究なのか突(つ)き止めるんだ」
「そんな、あたしは…。わかりました、戻ります。でも、あたし28ですよ。それなのに、何で二十歳(はたち)の女子大生ってことになるんですか? 絶対(ぜったい)、無理(むり)があると思うんですけど」
「大丈夫(だいじょうぶ)だ。君は童顔(どうがん)だから、18って言っても誰(だれ)も疑(うたが)わないよ。何か分かったら逐一(ちくいち)報告してくれ。それと、君…。スカートはもう少し短い方がいいんじゃないのか?」
「イヤです! 所長までなに言ってるんですか。絶対(ぜったい)、短くしませんから!」
<つぶやき>等々力教授の研究を探るために助手になったんですね。上司(じょうし)の命令(めいれい)じゃ…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0538「花火小会」
 友人(ゆうじん)から花火(はなび)をやるから来ないかと誘(さそ)われた。僕(ぼく)は彼女を誘って行くことにした。何もいらないから手ぶらで来いと言われたが、そんなわけにもいかないだろうと、彼女がちょっとした手料理(てりょうり)を作ってくれた。
 僕は友人の家に着くと、勢(いきお)い込(こ)んで言った。
「さあ、どこでやるんだ。近くの公園(こうえん)か?」
 友人は静(しず)かに答えて、「あの公園は花火禁止(きんし)なんだ。だから家(うち)でやるんだよ」
 そう言って、友人は庭(にわ)へ出る窓(まど)の引き戸を開けた。友人の家には、小さいながらも庭があった。猫(ねこ)の額(ひたい)ほどの庭に縁台(えんだい)が置いてあり、近くには水の入ったバケツも用意(ようい)されている。僕はさっそく庭に出て…。縁台の上に置いてある花火を見て唖然(あぜん)とした。
「えっ? これって…」僕は友人に訊(き)いた。「これだけなのか? 他のやつは…」
 友人はビールやつまみを用意(ようい)しながら言った。「俺(おれ)、それが好きなんだよ。それに、ここ、住宅地(じゅうたくち)だろ。だから、あんまり煙(けむり)や音(おと)の出るやつはまずいからな」
「それにしたって、線香(せんこう)花火だけじゃつまんないだろ。せっかくの花火なのに」
 僕が不満(ふまん)そうに言うと、友人を手伝(てつだ)っていた僕の彼女が駆(か)け寄って来て言った。
「あたしも、線香花火って好きなんです。キラキラしてて奇麗(きれい)じゃないですか」
 彼女は目を輝(かがや)かせている。僕は、「そうだよねぇ」、と言うしかなかった。
<つぶやき>派手(はで)な花火もありますが、線香花火も風情(ふぜい)があっていいんじゃないですか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0539「本当の気持ち」
「えっ? あなた、私を誘(さそ)ってるの?」
 素子(もとこ)は突然(とつぜん)のことに動揺(どうよう)していた。それを隠(かく)すように思わぬことを口走(くちばし)る。
「ちょっと、やめてよ。私、そんな軽(かる)い女じゃないから」
 誘った男性は、ひとつ年下(としした)の後輩(こうはい)で…。素子の素(そ)っ気ない態度(たいど)に戸惑(とまど)いながら、
「すいません。別に、そんなつもりで誘ったわけじゃ…」
 気まずい雰囲気(ふんいき)のまま、彼は行ってしまった。素子は彼の後ろ姿(すがた)を見つめながら、哀(かな)しげな顔をする。――彼女はほんとうは彼のことが好きなのだ。でも彼の前に来ると、妙(みょう)に緊張(きんちょう)してしまって、気持ちとは裏腹(うらはら)の態度をとってしまう。
 素子がしょげているところに、先輩(せんぱい)の安江(やすえ)がやって来て声をかけた。
「ねえ、今夜、空(あ)いてる? ちょっと付き合わない?」
 安江は面倒見(めんどうみ)のいい先輩で、みんなから慕(した)われていた。素子はすぐに承諾(しょうだく)した。
「実(じつ)は、加藤(かとう)くんが何か相談(そうだん)があるんだって。私と二人だけってのは、ね」
 加藤くん。さっき素子を誘った彼のことだ。――そんなにすぐに他の人を誘うわけ。素子は、どういうつもりなのよ、とちょっと腹(はら)が立った。でも、相談ってなに?
 素子はためらいながら言った。「私なんかがいたら、加藤くんに…」
 さっき、あんな別れ方をしたし、合わせる顔なんて…。
 安江はニコニコしながら、「なに言ってるのよ。私たちの可愛(かわい)い後輩でしょ」
<つぶやき>安江は二人を結(むす)ぶキューピットになるのか、それとも別の展開(てんかい)へ行くのか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0540「しずく23~呪縛」
 月島(つきしま)しずくがいくら枝(えだ)を振(ふり)り回しても、何の効果(こうか)もなかった。狼(おおかみ)たちがそんなことでひるむはずもなく、しずくの周(まわ)りを取り囲(かこ)んでしまった。しずくは何をどうしたらいいのか、まったく考えられなくなっていた。恐怖(きょうふ)のために手が震(ふる)え、立っているのが精一杯(せいいっぱい)――。
 それはあっという間(ま)の出来事(できごと)だった。頭の上に何かの気配(けはい)を感じたしずくは、上を見上げた。そこには黒(くろ)い大きな塊(かたまり)があって、こっちへ向かって落ちて来る。避(さ)ける間(ま)などなかった。次の瞬間(しゅんかん)にはしずくは地面に倒(たお)されて、身体(からだ)の上に大きな狼がのしかかっていた。いくらもがいても、どうすることもできない。
 狼は牙(きば)を剥(む)いて唸(うな)り声を上げると、大きな口を開けてしずくに迫(せま)った。しずくは思わず目をつむる。これで私の人生(じんせい)も終(お)わり、まだ恋(こい)もしてないのに――。狼の吐(は)く息(いき)が鼻(はな)をつく。首筋(くびすじ)に何か冷たいものが触(ふ)れた。それが首に巻(ま)きついてきてじわじわと締(し)めつける。しずくは苦(くる)しくなって目を開けた。
 目の前にいたのは狼ではなかった。いつの間にか狼たちは消(き)えていて、しずくの上に馬乗(うまの)りになっていたのは、あの男だ。またしても、あの暴漢(ぼうかん)男がしずくの首を締(し)めつけていた。しずくは必死(ひっし)にもがいた。男の手首(てくび)をつかんで、苦しい息(いき)のなか叫(さけ)んだ。
「なにすんのよ。放して! やめて! やめてっ!!」
<つぶやき>まるで幽霊(ゆうれい)のように現れる男。しずくは逃(のが)れることができるのでしょうか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0541「旅する…」
 僕(ぼく)は電車(でんしゃ)の中の忘(わす)れ物だった。ある人が首(くび)に名札(なふだ)を付けてくれて、そこから僕の旅(たび)が始まった。僕はふとしたことから自由(じゆう)を手に入れたのだ。
 これは幸(しあわ)せなことなのか、それとも不幸(ふしあわ)せなこと?
 そりゃ、ひとりで旅するんだから、辛(つら)いことだってある。出会う人は、良(い)い人ばかりじゃないからね。駅(えき)のゴミ箱(ばこ)に捨(す)てられたこともある。ここで僕の旅も終わりなのかと諦(あきら)めかけたとき、優(やさ)しい駅員(えきいん)さんが手を差(さ)しのべてくれた。嬉(うれ)しかった。助けてもらったお礼(れい)に、僕はその駅でしばらくマスコット役(やく)を引き受けた。
 旅する間に、いろんな持ち物が増(ふ)えていく。メモ帳の入った小さなリュックとか、可愛(かわい)い帽子(ぼうし)や、バッジを付けてもらったこともある。時には、無(な)くしてしまうこともあったけど、僕にとっては忘(わす)れられない思い出になった。
 乗り合わせた女の子の家に泊(と)めてもらったときは、奇麗(きれい)に洗(あら)ってもらって、ほつれたところを治(なお)してくれた。その子の家はとても居心地(いごこち)がよかったが、やっぱり僕の居場所(いばしょ)じゃなかった。僕は自由に生きると決めたのだから。
 僕は、また旅に出ることにした。今度は北へ行くのか、それとも南へ行くのか…。人任(ひとまか)せの僕の旅はいつまで続くのだろう? でも、いつかは終着駅(しゅうちゃくえき)へたどり着くはずだ。旅の終わりに何が待っているのか。それを楽しみに、僕の旅はまだまだ続く。
<つぶやき>人の手を離(はな)れて自由に旅をするなんて…。うらやましいと思うのは私だけ?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0542「煮え切らない」
「えっ、どうして? あたしから誘(さそ)ってるのに…」
 彼女は耳(みみ)を疑(うたが)った。彼が口(くち)にした言葉(ことば)を聞き間違(まちが)えたのか――。彼女は聞き返した。
「あたし、今、デートしようって、そう言ったのよ。どうしてダメなの?」
 二人は付き合い始めてまだ日が浅(あさ)かった。彼の方から告白(こくはく)してきて、何度かデートして、この人だったら…そう思えるようになった。だから、今日初めて彼女の方から次のデートの話を切り出したのだ。それなのに、それを断(ことわ)るなんて…。
「僕(ぼく)、その日はちょっと、ほかの用(よう)があって…」
 彼はそれ以上(いじょう)のことは言わなかった。彼女は心の中で、
「あたしのこと好きだって言ったくせに…。あたしよりも大切(たいせつ)な用って何なのよ」
 彼女は少し頬(ほお)を膨(ふく)らませて、「ねえ、用ってなに? 何があるのよ」
 彼は彼女から視線(しせん)をそらして、「それは、ちょっと…。あれだから…」
 彼女の心の中で、不信(ふしん)の波(なみ)がただよい始めた。あれってなに? あたしに教えられないこと? それって、知られるとまずいってこと? まさか、ほかに誰(だれ)かと付き合ってるとか…。二股(ふたまた)かけてるの!――彼は彼女の心の内(うち)など気にもかけていないようだ。
「じゃ、今日はここで。あっ、それとも、家まで送った方がいいかな。僕は、どっちでもいいんだけど。君(きみ)は、どうしたい?」
<つぶやき>はっきりしない男は嫌(きら)われますよ。言わなきゃいけないこと、言ってますか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0543「こんなはずじゃ」
 やっとの思いで彼女のメルアドをゲットした彼。ドキドキしながら、彼女に食事(しょくじ)のお誘(さそ)いメールを送った。彼は返信(へんしん)を待つあいだ、何も手につかなかった。
 翌日(よくじつ)になってやっと彼女から返信が来た。
「――いまちょっと仕事(しごと)が忙(いそが)しくて、またこちらからメールしますね」
 彼は思った。仕事が忙しいんじゃしょうがないや。――でも、三日たっても返信は来ない。彼は、彼女にまたメールを送った。すると、すぐに返信が返ってきた。
「――ごめんなさいね。また、みんなで食事でもしましょうよ」
 彼は思った。そうか、きっと二人だけで会うのは恥(は)ずかしいんだ。だから――。彼はさっそく共通(きょうつう)の友人たちに連絡(れんらく)をとり、食事会をセッティングした。
 食事会の当日(とうじつ)。彼女からメールが届(とど)いた。
「急に仕事が入ってしまって、今日は行けそうもないです。みんなで楽しんでください」
 彼は思った。えっ、今日は日曜だよ。彼女、日曜は休みのはずじゃ…。彼は食事会の写真を添付(てんぷ)して、彼女にメールを送った。送った。送った…。
 あれ以来(いらい)、彼女からの返信は――。後日(ごじつ)、友人の女子からこんなことを聞かされた。
「彼女、実家(じっか)へ戻(もど)ったみたいよ。何かあったのかな? 急に引っ越(こ)すなんて…」
 彼はその友人に訊(き)いた。「彼女の実家って、どこだか知ってる?」
<つぶやき>最初のアプローチを間違えると、取り返しのつかないことになる場合も…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0544「運命の囁き」
 もし、付き合っている女の命(いのち)があとわずかだと言われたら。しかも、あなたの命と引き換(か)えに助(たす)けることができると言われたら――。あなたなら、どうしますか?
 これは死に神(がみ)の囁(ささや)きに耳(みみ)を傾(かたむ)けてしまった男の物語(ものがたり)です。
 病室(びょうしつ)のベッドで苦(くる)しそうに横たわっている彼女。ベッドの傍(かたわ)らには、彼女の顔をじっと見つめている彼。何だかひどく悩(なや)んでいるようだ。彼は心の中で呟(つぶや)いた。
「俺(おれ)、この女と付き合い始めてから、何かしてもらったことって…。食事(しょくじ)に行けば、いつも俺が支払(しはら)いをした。デートのときは、何かしらプレゼントがないと機嫌(きげん)がわるいし。俺は、この女に愛(あい)されていたのだろうか? まるで、召使(めしつか)いのように使われていただけじゃなかったのか…。俺は、命をかけても、この女を助けたいのか…」
 彼の自問自答(じもんじとう)は続(つづ)いた。どこからか声がした。
「結論(けつろん)は出たかね? もうそんなに時間は残(のこ)されていない。手遅(ておく)れになるぞ」
 彼はどこにいるのか分からない死に神に向かって言った。
「ちょっと待ってくれ。そんな簡単(かんたん)に決(き)められないよ。俺の命がかかってるんだ」
「難(むずか)しく考えることはない。この女のことを愛しているなら、答えはおのずと出るはずだ。心配(しんぱい)するな。この女が死んでも、誰(だれ)もお前を責(せ)めやしない」
「……分かった。……決めたよ。俺は…、俺は、この人のことを――」
<つぶやき>彼はどんな結論を出したのでしょうか。それによってこの二人の運命(うんめい)は…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0545「しずく24~落ちる」
 月島(つきしま)しずくが叫(さけ)んだ瞬間(しゅんかん)、急に自分の身体(からだ)が軽(かる)くなった。身体の上に乗っていた重石(おもし)が外(はず)れた感じ…。
 ――何が起こったのか、しずくには理解(りかい)できなかった。自分の身体が宙(ちゅう)に浮(う)いているのだ。しかも、校舎(こうしゃ)の屋上(おくじょう)から飛び出している。当然(とうぜん)のことだが、しずくの身体は地面(じめん)に向かって落下(らっか)を始めた。何も考える余裕(よゆう)などなかった。死の恐怖(きょうふ)を感じる時間すらあるはずもない。
 ――突然(とつぜん)、誰(だれ)かに腕(うで)をつかまれて、しずくは校舎(こうしゃ)の壁(かべ)に身体をしこたまぶつけた。
 しずくはやっと我(われ)に返って、大きく息(いき)を吐(は)いた。今まで呼吸(こきゅう)をすることすら忘(わす)れていたのだ。しずくは荒(あら)い息のなか、自分がどういう状況(じょうきょう)におかれているのかを理解した。と同時に、恐怖(きょうふ)が全身(ぜんしん)を駆(か)け回った。叫び声が喉元(のどもと)まで出かかった時、上から声が聞こえた。
「ちょっと、動かないで! 静かにしてなさい」
 それは、柊(ひいらぎ)先生の声だった。先生は手すりから身(み)を乗(の)り出して、しずくの腕をつかんでいた。しずくは上を見上げて、心もとない様子(ようす)で小さく肯(うなず)いた。
「まったく、何やってるのよ。あなたには、自覚(じかく)ってものが――」
 先生が何か言っているのだが、しずくの耳(みみ)には入らなかった。先生は、今は何を言ってもムダだと感じたのか、ため息をついて、しずくの身体をグイっと引っ張り上げた。
<つぶやき>しずくは自分の能力(ちから)に気づいていない。そして運命(うんめい)を受け入れる準備(じゅんび)も…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0546「鳶に油揚げ」
 カウンターで男が二人、睨(にら)み合っていた。その間(あいだ)に挟(はさ)まれて、若い女が気持ちよさそうに眠(ねむ)っている。男たちは小声で言い合っていた。
「俺(おれ)が彼女を送(おく)って行くよ。お前は――」
「君(きみ)の家は、彼女の家とは全くの逆方向(ぎゃくほうこう)だろ。彼女は僕(ぼく)が送って行くよ」
「それはダメだ。お前は何をするか分からない。そもそも、彼女がこんなになるまで飲ませたのは君じゃないか。彼女がお酒(さけ)に弱(よわ)いって知ってるくせに――」
「何を言ってるんだ。彼女にお酒を勧(すす)めたのは君のほうだろ。僕は止めたじゃないか」
 そこへ別の男がやって来た。その男は彼女を見るなり言った。
「すいません。こいつがご迷惑(めいわく)をおかけして。俺、連(つ)れて帰りますから」
 男の一人が驚(おどろ)いた顔で訊(き)いた。「あなたは、いったい…。彼女とは…」
「俺っすか? 俺は、彼女の知り合いっていうか…。俺たち、付き合ってるんすよ。――ほら、起(お)きて。迎(むか)えに来たよ。立てるかい? しっかりしろよ」
 彼女は眠(ねむ)そうに目をこすりながら、「あっ、ヒロ君。来てくれたんだ。ありがとね…」
 そのまま二人は店を出て行った。残(のこ)された男二人。彼女を見送ると、どちらともなく、
「彼女、付き合ってる人、いたんだ。全然(ぜんぜん)、知らなかったよ」
「何でだよ。あんなチャラチャラしてる奴(やつ)の、どこがいいんだ?」
 二人はコップに残っていたお酒をグイっと飲み干(ほ)した。
<つぶやき>まさに、鳶(とんび)に油揚(あぶらあ)げをさらわれるってとこですね。でも、ほんとに彼氏(かれし)なの?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0547「見ていた」
 夜道(よみち)をどこかぎこちなく歩く二人。どうやら、付き合って間もないカップルのようだ。何度目かのデートの帰り道で、彼女を家まで送って行くところなのだろう。もうおしゃべりすることもなくなり、二人は黙(だま)って歩いていた。
 家の近くまで来たのか、彼女が立ち止まり彼の方に振(ふ)り返った。彼は、ドキッとして立ち止まる。見つめ合う二人。どちらからともなく、二人は歩(あゆ)み寄(よ)る。そして…、彼は彼女の薄紅色(うすべにいろ)の唇(くちびる)を見つめた。彼女は恥(は)ずかしそうに微笑(ほほえ)むと、顔を少し上へ向けて目を閉じる。彼は彼女の肩(かた)に優(やさ)しく手をやり、自分の顔を近づけていった。
 その時だ。彼は何かの気配(けはい)に気がついた。彼は手を彼女の肩に置いたまま、周(まわ)りをきょろきょろと見回(みまわ)した。だが、誰(だれ)も人がいる様子(ようす)はなかった。彼女はじれったそうに目を開けると、ちょっと不機嫌(ふきげん)な顔をする。彼女の頬(ほお)が微(かす)かに紅潮(こうちょう)しているのが見てとれた。
 夜空(よぞら)には、ちょうどまんまるいお月(つき)さんが、雲間(くもま)から顔を覗(のぞ)かせたところだ。彼は月をいまいましいそうに見つめ、かぶっていた帽子(ぼうし)で月の光から隠(かく)すようにして、二人は唇を重(かさ)ねた。そして、またしばらく見つめ合ってから、彼女は満足(まんぞく)そうに手を小さく振(ふ)って彼から離(はな)れて行った。
 この様子を、息(いき)を殺(ころ)して木陰(こかげ)から見つめていた人影(ひとかげ)。二人が離れていくと、人影は大きく息を吐(は)いた。そして、彼女を見送っている彼を睨(にら)みつけた。彼が気配を感じたのは、この人影だったのかもしれない。この人影こそ、誰あろう彼女の父親である。
<つぶやき>きっと帰りが遅(おそ)い娘(むすめ)を迎(むか)えに出たのかもしれません。心配(しんぱい)してるんですよ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0548「パパって?」
「ねえ、この写真(しゃしん)って誰(だれ)が撮(と)ったの?」
 リビングで娘(むすめ)がアルバムを見ながら言った。台所(だいどころ)で片付(かたづ)けをしていた母親が答(こた)えて、
「ああ、それはパパよ。家族写真(かぞくしゃしん)はみんなパパが撮ったの。あなただって知ってるじゃない」
「パパねぇ…。でも、パパってどんな人だったけ? よく憶(おぼ)えてないわ」
 母親は驚(おどろ)いて顔を覗(のぞ)かせて、「なに言ってるの? そこにいるじゃない」
 母親は食卓(しょくたく)の方を見た。テーブルの上には食べ終わった食器(しょっき)が並(なら)んでいる。母親は、
「おかしいわね。さっまで、朝ごはん食べてたのに。いつの間(ま)に出かけたのかしら?」
「ねえ、ママ。ママはどうしてパパと結婚(けっこん)したの?」
「どうしてって…。それは…、あれよ。パパの方から――」
「プロポーズされたの? ねえ、何て言われたの。あたし、聞きたい」
 母親は首(くび)をひねって、「プロポーズ……。えっ、そんなのされたかなぁ?」
「憶えてないの? それ、おかしいよ。人生(じんせい)を決(き)める言葉(ことば)じゃない」
「そんなこと言われても、思い出せないわ。――もういいじゃない、そんなことどうだって。あなたも早く食べなさい。学校に遅(おく)れるわよ」
「ねえ、今度、パパと一緒(いっしょ)に三人で写真撮ろうよ。パパの写真、一枚くらいなくちゃ」
<つぶやき>パパの写真も撮ってあげてください。パパが居(い)るってこと忘(わす)れないために。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0549「偽りの仮面1」
 とある高級住宅地(こうきゅうじゅうたくち)の朝。立派(りっぱ)な邸(やしき)が建(た)ち並(なら)んでいる通りを一人の女が歩いていた。年の頃(ころ)は二十代後半(こうはん)といったところか。端整(たんせい)な顔立ちをしていて、白い日傘(ひがさ)をさし、清楚(せいそ)な雰囲気(ふんいき)のワンピース姿(すがた)である。すれ違(ちが)う人たちが思わず振(ふ)り返るほど、何か人を惹(ひ)きつけるものがあった。だが彼女の目には、どこか冷(つめ)たい光がさしている。
 前からやって来た女子高生風(ふう)の女の子が、女を見つけると駆(か)け寄(よ)って来て言った。
「お姉(ねえ)さん、どうして? こんなとこで会えるなんて」
 女は優(やさ)しく微笑(ほほえ)みかけて、「あら、おはよう。知り合いのお宅(たく)があってね。それで…」
「そうなんだ。でも、会えてよかった。これからね、彼に会いに行くの。何かね、大事(だいじ)な話があるんだって。何だろ? プロポーズされちゃうかも」
「あなた、高校生でしょ。結婚(けっこん)なんて、まだ早いわ。それに…」
「もう、冗談(じょうだん)よ。でも、お姉さんに良(い)い人紹介(しょうかい)してもらって、ホントあたし幸(しあわ)せよ」
「そう、良かったわ。あなたが、可愛(かわい)い子で…」
 女の子は腕時計(うでどけい)を気にして、「あっ、いけない。待(ま)ち合わせに遅刻(ちこく)しちゃうわ。じゃ」
 女の子は手を振(ふ)って駆け出して行った。女はそれを見送って、行こうとしていた方へ向き直(なお)る。女の顔から微笑みが消(き)え、何か強い決意(けつい)が表情(ひょうじょう)をこわばらせた。
<つぶやき>何か訳(わけ)ありの女性です。これから、ひと波乱(はらん)ありそうな感じ…。どうなる?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0550「しずく25~倶楽部勧誘」
 どのくらいたったろうか、もうすっかり暗くなっていた。
 ――校舎(こうしゃ)の屋上(おくじょう)に寝転(ねころ)がっている二つの影(かげ)。雲間(くもま)から差し込む月の光が、辺(あた)りを照(て)らし出す。そこにいたのは月島(つきしま)しずくと柊(ひいらぎ)あずみ。二人は黙(だま)って夜空を見上げていた。
 柊は身体(からだ)を起こすと、しずくを見て言った。
「月島さん、私の倶楽部(くらぶ)に入りなさい。あなたを鍛(きた)え直してあげるわ」
 しずくは驚(おどろ)いて起き上がると、「えっ、私は…。クラブは自由参加(じゆうさんか)なんです。だから…」
「あなた、どうしてクラブに入らないの? 何か理由(りゆう)があるんでしょ」
「それは…、別に、やりたいこともないし…。もう、いいじゃないですか」
「あなた、このままだと私の担当教科(たんとうきょうか)は落第(らくだい)ね。進級(しんきゅう)できなくてもいいの?」
「どうして、そうなるの? 先生、何で私にそんな意地悪(いじわる)するんですか」
「意地悪? あなたも自分の能力(ちから)に気づいてるはずよ。だから、クラブにも入らないんでしょ。無駄(むだ)に明るく振る舞(ま)って、他の人間と仲良(なかよ)くしようとしてる。友だちとも適当(てきとう)に距離(きょり)をとって、本当の自分を隠(かく)すためにね」
 しずくは突然(とつぜん)立ち上がって、「私は普通(ふつう)の女の子です。他の娘(こ)と何も変わらないわ」
「滑稽(こっけい)すぎて、笑(わら)えないわ。あなたには自分ってものがないの。自分の能力を認(みと)めて――」
「先生に何がわかるの!」しずくは思わず叫(さけ)んで、その場から逃(に)げるように駆(か)け出した。
<つぶやき>しずくの心の中は複雑(ふくざつ)なのです。普通の女の子でいられたらどんなに良いか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0551「偽りの仮面2」
 女は、とある門(もん)の前で立ち止まった。広い芝生(しばふ)の庭(にわ)があり、二階建ての西洋風(せいようふう)の洒落(しゃれ)た邸(やしき)がそこから見えた。女は何のためらいもなく呼び鈴(りん)を押(お)す。
 しばらく待っていると、インターホンから女性の声がした。「はい、どちら様(さま)ですか?」
 女はインターホンに顔を近づけて、明るく優(やさ)しい声で答(こた)えた。
「ニコニコ商会(しょうかい)から参(まい)りました、小林(こばやし)です。朝早く、すいません」
 それっきり、インターホンからの返答(へんとう)はなかった。女の顔から笑(え)みが消(き)える。女は門を開けると敷地(しきち)の中へ足を踏(ふ)み入れた。玄関(げんかん)までは二十メートルほどか、途中(とちゅう)に車庫(しゃこ)があり、高級車(こうきゅうしゃ)が駐(と)めてあった。女は横目(よこめ)でそれを確認(かくにん)する。
 玄関までたどり着くと、女は日傘(ひがさ)をたたんで玄関の呼び鈴を押す。女の顔は無表情(むひょうじょう)のままだ。また呼び鈴を押そうとして、玄関の扉(とびら)がゆっくりと開いた。中から覗(のぞ)く女の顔。ここの奥様(おくさま)なのだろう。急(きゅう)に玄関から飛(と)び出すと、後ろ手に扉を閉めて声を押し殺して、
「困(こま)ります。ここには来ないでください。主人(しゅじん)が――」
 女はわずかに微笑(ほほえ)むと、「奥様。ご返済(へんさい)の期限(きげん)が来ましたので、集金(しゅうきん)にお伺(うかが)いしました」
「それは…」奥様は俯(うつむ)きながら震(ふる)える声で、「もう少し、待ってください。必(かなら)ず、お支払(しはら)いしますから。ですから、今日はこれで帰ってもらえませんか?」
「それでは利子(りし)が増(ふ)えるばかりですよ。今日は、ご返済のご提案(ていあん)をお持ちしました」
<つぶやき>この家には隠(かく)しごとがありそうです。奥様はどうしてお金を借(か)りたのでしょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0552「偽りの仮面3」
 女は奥様(おくさま)に微笑(ほほえ)みかけた。でも、その目は獲物(えもの)を狙(ねら)う獣(けもの)のように冷(つめ)たいものだった。それを感じたのか、奥様の顔に不安(ふあん)の色がありありと浮(う)かんでいた。
 その時、玄関(げんかん)の扉(とびら)が開いた。中から出て来たのは、この家の主人(しゅじん)。五十代後半といったところか。小太(こぶと)りで頭も少し禿(は)げかけていて、どこかずる賢(がしこ)い目をしていた。どう見ても、女に好かれるタイプではない。奥様がどうしてこの男を選(えら)んだのか? 他にも言い寄(よ)る男はいただろうに。奥様は、それほど若(わか)い頃(ころ)は美しかったはずである。
 主人は女の顔を見るなり、ハッとして息(いき)を止めた。女は硬直(こうちょく)している主人に向かって、艶(なま)めかしい笑(え)みを浮かべる。主人は動揺(どうよう)を隠(かく)しながら妻(つま)に言った。
「おい、出かけなきゃならんのに、何をしてるんだ」
「ごめんなさい。すぐにお支度(したく)を…」
 妻はおどおどしながら頭を下げると、慌(あわ)てて家の中へ戻(もど)って行った。主人はそれを見送(みおく)ると、女に向き直って何か言いたげな顔をする。女はそれを制(せい)して、
「お出かけですか? 構(かま)いませんよ。あたし、奥様と大事(だいじ)なお話しがあるので」
「大事な話? 何だ、それは。まさか、お前――」
 女は意味(いみ)ありげに微笑むと、主人の横をすり抜(ぬ)けて家の中へ入って行った。
「おい、待て。勝手(かって)に入るんじゃない。ここは、お前が――」
 主人が何を言っても無駄(むだ)のようだ。女はずかずかと家に上がり込んで行った。
<つぶやき>何なの? ここの主人も、女と関係(かんけい)ありですか。この女は一体(いったい)何者なのか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0553「偽りの仮面4」
 豪華(ごうか)な装飾品(そうしょくひん)が並(なら)ぶリビング。ここの主人(しゅじん)の趣味(しゅみ)なのか、どれもこれもあまり良いセンスとは言えない。飾(かざ)り立てすぎていて、どうにも落ち着かない。リビングのソファに腰(こし)を下ろして女は思った。それに、さっきから目の前に座っている主人が、こっちを睨(にら)みつけているのだ。だが、女はまったく意(い)に介(かい)さない様子(ようす)。
 そこへ妻(つま)がお茶(ちゃ)を運んで来た。お茶をテーブルの上に並べると夫(おっと)に向かって言った。
「あなた、お出かけになるんじゃ…」
 主人は機嫌(きげん)が悪(わる)そうに、「かまわん。お前、何でお茶なんか出すんだ」
 女はすかさず声をかけた。「ありがとうございます。いただきますわ」
 女はお茶を一口すすると、「あたしはかまいませんよ。ご主人様(さま)にも聞いていただいた方がいいかもしれません。奥様(おくさま)、どうぞおかけになって下さい」
 妻は、夫の横にしぶしぶ座ると、覚悟(かくご)を決めたのか夫に向かって言った。
「あなた、実(じつ)は…。私、こちらから、お金を、お借(か)りしてるんです」
 夫は驚(おどろ)いた顔をして、「金だと。どういうことだ。お前には、月々(つきづき)ちゃんと――」
「奥様はお寂(さび)しかったんですよ」
 女が口を挟(はさ)んだ。夫は女を一瞥(いちべつ)すると妻に向かって、「何の金だ。一体(いったい)いくら借りたんだ」
 二人の様子(ようす)を見て女がクスッと笑って、「大した金額(きんがく)じゃありませんわ。一千万です」
<つぶやき>庶民(しょみん)にとっては大金(たいきん)ですよね。この奥さん、一体、何に使ったのでしょう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0554「偽りの仮面5」
「一千万?!」主人は顔を真っ赤にして言った。「そんな金、何に使ったんだ! お前は、俺(おれ)が拾(ひろ)ってやったのに、その恩(おん)を仇(あだ)で返すとは――」
 主人(しゅじん)は妻(つま)を殴(なぐ)り倒(たお)した。妻は叩(たた)かれた頬(ほお)を押(お)さえながら、
「何よ! あなたは、私のことなんか愛(あい)してないじゃない。お金にものをいわせて、私のことを…。それでも私、あなたのために尽(つ)くしてきた。だけど――」
「尽くすのは当たり前だろ。俺の足を引っぱるようなまねをするんじゃない!」
 女は二人のやり取りを、無表情(むひょうじょう)な顔で傍観(ぼうかん)していた。止める気などまったくないようだ。妻は、やけになり夫(おっと)をソファに押し倒して、
「あなたには、家族(かぞく)なんてどうでもいいのよ! 私、知ってるのよ。――あなた、若い女を囲(かこ)ってるんでしょ。忙(いそが)しいと言いながら、よその女と…」
「うるさい! 俺が外(そと)で何をしようと、お前が口を出すことじゃない」
 女がぼそりと呟(つぶや)いた。「そうですね。あちこちにお付き合いがおありのようですから」
 夫婦(ふうふ)は、ここに他人(たにん)がいることに改(あらた)めて気がついた。妻は首(くび)をかしげながら女に言った。
「どうして? あなた、どうして、そんなことを知ってるの?」
 女はわずかに微笑(ほほえ)むと、「あら、意外(いがい)だわ。もうご存知(ぞんじ)だとばかり思ってたのに。あたし、この人の愛人(あいじん)のひとりなんです」
 妻はその場にへたり込んだ。まさか、愛人からお金を借(か)りているなんて…。
<つぶやき>この女はどこまでこの家族と絡(から)んでるのよ。最初に出てきた女子高生も…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0555「しずく26~帰宅」
 夜中(よなか)の十二時をまわっていた。月島(つきしま)しずくはどこをどう歩いたのか、やっと家の前までたどり着(つ)いた。家の中は電気(でんき)が消えていて真っ暗(くら)である。玄関(げんかん)の外の電灯(でんとう)が小さく灯(とも)っているだけ。
 しずくは小さなため息(いき)をつくと、玄関の鍵(かぎ)を開けて家の中へ入った。こんなに遅(おそ)くなったのだ。両親(りょうしん)に怒(おこ)られることは覚悟(かくご)していたが、誰(だれ)も私のことを待ってないなんて…。
 靴(くつ)を脱(ぬ)いで上がろうとしたとき、玄関の電気がついた。まぶしさに、しずくは目を細(ほそ)める。目の前に立っていたのは、不機嫌(ふきげん)そうな顔をした神崎(かんざき)つくね。しずくは驚(おどろ)いて、
「えっ、どうして…。何で、私が帰ってきたの…。あっ、待っててくれてたの?」
「そんなわけないじゃない。ずいぶん遅かったのね。今まで何してたの?」
「それは…。ちょっとね、いろいろあって…」
「そう。別に、あたしにはどうでもいいことだけど。明日も学校があるんだから、早く寝ないと起きられないわよ。遅刻(ちこく)しても知らないから」
 つくねはそのまま自分の部屋へ行ってしまった。しずくは、ひとり呟(つぶや)いた。
「なに怒ってるのよ。いやな感じ。――もう、今日は何て日なの…」
 その夜、しずくはなかなか眠れなかった。ベッドの中で何度も寝返(ねがえ)りをうちながら、いろんなことが頭の中を駆(か)けめぐっていた。それでも、明け方ごろにはウトウトとしたようだ。でも、弟(おとうと)に手荒(てあら)く起こされて、いつも通りの朝を迎(むか)えた。
<つぶやき>遅くなる時は、ちゃんと家の人に連絡(れんらく)をいれましょう。心配(しんぱい)してるんだから。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0556「偽りの仮面6」
 主人(しゅじん)は女の顔を睨(にら)みつけて、ゆっくりとソファに座(すわ)った。そして、女を脅(おど)すように、
「お前の目的(もくてき)は何だ? 何のためにここへ来たんだ!」
 女は主人を睨み返して艶(なま)めかしい声で、「すぐに分かるわ。そんなに慌(あわ)てないで」
「どいつもこいつも、女って奴(やつ)は…。お前もそうだ。俺(おれ)が、お前にどれだけ金を使ったか分かってるのか。それを――」
「そのお金は、有効(ゆうこう)に使わせてもらったわ」女は妻(つま)の方を見て言った。
「まさか、そのお金をこいつに…。まったくお前って女は――」
「あなたも楽(たの)しんだじゃありませんか。何人もの女性と夜を共(とも)にして…」
 主人は怪訝(けげん)そうな顔をする。すかさず女が笑(わら)いながら言った。
「あなた、まさか自分(じぶん)が女性に好(す)かれてるなんて思ってないでしょうね。おかしいわ、そんなはずないじゃありませんか。あたしが、後腐(あとくさ)れの無(な)い女をあてがってあげたのよ」
「何を言ってるんだ。――あれは全部(ぜんぶ)、お前が仕向(しむ)けたって…」
「そうよ。あなた好(ごの)みの女性を探(さが)すのは大変(たいへん)だったのよ。おかげでずいぶん稼(かせ)がせていただいたわ。でも、そろそろ限界(げんかい)なんじゃない。会社(かいしゃ)の――」
「黙(だま)れ! 俺をよくも欺(だま)してくれたな。このままですむと思うな。訴(うった)えてやる」
「あら、あたし、お金を要求(ようきゅう)したことなんて一度もないわよ。これって罪(つみ)になるのかしら」
<つぶやき>一体(いったい)、何人の愛人(あいじん)にお金を貢(みつ)いだのでしょう。お金で愛なんて買えないのに。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0557「偽りの仮面7」
 主人(しゅじん)は苦虫(にがむし)をかみつぶしたような顔をした。妻(つま)は立ち上がりキッチンの方へ駆(か)け込んで行く。――しばしの沈黙(ちんもく)。女は何を考えているのか、窓(まど)から庭(にわ)の方を眺(なが)めていた。その時、二階から階段(かいだん)を駆け下りて来る足音(あしおと)が聞こえた。どうやら、ここの息子(むすこ)のようだ。
 息子はリビングに父親(ちちおや)が立っているのを見て、思わず立ち止まった。そしてふて腐(くさ)れるように呟(つぶや)いた。「何だ、まだいたのかよ」
 父親は息子に八つ当(あ)たりするように、「何だ、その言い方は! 毎日ぶらぶらして、大学(だいがく)へは行ってるのか? 今度留年(りゅうねん)したら、もう金は出してやらんぞ」
 息子は、持っていた大きなバッグを床(ゆか)に放(ほう)り出して言った。
「もういいよ。俺(おれ)、この家を出て行くんだ。仕事(しごと)も自分(じぶん)で見つけたから」
「何だと…。ふん、お前みたいな怠(なま)け者を雇(やと)ってくれるところがあるとはな。出て行きたければ出てけ。せいぜいクビにならないように――」
 息子はソファで背(せ)を向(む)けて座(すわ)っている女に気がついて、ちょっと驚(おどろ)いた顔をする。それを見た父親は、「お前、この女を知ってるのか?」
 今まで外(そと)を見ていた女が振(ふ)り返った。その顔には慈愛(じあい)の微笑(ほほえ)みが浮(う)かんでいた。息子は女の方へ駆け寄って言った。「めぐみさん、どうしてここに?」
「あなたのことが心配(しんぱい)になってね。もう大丈夫(だいじょうぶ)よ。お父(とう)さまにちゃんとお話ししたから」
<つぶやき>この女、息子とも関係(かんけい)があるのか? 一体(いったい)これは、どうなってるんでしょう。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0558「偽りの仮面8」
 主人(しゅじん)は息子(むすこ)のえり首(くび)をつかむと言った。「お前は、この女と、どういう関(かか)わりがあるんだ」
 息子はその手を振(ふ)りほどき、「あんたには関係(かんけい)ないだろ。この人は、俺(おれ)を助(たす)けてくれたんだ。真面目(まじめ)に働(はたら)けって言ってくれた。それに、借金(しゃっきん)だって肩代(かたが)わりしてくれて――」
「借金だと…、お前もか。何だってこの女に!」
 女は立ち上がって、息子の背(せ)を押(お)すようにして言った。
「さあ、もう行きなさい。時間に遅(おく)れたら大変(たいへん)よ。せっかくあなたを雇(やと)ってくれたのに」
「ああ、そうだね。めぐみさんには感謝(かんしゃ)してるよ。俺、ちゃんとやり直(なお)すから」
 息子はそう言うと、後ろを振り向くこともなく、バッグを抱(かか)えて家を飛(と)び出していった。主人は怒(いか)りで身体(からだ)を震(ふる)わせて女を睨(にら)みつける。女は平然(へいぜん)としてソファに座(すわ)ると、
「さあ、これでゆっくりお話しができるわ。どうぞ、お座りになって」
 主人は女の前に座ると、「お前は一体(いったい)、何なんだ。何のためにこんなことを…。俺に何の恨(うら)みがあるって言うんだ。派遣(はけん)社員でうちへ来たとき、目をかけてやったのは俺だぞ。愛人(あいじん)にしたのだって、お前のほうから誘(さそ)ってきたんじゃないか。それなのに――」
「そうね。――あたし、あなたに会ったことあるのよ。もう、十年前になるかしら」
 女は口元(くちもと)に微笑(ほほえ)みを浮(う)かべたが、その視線(しせん)は震(ふる)え上がるほど冷(つめ)たいものだった。
<つぶやき>この二人は過去(かこ)に何があったのでしょう。そして、この家族(かぞく)の運命(うんめい)はいかに。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0559「偽りの仮面9」
 主人(しゅじん)は女の顔をまじまじと見つめたが、どうにも思い出せない。女は、
「あたし、まだ子供(こども)だったから。でも、あたしの名前(なまえ)を聞いても全然(ぜんぜん)気づかないんだもの。だからあたし、あなたの家庭(かてい)も壊(こわ)してあげようと思って」
「何だと…。神谷(かみや)…、あかね…。誰(だれ)だ? 神谷…。ええっ、俺(おれ)は知らんぞ! そんな――」
「別に構(かま)わないわよ。思い出してもらわなくても。あなたの家庭はもう壊れちゃったから」
「どういうことだ? お前、何をしたんだ!」
 女は笑(わら)い声を上げて、「あなた、家族(かぞく)のことなんか何とも思ってないじゃない。自分(じぶん)のことしか頭にない。そうでしょ?――仕方(しかた)ないわね。じゃあ、教えてあげる。さっきの勇太(ゆうた)くん。彼の借金(しゃっきん)って、ギャンブルが原因(げんいん)なのよ。誰に、そんなこと教わったのかしらね」
「まさか…、お前がギャンブルに誘(さそ)ったのか?」
「あら、いやだ。あたしじゃないわ。あたしはただ、お金を返(かえ)す方法(ほうほう)を教えて上げただけ。別に、借金の肩代(かたが)わりをしたわけじゃないわ。ちょっときつい仕事(しごと)だけど、何年か頑張(がんば)れば戻(もど)ってこられるわよ。まあ、音(ね)を上げても、逃(に)げ出せないけどね」
「きつい仕事って、何をやらせるつもりだ」
「男の仕事よ。海の上でお魚(さかな)をとるの。でも、あんなひ弱(よわ)な身体(からだ)で大丈夫(だいじょうぶ)かしら。もし病気(びょうき)にでもなったら、きっと帰って来られないかも。あの船長(せんちょう)さん、ひどい人だから」
<つぶやき>お金を借りるときには、よく考えてからにしましょう。返せないと大変(たいへん)です。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0560「しずく27~最後の朝」
 いつも通(どお)りの朝。月島(つきしま)しずくは眠(ねむ)そうな目で食卓(しょくたく)についた。楽しそうにおしゃべりしている母親、ふざけている弟(おとうと)に、何だかご機嫌(きげん)ななめの神崎(かんざき)つくね。父親はもう出かけてしまったのか、食べ終わった食器(しょっき)がそのままになっている。
 昨夜(ゆうべ)、帰りが遅(おそ)くなったことを口にする者(もの)はいなかった。それもあって、あえてしずくも何も言わなかった。何だか気がとがめて、もやもやした感じが残(のこ)っている。それでも学校(がっこう)へは行かなくてはいけない。子供(こども)たちはそれぞれに家を飛(と)び出して行った。あいかわらず、つくねはしずくとは違(ちが)う道(みち)を歩いて行く。どの道を通(とお)るのか知らないが、しずくよりも先に学校に着いているので近道(ちかみち)があるのかもしれない。
 子供たちを見送(みおく)った母親は、食事(しょくじ)の後片(あとかた)づけを手早(てばや)く済(す)ませると、何かを待っているようにテーブルについた。しばらくすると、ひとり言のように呟(つぶや)いた。
「お久(ひさ)しぶりね。あなたが来たってことは…」
 いつの間(ま)にか、母親の後ろに髪(かみ)の長い黒服(くろふく)の女が立っていた。女教師(きょうし)の柊(ひいらぎ)あずみだ。
「楓(かえで)おばさん、大事(だいじ)な話があるの。分かってるとは思うけど…」
 母親はあずみの顔を見つめて、いつもの笑顔(えがお)で言った。「あなた、お母さんに似(に)てきたわね。昔(むかし)に戻(もど)ったみたい。まあ、お座(すわ)りなさいよ。今、お茶(ちゃ)を淹(い)れるわ」
<つぶやき>この二人は、どうやら知り合いのようです。大事な話って何なのでしょうか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0561「偽りの仮面10」
 主人(しゅじん)は吐(は)き捨(す)てるように言った。「ふん、あんなごくつぶし。どこで野垂(のた)れ死(じ)にしようがかまうもんか。どうせ何の役(やく)にも立たんからな」
「まあ、可哀(かわい)そう。でも、仕方(しかた)ないわね。その通(とお)りなんだから」
 女はそう言うと、キッチンのほうをうかがった。でも、妻(つま)の姿(すがた)はここからでは見えない。女は改(あらた)めて座(すわ)り直して、主人の顔を見据(みす)えて言った。
「では、奥(おく)さまにお貸(か)ししている一千万の返済(へんさい)の件(けん)ですが――」
「俺(おれ)は知らんぞ。あいつから取り立てればいいだろ。どうせ返(かえ)せるもんか」
「はい。それは初めから分かってましたので、別(べつ)の方(かた)に返済(へんさい)してもらうことにしました」
「別の方? あいつの親類(しんるい)にそんな金持(かねも)ちがいるはずないだろ。まったく、何にそんな金を使ったんだ。まさか、誰(だれ)かに欺(だま)されて…」
「奥さまも、お寂(さび)しかったんじゃないですか。こんな大きなお屋敷(やしき)でひとりだなんて…」
「男か? あんな不細工(ぶさいく)な女が、男に貢(みつ)いだのか? もう終(お)わりだ。離婚(りこん)してやる」
「それはいいですね。そうすれば、奥さまも自由(じゆう)の身(み)になれますわ。贅沢(ぜいたく)な暮(く)らしはできませんけどね。ああ、そうそう。返済の件は大丈夫(だいじょうぶ)だと思いますよ」
 主人は怪訝(けげん)そうな顔をして、「何を言ってるんだ。どこにそんな…」
「まゆちゃん。まだ高校生(こうこうせい)ですけど、将来(しょうらい)楽しみですよね。磨(みが)けば、素敵(すてき)な女になると思いますよ。きっと、たくさん稼(かせ)いでくれるはずですわ」
<つぶやき>どこまで卑劣(ひれつ)なことをするのでしょう。よほどの恨(うら)みがあるのでしょうね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0562「偽りの仮面11」
 主人(しゅじん)の顔色(かおいろ)が変わった。それを見てとった女はふてぶてしく言った。
「あら、あなたも娘(むすめ)のことになると心配(しんぱい)ですか?」
「何をした? 娘には関係(かんけい)ないだろう。もし娘に何かあったら――」
「あたしの父も、家族(かぞく)のことを心配しながら死んでいったのかしら? 神谷慎次(かみやしんじ)。あなたに横領(おうりょう)の罪(つみ)をきせられて自殺(じさつ)した…。あなたに殺(ころ)されたようなものね」
「神谷慎次…。まさか、神谷の…、娘だったのか?」
「そうよ。父は、あなたの上司(じょうし)だったのよね。あなたがしていた横領を…」
「何を言ってる。私が横領だと。そんな証拠(しょうこ)、どこにあるんだ。いい加減(かげん)なことを言うな」
「あたしが何のために、あなたのいる会社(かいしゃ)に入ったと思ってるの。あなたに会社の金を使わせるためよ。一度味(あじ)をしめると、止(や)められなくなるのよね。あなたのしてきたこと、今ごろ、会社の社長(しゃちょう)さんの耳(みみ)にも入ってると思うわ」
「バカな…。どうして、そんなことに…。そんな証拠、俺(おれ)が残(のこ)すわけないだろ」
「さあ、それはどうかしら…。今に分かるわ。あなた、どんな顔をするのかしら?」
 その時、憔悴(しょうすい)しきった顔をして妻(つま)が戻(もど)って来た。手には包丁(ほうちょう)が握(にぎ)られている。ゆっくりと女に近づくと、包丁を突(つ)き出して妻は言った。
「もう出てって! あなたなんかに…、何で私の大切(たいせつ)にしてきた子供(こども)たちを――」
<つぶやき>これはとっても危険(きけん)なことになってきました。この先、どうなっちゃうの?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0563「偽りの仮面12」
 妻(つま)は、包丁(ほうちょう)を振(ふ)り回して女を追(お)いかけ回した。だが、途中(とちゅう)で足がもつれて床(ゆか)へ倒(たお)れ込む。その拍子(ひょうし)に、包丁は妻の手を離(はな)れて床を滑(すべ)って行った。それでも妻は止(や)めようとしなかった。妻は女をつかまえると、取っ組み合いになる。お互(たが)いに一歩(いっぽ)も引かなかった。
 女が妻を壁(かべ)に押(お)しつけたとき、いつの間にか主人(しゅじん)がすぐ横に立っていた。その瞬間(しゅんかん)、女は顔を歪(ゆが)めて主人を見つめる。主人は嫌(いや)らしい目つきで笑(え)みを浮(う)かべた。妻には何が起こったのか分からなかった。だが女が自分から離れていくと、すぐに分かった。女のワンピースのわき腹(ばら)のあたりが真っ赤な血(ち)で染(そ)まっていたのだ。
 女が倒れ込むと、主人は手に包丁をにぎったまま笑(わら)いながら言った。
「ハハ…、お前なんかに邪魔(じゃま)されてたまるか。俺(おれ)は、俺はもっと偉(えら)くなるんだ」
 女は顔を上げると、喘(あえ)ぎながら主人に向かって呟(つぶや)いた。
「これからよ。これから、本当(ほんとう)の復讐(ふくしゅう)が始まるの…。あなたは、もうおしまいよ」
 その時、玄関(げんかん)のチャイムが突然(とつぜん)鳴(な)り出した。主人は、自分のしてしまったことに初めて気づいたように、その場(ば)に立ちつくした。庭(にわ)を回って来たのだろう、スーツ姿(すがた)の男たちが走り込んでくる。男たちは、部屋の中に血を流して倒れている人を見つけて大騒(おおさわ)ぎになった。男の一人が窓(まど)を叩(たた)き叫(さけ)んだ。「警察(けいさつ)だ! ここ開(あ)けなさい! 開けるんだ!」
 それと同時(どうじ)に、玄関から入って来た刑事(けいじ)たちが、包丁を持った主人を取り囲(かこ)んだ。
<つぶやき>壮絶(そうぜつ)な結末(けつまつ)になってしまいました。女は助(たす)かったのでしょうか、それとも…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0564「海賊島1」
「宝(たから)探(さが)しなんて、俺(おれ)、聞いてねえぞ」
 林田(はやしだ)は大きな荷物(にもつ)を抱(かか)えて言った。林田は体格(たいかく)は立派(りっぱ)で体力(たいりょく)もあるのだが、ちょっと頭の使い方を知らないタイプだ。島(しま)の地図(ちず)を見ながら、伊集院(いじゅういん)が言った。
「文句(もんく)を言うなよ。タダで連れて来てやったんだ。きっちり仕事(しごと)はしてもらうからな」
 少し離(はな)れたところで奇声(きせい)をあげたのは、久美子(くみこ)である。
「わ~あ! 海、きれい! ねえ、見て。早く泳(およ)ぎに行こうよ」
 彼女は宝探しにはまったく興味(きょうみ)はないようだ。彼女がなぜついてきたのか、よく分からない。伊集院の恋人(こいびと)というわけでもないようだ。謎(なぞ)の女である。が、今どきの娘(こ)なのか、きゃぴきゃぴと、どことなく愛嬌(あいきょう)がある。伊集院は久美子に叫(さけ)んだ。
「何してんだ! 俺たちは、観光(かんこう)に来たんじゃないんだぞ。海なんてもってのほかだ」
「えっ! なんで? あたし、南の島だって聞いたから、水着(みずぎ)持って来たのに。いま流行(はやり)の、超(ちょう)かわいいやつなのよ。こんな、ビキニなの。ビキニ…」
 久美子は手を使って説明(せつめい)するのだが、伊集院はまったく気にもとめなかった。今は女より、宝のほうに目が向いているようだ。伊集院はさっさと歩きながら言った。
「こっちだ。民宿(みんしゅく)に着いたら、すぐに明日からの準備(じゅんび)をするからな――」
<つぶやき>南の島で宝探しなんて、ロマンです。これからどんな冒険(ぼうけん)が始まるんでしょ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0565「しずく28~母の思い」
 柊(ひいらぎ)あずみは、月島楓(つきしまかえで)がお茶(ちゃ)を出してテーブルに着くのを待って言った。
「おばさん、あいつらの手がここまで伸(の)び始めているわ。もう時間がないの…」
「分かってる。準備(じゅんび)はもうできてるのよ。今夜、ここを離(はな)れるわ」
 楓はキッチンを見回(みまわ)して呟(つぶや)いた。「もう少しここにいられると思ったのに、残念(ざんねん)だわ」
「おばさん…」あずみは言いにくそうに、「もう一つ、言っておかないといけないことが…」
「しずくのことね。あの子には、別の道(みち)を歩いてほしかったんだけど…」
「ねえ、おばさん。本当(ほんとう)にしずくには特別(とくべつ)な能力(ちから)があるの? 私にはとてもそうは思えない」
「シマばあちゃんの最後(さいご)の予言(よげん)よ。きっと間違(まちが)いないわ。しずくにどんな能力(ちから)があるのか、私にも分からないけど。――あの子も、自分の能力(ちから)には気づいてるはずよ。でも、無意識(むいしき)のうちに、その能力(ちから)を抑(おさ)え込んでしまっているの」
 あずみは小さなため息(いき)をついて、「きっかけね。私もいろいろやってみたんだけど…。こんなにてこずる娘(こ)は始めてよ。頑固(がんこ)っていうか――」
 楓はクスクス笑(わら)って、「あなたも、相当(そうとう)頑固だったわよ。だから、あなたに任(まか)せたの」
「私には荷(に)が重(おも)いわ。私、おばさんみたいに上手(うま)くできるかどうか…」
「大丈夫(だいじょうぶ)よ。あなたならきっと…。しずくのこと、よろしくね。私には、もう家族(かぞく)を守(まも)る能力(ちから)も無くなってきてる。あの娘(こ)の足手(あしで)まといにだけは、なりたくないの」
<つぶやき>母は子供(こども)のためには何だってしちゃうんです。たとえそれが危険(きけん)なことでも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0566「海賊島2」
 早朝、まだ陽(ひ)も昇(のぼ)っていないのに、林田(はやしだ)と久美子(くみこ)は伊集院(いじゅういん)に叩(たた)き起こされた。
「いつまで寝(ね)てるんだ! 俺(おれ)たちには時間が無いんだぞ。サッサと起きろ!」
 林田はともかく、久美子は突然(とつぜん)暗い部屋へ入って来た伊集院に毛布(もうふ)をめくられ、襲(おそ)われるのではないかと悲鳴(ひめい)をあげて、思わず叫(さけ)んだ。
「何すんのよ! レディーにこんなことするなんて。信じられない」
 伊集院は久美子の姿(すがた)を見て冷(ひや)ややかに呟(つぶや)いた。
「レディーねぇ…。すぐに出かけるぞ」
 伊集院が部屋から出て行くと、久美子は自分が下着(したぎ)姿なのに気づいてまた悲鳴をあげた。
 三人が訪(おとず)れたこの海賊(かいぞく)島は、一年ほど前に海賊の財宝(ざいほう)を探(さが)すのがブームになったとき注目(ちゅうもく)された島である。もともとは別の名前がついていた島なのだが、今ではその名を知っている人は地元(じもと)の人以外(いがい)はほとんどいない。
 そんな宝探しのブームも、去年(きょねん)のひと夏で終わってしまった。あれほど賑(にぎ)わっていたこの島も、今年の夏は訪(おとず)れる人は数えるほどだ。何軒(なんけん)もあった民宿(みんしゅく)も、彼らが泊(と)まっているこの一軒が細々(ほそぼそ)と営業(えいぎょう)しているだけだった。
 三人は、民宿のおばちゃんが作ってくれたお弁当(べんとう)を持って宿(やど)を出た。外はまだ薄暗い。先頭(せんとう)を行くのは伊集院で、あとの二人は眠い目をこすりながらフラフラとついて行く。
<つぶやき>本当に財宝が見つかるのでしょうか? 徒労(とろう)に終わってしまうんじゃない。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0567「海賊島3」
 海賊(かいぞく)島に一ヵ所だけある砂浜(すなはま)。二百メートルほどあるだろうか、昔(むかし)は波(なみ)が打ち寄せる美しい海岸(かいがん)だったのだろう。だが、今はそこら中に穴(あな)が開けられ見る影(かげ)もない。
 林田(はやしだ)と久美子(くみこ)は唖然(あぜん)としてその風景(ふうけい)を眺(なが)めていた。伊集院(いじゅういん)だけは、なぜかほくそ笑(え)んでいる。久美子が悲(かな)しげに言った。
「ひどいよ、これ。これじゃ、パラソルも立てられないし、お肌(はだ)を焼(や)くことだって…」
 伊集院はあきれて言った。「お前、そこかよ。違(ちが)うだろ? これは傲慢(ごうまん)な人間(にんげん)の――」
 その時、横に突(つ)っ立っていた林田が荷物(にもつ)をおろして声をあげた。
「あーっ、腹(はら)へった。メシにしないか? これじゃ、いくら探(さが)してもお宝(たから)なんか――」
 伊集院が反論(はんろん)するかと思いきや、唐突(とうとつ)に笑(わら)いだして、
「ハハハ。そうさ、ここに宝はない。それが確認(かくにん)できてよかったよ。さあ、次へ行こう」
「ちょっと待てよ」林田が伊集院を睨(にら)みつけて言った。「ほんとにあんのかよ。これだけ大勢(おおぜい)の人間が探してるんだ。もうとっくに誰(だれ)かが見つけてるさ」
 伊集院は鼻(はな)で笑って、「フン。俺(おれ)が何のために古文書(こもんじょ)を読みあさっていたか分かるか?」
「お前、そんな趣味(しゅみ)があったのか? やっぱり、変なヤツだったんだ」
 久美子も思わず後(あと)ずさって、「えっ、伊集院ってオタクだったの? いやだ…」
「俺は、オタクじゃない! あんな奴(やつ)らと一緒(いっしょ)にするな。俺は崇高(すうこう)な目的(もくてき)を持って――」
<つぶやき>伊集院の演説(えんぜつ)が続(つづ)くのですが、あんまり長いので、ここで切っちゃいますね。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0568「海賊島4」
 伊集院(いじゅういん)の話をかいつまむと――。幕末(ばくまつ)の頃(ころ)、この島(しま)に異人(いじん)たちが上陸(じょうりく)したことが古文書(こもんじょ)に残(のこ)されていた。彼らは、大きな箱(はこ)をいくつか運び込んだと書いてあったが、島民(とうみん)たちは恐(こわ)がって誰(だれ)も彼らと接触(せっしょく)することはなかったようだ。彼らがその後どうしたか、まったく記述(きじゅつ)は残されていなかった。
 伊集院が長々(ながなが)としゃべっているあいだ、他の二人は民宿(みんしゅく)のおばちゃんが持たせてくれたおにぎりを頬張(ほおば)っていた。それに気づいた伊集院は、
「お前ら、何やってんだ。俺(おれ)が重要(じゅうよう)な話をしてるのに――」
 林田(はやしだ)は口をもぐもぐさせながら、「お前の話はつまんねえよ。それよりお前も食べるか?」
 林田は最後(さいご)のおにぎりをつまんで、伊集院のほうへ差し出した。伊集院は、
「ちょっと待てよ。俺の分は…。お前ら、みんな食べちまったのか?」
 久美子(くみこ)がお茶(ちゃ)をゴクリと飲みほして言った。「だって、自分の世界(せかい)にどっぷりとつかってるんだもん。やっぱ、伊集院て超(ちょう)オタクなんだね」
 伊集院は林田の手からおにぎりをもぎとると、口の中へ押(お)し込んだ。久美子は呆(あき)れて、
「やだ、そんな食べ方するなんて。身体(からだ)によくないよ」
 伊集院は口の中のご飯(はん)を辺(あた)りにまき散(ち)らしながら言った。
「うるさい! 俺はオタクじゃないって言ってるだろ。今度その話を蒸(む)し返したら――」
<つぶやき>食事(しょくじ)はゆったりとした気分でとりましょ。ガツガツするのはよくありません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0569「海賊島5」
 その日、三人は島のあちこちを歩き回った。民宿(みんしゅく)に帰り着いたのは陽(ひ)が落ちてからだ。林田(はやしだ)と久美子(くみこ)はへとへとになり玄関(げんかん)に倒(たお)れ込んだ。が、伊集院(いじゅういん)だけはニヤニヤしながら久美子が背負(せお)っていたリュックをもぎとると、自分の部屋(へや)へ行ってしまった。
「もう、いや。何であたしが、あの人の荷物まで持たなきゃいけないのよ」
 久美子は泣(な)きそうな顔で言った。林田はそんな彼女を見て、
「仕方(しかた)ないだろ。俺(おれ)もお前も、タダでここまで来られたんだ。今は、あいつの言うとおりにしないとな。もし、お宝(たから)が見つかったら…」
「ばっかじゃない。そんなのあるわけないわ。まさか、あいつの言うこと信じてるの?」
「信じちゃいないけど…。でも、あいつの自信(じしん)ありげな顔を見てるとな」
 夕食の時間になっても、伊集院は食堂(しょくどう)に顔を見せなかった。民宿に泊(と)まっているのはこの三人だけなので、おばちゃんは嫌(いや)な顔もせず、伊集院の部屋まで食事(しょくじ)を運んでくれた。
 食事をしながらぽつりと林田が言った。
「お前、何でついて来たんだ? あいつとはどういう関係(かんけい)――」
 久美子は少しあわてた感じで、「あたしは、海に来たかっただけよ。タダで連れてってやるって言われたから…。それだけよ。あたし、あの人とは友達(ともだち)でも何でもないから」
「分かんねえなぁ。友達でもないのに、こんなとこまで…。何かあったらどうするんだ」
「あたし、これでも腕力(わんりょく)には自信があるの。もし何かあったら、ぶっとばしてやるわ」
<つぶやき>この三人の関係ってどうなってるの? 伊集院って友達いなさそうじゃない。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0570「しずく29~すっごいの」
 学校へ向かう月島(つきしま)しずくの足取(あしど)りは重(おも)かった。今まで起きてきたいろんな出来事(できごと)や身体(からだ)の変化(へんか)に、心(こころ)がついていけないのだ。そのアンバランスで情緒不安定(じょうちょふあんてい)に陥(おちい)っていた。しずくは、自分を追(お)い越(こ)していく他の生徒(せいと)たちを見つめながら、ため息(いき)をついた。
 その時だ。水木涼(みずきりょう)が、脇道(わきみち)から飛(と)び出して来て、あやうくしずくは転(ころ)びそうになってしまった。涼はしずくを抱(だ)き止めて言った。「ごめん。ちょっと急(いそ)いでたもんだから…」
 涼は抱き止めた相手(あいて)がしずくだと分かると、
「なんだ、しずくか…。もう、ちゃんとよけてよ。危(あぶ)ないじゃない」
 まったく勝手(かって)な言い分である。しずくは反射的(はんしゃてき)に、「ご、ごめんなさい」と返事(へんじ)を返した。
 涼はしずくを脇道の方へ引っ張っていくと、声をひそめて言った。
「私、すっごいの見つけちゃったの。ちょっと一緒(いっしょ)に来てよ」
 涼はしずくの返事も聞かずに、しずくの手をつかむと走り出した。しずくは走りながら、
「ちょっと、待ってよ。……寄(よ)り道なんかしてたら、学校に遅(おく)れちゃうわ」
「大丈夫(だいじょうぶ)よ、すぐだから。あんたに、どうしても見せたいの」
 こうなったら、もうどうすることもできない。猪突猛進(ちょとつもうしん)の涼について行くしかないと、しずくは諦(あきら)めた。涼は、学校の裏手(うらて)にある林(はやし)の方へ突(つ)き進んで行った。
<つぶやき>すっごいのって何でしょう。でも、寄り道してたらほんとに遅刻しちゃうよ。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0571「海賊島6」
 久美子(くみこ)は布団(ふとん)に入るなり、直(す)ぐに眠(ねむ)りについた。無理(むり)もない。朝から島の中を歩き回ったのだ。疲(つか)れた身体(からだ)には、休息(きゅうそく)が必要(ひつよう)である。
 どのくらいたったろう。久美子は息苦(いきぐる)しさに、眠りから引き戻(もど)された。何かが身体の上に乗(の)っかっているような…。手で払(はら)いのけようとしてみるのだが、押(お)さえつけられているせいか、腕(うで)を動かすことができない。そのうち、口のあたりに何か冷(つめ)たいものが…。
 久美子は眠りから完全に覚(さ)めて目を開けた。まだ暗い部屋の中、目の前に黒い塊(かたまり)が動いていた。久美子は思わず叫(さけ)び声を上げようとしたが、口を押さえられていて声にならない。小さなライトの光が、久美子の目を眩(くら)ませた。久美子の心臓(しんぞう)は高鳴(たかな)り、身体をバタつかせる。たまりかねたのか、男の声が耳元(みみもと)でささやいた。「俺(おれ)だ。動くなよ、静(しず)かにしろ」
 どこかで聞き憶(おぼ)えのある声。ライトの光が男の顔を浮(う)かびあがらせた。そこにあったのは、不気味(ぶきみ)に照(て)らされた伊集院(いじゅういん)の顔。久美子はあやうく気を失(うしな)いそうになった。
「まったく、失礼(しつれい)な奴(やつ)だ。俺の顔が、そんなに恐(こわ)いのか?」
 伊集院は小声で言った。久美子はクスクス笑(わら)いながら、これも小声で、
「だって、仕方(しかた)ないじゃない。そっちが悪(わる)いのよ。あたしの部屋に忍(しの)び込(こ)むなんて――」
 伊集院は真顔(まがお)になって、「説明(せつめい)はあとだ。直ぐにここを出るぞ」
「えっ、まだ夜中(よなか)じゃない。こんな時間に出かけるなんて、信(しん)じられない」
<つぶやき>伊集院は何を考えているのでしょう。まさか、お宝(たから)のありかを見つけたとか?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0572「海賊島7」
 三人は、民宿(みんしゅく)をこっそり抜(ぬ)け出した。伊集院(いじゅういん)は民宿を出たところで、あたりをぐるっと見回した。――まあ、小さな外灯(がいとう)が点(つ)いているだけなので、誰(だれ)かいたとしても見つけることは難(むずか)しいのだが…。三人は足音(あしおと)を忍(しの)ばせて、その場を離(はな)れて行った。
 どこをどう歩いたのか、林田(はやしだ)と久美子(くみこ)には分からなかった。先頭(せんとう)を行く伊集院を見失(みうしな)わないように必死(ひっし)について行くだけだ。どのくらい歩いただろう、急に伊集院が立ち止まった。伊集院の持つライトが、道(みち)をふさぐように横たわるロープを照(て)らし出した。そのロープには“立入禁止(たちいりきんし)”の札(ふだ)が下がっている。久美子が呟(つぶや)いた。
「ここって、民宿のおばちゃんが言ってた…」
「崖崩(がけくず)れで立入禁止になっている場所(ばしょ)だ。ここが一番あやしいのさ」
 伊集院は背負(せお)っていたリュックをおろして、中から紙包(かみづつ)みを取り出して言った。
「さあ、腹(はら)ごしらえだ。夜明(よあ)けまでに、片(かた)づけなきゃならない」
 紙包みの中にはおにぎりが入っていた。林田はおにぎりにかぶりつきながら、
「何だよそれ。宝(たから)探しなら、昼間のほうが見つけやすいだろ。それを…」
「それじゃだめなんだ」伊集院はおにぎりをつかむと、「俺(おれ)たちはずっと見張(みは)られている。この島に上陸(じょうりく)したときからな。気づかなかったか?」
<つぶやき>誰が何のために? この島には、何か特別(とくべつ)な秘密(ひみつ)があるのかもしれません。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0573「海賊島8」
 三人は立入禁止(たちいりきんし)のロープをくぐり森(もり)の中へ入って行った。行くにつれて道がさらに細(ほそ)くなり、次第(しだい)に上り坂(ざか)になっていく。茂(しげ)みはどんどん深くなり、自分(じぶん)たちがどこにいるのかさえ分からなくなっていた。頼(たの)みの綱(つな)は、獣道(けものみち)のような細い道だけ。
 三人は息(いき)を切らしながら歩き続けた。どのくらい歩いたろう。急に視界(しかい)が広がった。目の前に開けた場所(ばしょ)が現れたのだ。三人はホッと息をついた。空を見上げると、満天(まんてん)の星空(ほしぞら)に半月(はんげつ)が顔を出していた。月明かりで、目の前に小さな祠(ほこら)があるのが目に入った。
「ここか…」伊集院(いじゅういん)は小さく呟(つぶや)いて、祠の方へ歩き出した。
 その時だ。久美子(くみこ)が急に悲鳴(ひめい)を上げて倒(たお)れ込む。彼女は震(ふる)えながらある方向を指(ゆび)さした。伊集院と林田(はやしだ)は、その方角(ほうがく)へ懐中(かいちゅう)電灯の明かりを向けた。――二人も一瞬(いっしゅん)息を呑(の)む。そこには…、木々の間に隠(かく)れるように、人の姿(すがた)があったからだ。
 しばらくそれを見ていた林田が言った。
「何だよ、脅(おど)かすなよ。ありゃ、マネキンか何かだろ。悪(わる)ふざけにもほどがある」
 林田はそう言うと、マネキンと覚(おぼ)しき方へ歩き出した。――近づくにつれて、林田の顔が曇(くも)りはじめた。広場の端(はし)まで来た時には、顔面蒼白(がんめんそうはく)になり転(ころ)げるように駆(か)け戻(もど)って来て叫(さけ)んだ。「ありゃ、し、死体(したい)だ! 人が縛(しば)られて…」
 林田は急に口を押(お)さえて走り出し、近くの木の根元(ねもと)でぜいぜいと吐(は)いてしまった。
<つぶやき>宝物(たからもの)じゃなくて死体を発見(はっけん)するなんて…。これから、どうなっちゃうのかな。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0574「海賊島9」
 その時だ。どこからか人の話し声がした。そして、木々(きぎ)の間からチラチラと灯(あか)りが見え隠(かく)れする。伊集院(いじゅういん)と久美子(くみこ)は顔を見合わせて、祠(ほこら)の後ろの茂(しげ)みに身(み)を潜(ひそ)めた。林田(はやしだ)は祠の方へ行こうとしたが、足元(あしもと)を滑(すべ)らせて目の前の斜面(しゃめん)を滑り落ちて行った。
 話し声がだんだん大きくなり、松明(たいまつ)の灯りが飛び出して来た。灯りの中に浮(う)かんでいる数人の人影(ひとかげ)。どうやら、この島の若者(わかもの)たちのようだ。
「絶対(ぜったい)間違(まちが)いないよ。さっきのは女の子の悲鳴(ひめい)だって」
「お前な、こんな時間に、こんなところに来る娘(むすめ)なんていないだろ」
「そうだぞ。きっとフクロウの鳴(な)き声だったんじゃないのか。それとも、島神(しまがみ)様の――」
「よせよ。島神なんて信じてるのか?」
 若者たちは広場に点在(てんざい)している岩(いわ)の上に腰(こし)を下ろした。その途端(とたん)に、一番若い男が悲鳴を上げた。一瞬(いっしゅん)、みんなの目線(めせん)が一点に集中(しゅうちゅう)する。その先(さき)にあったのは、あの死体(したい)…。
 リーダーらしき男が声をあげた。「誰(だれ)だよ。ちゃんと隠しとけって言ったろ」
「ああ、隠してた枝(えだ)が風で落ちたんだ」そう言うと、一人の男が死体に近づいて行き、
「大丈夫(だいじょうぶ)だ。こっちは壊(こわ)れてない」
 伊集院と久美子は、この会話(かいわ)を聞いてクスクスと吹(ふ)き出した。
<つぶやき>死体じゃなかったみたい。でも、この若者たちは何だってこんな時間に…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0575「しずく30~胸騒ぎ」
 教室(きょうしつ)の自分(じぶん)の席(せき)に座(すわ)って、神崎(かんざき)つくねはぼんやりと空(そら)を眺(なが)めていた。こんな風(ふう)にのんびり空を見ているなんて…。つくねは、ハッと我(われ)に返った。その時だ。
「ねえ。しずく、どうしたのかな。今日は遅(おそ)いよね。お休(やす)みなのかしら?」
 声をかけたのは川相初音(かわいはつね)だ。彼女はつくねの顔を見つめて微笑(ほほえ)んだ。つくねは、いつものことなのだが、警戒心(けいかいしん)を隠(かく)すように慎重(しんちょう)に言葉(ことば)を選(えら)んだ。
「そんなこと、あたしには分からないわ」
「あら。あなた、しずくと仲良(なかよ)しじゃなかったの? いつも言ってたわよ。あなたのこと」
 そんなはずはない。つくねは心の中で思った。いくら能天気(のうてんき)なしずくでも、誰(だれ)にも話さないと約束(やくそく)したことを破(やぶ)るはずはない。つくねは、何だか胸騒(むなさわ)ぎを感じた。何か良くないことが、しずくの身(み)に起ころうとしている。それが何なのか――。
「ねえ、どうしたの? 顔色(かおいろ)悪いわよ。大丈夫(だいじょうぶ)?」
 初音はつくねの顔を覗(のぞ)き込んで言った。つくねは突然(とつぜん)立ち上がるとカバンをつかんで、
「あたし、何だか気分(きぶん)が悪(わる)くなっちゃった。保健室(ほけんしつ)へ行ってくるわ」
 つくねはそのまま教室を後にした。それを見送った初音は、意味深(いみしん)な笑(え)みを浮(う)かべた。
<つぶやき>やっぱり、しずくのことが心配(しんぱい)なんだよね。何事(なにごと)もなければいいんですが。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0576「海賊島10」
 どうやら、彼らがこの島に宝(たから)があると噂(うわさ)を広めた張本人(ちょうほんにん)のようだ。この島に観光客(かんこうきゃく)を集めようとしたのだが、思うようにはいかなかった。リーダーとおぼしき青年(せいねん)が言った。
「やっぱ宝探(さが)しだけじゃダメだったんだ。次(つぎ)の手を考(かんが)えないとな。それでだ――」
 リーダーは全員(ぜんいん)の顔を見渡(みわた)して、「いい考えがある。それは、アドベンチャーだ!」
 全員、キョトンとした顔をする。リーダーは笑(え)みを浮(う)かべて続けた。
「だから、本当(ほんとう)の海賊(かいぞく)がいるってことにするんだ。そうすれば…」
「この島に、海賊なんていないだろ。そもそも、海賊の宝なんてのも嘘(うそ)なんだから」
「そうだ。海賊がいるってことになったら、恐(こわ)がって観光客なんか来なくなるよ」
 みんなの反対(はんたい)をよそにリーダーはまくしたてる。「そこだよ。それこそがアドベンチャーだ! いいか。日常(にちじょう)では味(あじ)わえない冒険(ぼうけん)だよ。危険(きけん)を冒(おか)しても財宝(ざいほう)を手に入れたい。そういう、人間(にんげん)が持っている欲望(よくぼう)を駆(か)り立てるんだ」
「でも、宝なんでどこにもないだろ。何にも見つからなかったら、同じことじゃないか」
「それなんだ、失敗(しっぱい)の原因(げんいん)は。島を掘(ほ)り返せば宝が見つかるなんて、そんな安直(あんちょく)な考えでやって来る奴(やつ)らばっかりだったんだ。だからすぐに飽(あ)きられてしまった。今度は違(ちが)うぞ。そう簡単(かんたん)に掘らせはしない。海賊たちが邪魔(じゃま)をするからだ。いろんな所にトラップをしかけて、死(し)の恐怖(きょうふ)を味あわせてやる。フフフフフ……」
<つぶやき>手作り感満載(まんさい)のアトラクションでしょうか。でも、やり過(す)ぎると逆効果(ぎゃくこうか)かも。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0577「海賊島11」
「ちょっと待てよ」一人の青年(せいねん)が言った。
「もし変な噂(うわさ)が立ったら、観光客(かんこうきゃく)どころか誰(だれ)も来なくなるぞ」
 リーダーはニヤリと笑ってみんなの顔を見渡(みわた)すと、
「そこでだ。試(ため)してみようと思うんだ。ちょうど、この島にやって来ている連中(れんちゅう)で…」
「それでか、あいつらを見張(みは)ってろって言ったのは。俺(おれ)はてっきり可愛(かわい)い――」
 リーダーは少し慌(あわ)てて、「違(ちが)うぞ! 俺は、この島のことを考えてるんだ」
 みんなはクスクス笑(わら)いながら、誰が言うともなく、
「そうだ、そうだ。お前の女好(おんなず)きは昔(むかし)からだから。誰も何とも思ってないさ」
 リーダーは不機嫌(ふきげん)な顔をしたが、そこは気心(きごころ)の知れた連中(れんちゅう)である。リーダーはすぐに話を本題(ほんだい)に戻(もど)して、「あいつらは昨日(きのう)一日、島の中を調(しら)べて回っていた。宝(たから)を見つけようとしているのに間違(まちが)いないだろう。そこで、ちょっと脅(おど)かしてやろうと思うんだ。もう、民宿(みんしゅく)のおばちゃんには話をつけてあるから。今夜中に準備(じゅんび)を終(お)わらせるぞ」
 リーダーはみんなにこれからの手順(てじゅん)の説明(せつめい)をはじめた。離(はな)れた所からその様子(ようす)を見つめていた久美子(くみこ)は、何だか怒(おこ)っているような顔をしていた。すぐ横にいた伊集院(いじゅういん)は、彼女の気持ちの変化(へんか)に気づいているのか、いないのか…。何か考えごとをはじめていた。
<つぶやき>何だか、肝試(きもだめ)し的(てき)なことをするんでしょうか。これからの展開(てんかい)はいかに…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0578「海賊島12」
 明け方になって、若者(わかもの)たちの作業(さぎょう)は終わりを迎(むか)えようとしていた。かなりいい加減(かげん)なところもなきにしもあらずだが――。そんな時、リーダーの携帯電話(けいたいでんわ)が鳴(な)った。
「はい…。何だ、おばちゃん…。どうしたの?……そ、そんな…。うん、分かった。こっちで何とかするから。大丈夫(だいじょうぶ)だって。おばちゃんのせいじゃないから…。うん、じゃ」
 ただならぬ様子(ようす)を見て、そばにいた若者が声をかけた。「どうした。何かあったのか?」
「民宿(みんしゅく)のおばちゃんからだ。あいつらがいなくなったって。いつの間にか消(き)えたって…」
「どうすんだよ。せっかく準備(じゅんび)したのに。全部無駄(むだ)になっちゃうのか?」
「とにかく、手分(てわ)けして捜(さが)そう。まだ連絡船(れんらくせん)の出る時間じゃないから、どっかにいるはずだ。いいか、あいつらに気づかれないようにするんだぞ」
 若者たちは、山を駈(か)け降(お)りて行った。――伊集院(いじゅういん)たち三人は、暗いうちにこの場を離(はな)れていた。そして三人の姿(すがた)は、あのでこぼこになっている砂浜(すなはま)にあった。
「なあ。何でこんなことしなきゃいけないんだ」
 林田(はやしだ)はスコップで砂山(すなやま)を崩(くず)しながら言った。「こんなことして、宝(たから)が見つかるのかよ」
 伊集院は砂浜を見渡(みわた)して、「そうさ。力仕事(ちからしごと)はお前の担当(たんとう)なんだから、頑張(がんば)ってくれよ」
「ほんとかよ?」林田は伊集院の顔を見て、「絶対(ぜったい)違(ちが)うだろ。もうだまされないぞ」
 林田はやけくそになって、砂浜の穴(あな)にスコップの砂を放(ほう)り込んだ。そのそばには久美子(くみこ)もいて、同じように穴を埋(う)めていた。でも、彼女は何だか楽(たの)しそうだ。
<つぶやき>さてさて、伊集院は何を考えているのでしょう。宝は見つかるのでしょうか。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0579「海賊島13」
 島の若者(わかもの)たちが三人を見つけるのにそう時間はかからなかった。――若者たちは砂浜(すなはま)を見渡(みわた)せる木陰(こかげ)にかくれて、三人の様子(ようす)を窺(うかが)っていた。誰(だれ)から言うともなく、
「なあ、あいつら何やってんだ。砂浜を掘(ほ)り返そうっていうのか?」
「まったく馬鹿(ばか)な奴(やつ)らだ。もう掘り尽(つ)くされてるのに、何も出る訳(わけ)ないじゃないか」
「そもそも、何(なん)にも埋(う)まってなんかいないんだから。ハハハ、ご苦労(くろう)なことだ」
「おい、どうすんだよ。当分(とうぶん)やめそうにないぞ。どうやっておびき寄(よ)せるんだ」
 リーダーは黙(だま)って三人の様子を見つめていた。が、突然(とつぜん)立ち上がると、
「ありゃ、掘ってるんじゃない。埋(う)めてるんだ。穴(あな)を…」
 若者たちは三人の方へ目を向ける。いつの間にか、リーダーが砂浜へ歩き出していた。若者たちがそれに気づいたとき、もう止めることができないところまで行ってしまった。
 砂浜では、まだ作業(さぎょう)は続いていた。林田(はやしだ)も、黙々(もくもく)とスコップを動かしている。だいぶ陽(ひ)が昇(のぼ)ってきて、三人は汗(あせ)だくになっていた。伊集院(いじゅういん)はタオルで汗をふきながら言った。
「さあ、休憩(きゅうけい)しよう。このままじゃ、ぶっ倒(たお)れちまう」
 この合図(あいず)を待ちかねていたように、林田も久美子(くみこ)も砂浜にどっと腰(こし)を降(お)ろした。
 久美子は思わず呟(つぶや)いて、「こんなことになるんなら日焼(ひや)け止め塗(ぬ)っておけばよかったわ」
 その時、久美子は誰かが近づいて来ているのに気がついて、思わず声をあげた。
<つぶやき>リーダーはなぜこんな行動(こうどう)に出たのでしょう。せっかくの計画(けいかく)が台無(だいな)しに…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0580「しずく31~涼の素顔」
 学校の裏手(うらて)には広い雑木林(ぞうきばやし)があった。学校の敷地内(しきちない)でゆくゆくは新しい校舎(こうしゃ)を建設(けんせつ)する予定(よてい)だったのだが、生徒数(せいとすう)が減(へ)り続けているので計画(けいかく)は棚上(たなあ)げ状態(じょうたい)になっている。
 水木涼(みずきりょう)は月島(つきしま)しずくの手を強く握(にぎ)りしめ、道(みち)のない所を枝(えだ)の間(あいだ)をすり抜(ぬ)けるようにして歩いていた。しずくは何度も声をかけたのだが、涼はまったく聞こうともしなかった。
 少し開(ひら)けた場所に出たとき、涼は急に立ち止まった。目の前には幹(みき)の太(ふと)い、枝ぶりのいい大木(たいぼく)が立っている。まるで、この林の主(ぬし)のような存在(そんざい)に思えた。
「さあ、ついたわよ」
 涼はしずくの手を離(はな)して言った。「すごい木でしょ。あなたにふさわしいと思って」
 しずくは、涼が何を言っているのか理解(りかい)できなかった。涼は大木の前まで行くと、
「どう、素敵(すてき)でしょ。私、あなたの友達(ともだち)だから…。あなたのために最高(さいこう)のステージを用意(ようい)してあげたのよ。気に入ってくれた?」
「なに? 何のことよ。涼、どうしちゃったの? 今日はなんか変(へん)よ」
 涼は楽しそうに声を上げて笑(わら)うと言った。「変じゃないわよ。これが本当(ほんとう)の私――」
 次の瞬間(しゅんかん)、涼の顔から表情(ひょうじょう)が消(き)えた。しゃべり方も冷(つめ)たい口調(くちょう)に変わり、
「知ってた? 私、あなたのこと大嫌(だいきら)いだったのよ。顔を見るのも嫌(いや)だったわ」
<つぶやき>親友(しんゆう)だと思っていたのに…。涼はどうしちゃったのでしょう。悪(わる)ふざけなの?
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0581「何か好い」
 私の彼には人に言えない弱点(じゃくてん)がある。初めてそれを知ったとき、私は思わず笑(わら)ってしまった。でも、私、そういうの嫌(きら)いじゃないわよ。誰(だれ)にだって、そういうのあると思う。
 彼が私の部屋(へや)へ初めて来たときのことだ。夕食(ゆうしょく)も終わって、二人で食器(しょっき)を洗(あら)ったりしてたとき。――彼が突然(とつぜん)、後ろから私の身体(からだ)をギュッとしてきた。まったく、男ってすぐそういうこと…。
 でも、それは違(ちが)っていた。彼は、私をつかんだまま、キッチンから離(はな)れて、ギャーッと大声を上げた。私は、一瞬(いっしゅん)なにが起きたのか分からなかった。彼はキッチンの方を指(ゆび)さして、「出た、出た!」を繰(く)り返す。私は、その先を見て納得(なっとく)した。
「なんだ。Gじゃない。そんなに驚(おどろ)かなくても」
 ここで言っておきますけど、私、決(けっ)して片(かた)づけられない女じゃありませんから。掃除(そうじ)とかちゃんとしてます。私、出身(しゅっしん)が田舎(いなか)の方だから、こういうの普通(ふつう)のことなんだけどな。
 それ以来(いらい)、彼は、私の部屋へ入る前に必(かなら)ず訊(き)くようになった。
「あれ、いないよな。絶対(ぜったい)、いないよな…」
 私、それを聞くたびに、クスクスと笑ってしまう。普段(ふだん)は体育会系の頼(たの)もしい彼なのに…。後で聞いた話なんだけど。彼が子供のとき、Gが急(きゅう)に飛(と)んで来て顔にとまったことがあるらしい。それから、まったくダメになったそうだ。
 これって、何かにつかえるかな――。そんなことを考える私は、もしかして悪女(あくじょ)かも。
<つぶやき>Gはどこにでも入り込む、したたかな生物(せいぶつ)です。でも、その上を行くのが…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0582「海賊島14」
 リーダーは久美子(くみこ)の前まで来ると言った。「なあ、お前って、久美(くみ)ちゃんだろ?」
 久美子は立ち上がって、しばらく黙(だま)っていたが、「そうよ。やっと気づいた?」
 二人の様子(ようす)を窺(うかが)っていた伊集院(いじゅういん)が口を挟(はさ)んだ。
「なるほど。これでやっとわかったよ。どうして君(きみ)が、俺(おれ)のことを誘(さそ)ったのか」
「ちょっと待てよ」林田(はやしだ)は話が分からずに、「どういうことだ? お前ら、やっぱり――」
 久美子と伊集院は同時に答えた。「付き合ってません!」「付き合ってないよ!」
 林田は口を閉(と)ざすしかなかった。伊集院は話を続けた。
「君がなぜ、俺をこの旅行(りょこう)に連れ出したのか。ずっと疑問(ぎもん)だったんだ」
 久美子は、「あたしは、そんなことしてないわ。変なこと言わないで」
「でも君は、俺にこの島の観光案内(かんこうあんない)のパンフレットを見るように仕向(しむ)けた。俺が、いろんな財宝(ざいほう)について調(しら)べていることを知ってね。俺がパンフレットを手にしたとき、君の方から声をかけてきたんだ。『わぁ、きれいな海ねぇ。あたしも、行ってみたいぃ』ってね」
「あたし、そんなふうに言ってないでしょ。それじぁ、まるで――」
「そうだ。君はそんな尻軽(しりがる)女じゃないはずだ。いくら同じ大学の学生(がくせい)でも、俺みたいな変人(へんじん)に声をかけるはずがない。だから、俺は君の誘(さそ)いに乗(の)ってみることにしたんだ」
<つぶやき>えっ、そうなの? 何か急に話の展開(てんかい)が…。いよいよ最終回へと舵(かじ)を向け…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

T:0583「海賊島15」
「あのさ、ちょっと黙(だま)っててくれないかな。俺(おれ)は久美(くみ)ちゃんと…」
 リーダーは伊集院(いじゅういん)に向かって言った。伊集院は両手(りょうて)を上げてそれに答える。この頃(ころ)には、リーダーの後ろの方に若者(わかもの)たちがぞろぞろと姿(すがた)を現(あらわ)していた。
 伊集院は、彼らに向かって叫(さけ)んだ。「オイ、君(きみ)たち! ちょっと手伝(てつだ)ってくれないか。ここを平(たい)らにしたいんだ――」
 伊集院はそう言いながら、若者たちの方へ歩いて行った。残(のこ)された林田(はやしだ)は、久美子(くみこ)と見知らぬ男の顔を見比(みくら)べて…。いくら林田でも、ここにいちゃいけないことは理解(りかい)したようだ。伊集院の後を追(お)いかけて駆(か)け出した。久美子はスコップを手に取ると砂(すな)をかきながら、
「ねえ、ケンちゃん。約束(やくそく)、覚(おぼ)えてる? あたしがこの島を出るとき…」
「もちろん、覚えてるさ。だから、この島で待ってたんじゃないか」
「うそよ。じゃあ、これはなに?」久美子は砂浜(すなはま)を見渡(みわた)して、「こんなにしちゃって…。あたし、言ったよね。戻(もど)ってくるまで、この美しい島を守(まも)ってねって。それなのに…」
「それは…。でも、この島を守るには金がいるんだ。金を稼(かせ)ぐには――」
「それは分かるけど、あなたのやり方じゃ…。全然(ぜんぜん)、ダメでしょ!」
 伊集院は、離(はな)れた場所(ばしょ)から二人の様子(ようす)を見つめていた。林田が呟(つぶや)いた。
「あの二人、どういう関係(かんけい)なんだ? お前、いいのかよ。二人だけにして」
「だから、俺とあの娘(こ)とは何の関係もない。何度も言ってるだろ。いい加減(かげん)――」
<つぶやき>何かをなしとげるためには努力(どりょく)が必要(ひつよう)だよね。でも、やり方を間違(まちが)えると…。
Copyright(C)2008- Yumenoya All Rights Reserved.文章等の引用と転載は厳禁です。

ブログ版物語End